電信柱、電信棒、レトロな響きのあるなかなかいい言葉ですね。早い話が電柱のことなんですけどね。電信というからには通信ケーブル用の柱なのでしょうか。ならば電力会社のものは電気柱?まあ、どうでもいいことですが ・・・


地下埋設ケーブルの町は別として、まだまだ日本中にはいたる所に電柱が立っています。普段は気にならない電柱も、自宅の正面にあると邪魔なものです。新しく宅地開発された住宅地などでは、宅地の境界に電柱がくるように工夫がされているのですが、都市部や旧市街地ではそうもいきません。玄関前に電柱があったり、マンションでも二階部分だと、窓を開けると電柱に乗っかっているトランスが目の前にあったりして、なかなか煩わしいものです。


電柱にもいろいろあって、電力会社の電柱もあればNTTの電柱もあります。また、細いものやら太いもの、トランスが乗っている電柱や支線・支柱でがんじがらめになっている電柱までさまざまです。特に都市部では何本ものケーブルが張り巡らされ、さながら蜘蛛の巣のようになっているものもあります。いいかげんに地下に埋めてよ、と思うのですが埋めたら埋めたでまた別の問題が出てきて、なかなか一筋縄ではいきません。もっとも地上にあるよりはずっといいのですが、何にせよ電磁波の発生源であることに間違いはありません。少なくとも、二階の窓を開けたら手の届きそうな位置に電線があるのは避けたいですね。


さて、今回は電線ではなく電信柱の柱に注目しましょう。住宅密集地などではまるで杭でも打ち込んだかのように、玄関や窓の正面に電柱が立っていることがあります。もちろん、電柱に限ったことではなく、街灯や案内板等の支柱、大きいものでは歩道橋などもあります。これは住んでる人にとってつらい状態です。ベランダや窓にかかる場合はその部屋に、玄関に掛かる場合は建物全体、つまり家族全員に影響が及びます。


最初は精神的圧迫によるストレスから始まりますが、長期に渡れば日常生活にさまざまな影響が出てきます。人間関係が希薄になり、夫婦関係にもいい影響はありません。電柱だけならまだこの程度ですが、ここに他のマイナス要因(凶作用といった方が分かりやすいですね)が加わると、かなり危険な状態になります。そういったマイナス要因の代表に建物と道路との関係があります。

風水において土地・建物と道路の関係は非常に重要であり、本HPでも何度か取り上げていますので省略しますが、もし建物に対する道路状況が凶で、その玄関正面に電柱や街灯がまるでとどめを刺すかのように立っている場合は深刻です。起こりうる可能性としては、病気・火災・重大な金銭トラブル、訴訟にまで発展しかねない争い事といった、どれも軽視できない問題です。


しかし、現実問題として、道路の変更は事実上不可能だし、電柱移設も日本ではかなりの費用が請求されます。そこで、現在そういった環境にお住まいで、引っ越し予定のない方は、何らかの対抗策が必要になります。こういった場合の風水の処置法はだいたい同じであり、次のようなものです。


(1)建物を植木でガードする
(2)建物と道路を塀で仕切る。窓の場合、その窓は壁として使う
(3)玄関正面にある場合は、門の位置を変更して電柱などの障害物とずらすようにする。


どれをとっても結構手間が掛かるのですが、仕方ありません。最善の方法は「君子危うきに近寄らず」であり、最初からそのような状況にある住宅には住まないことです。