top
住宅と植物の関係を考えるとき、皆さんは何を念頭にうかべますか。
一般には家相で言うところの“植えていい木(吉木)、悪い木(凶木)”を連想する方が多いのではないでしょうか。しかし、風水では基本的に植物を吉凶に分類はしません。あくまでも植物は状況に応じて、適材適所に配するということになります。近年、何かと植物に注目が集まるようになりました。食糧問題における遺伝子操作の問題から現代社会の癒しアイテムまで、内容はともかく植物の重要性が再認識されることはいいことですね。


アメリカ航空宇宙局(NASA)が長年に渡って植物の研究を続けているのをご存知でしょうか。宇宙旅行や他の惑星への移住に、植物が重要な役目を果たすと考えているからです。空気を浄化し、酸素を作り出し、人間の精神衛生に大きく貢献するなど良いことずくめです。宇宙船という閉鎖空間から他の惑星の地球大気化計画まで、その規模と目的はSF小説を凌駕するほどです。人間が人間として生活を営むためにも、植物は欠かすことのできないパートナーです。


例えば、あなたのお部屋に観葉植物を置き、鏡の位置や置き方をちょっと変えてみる。これだけで日常の生活が画期的に変化する場合があります。もちろん良い方に変化するのです。部屋に黄色いカーテンを掛けたり、開運の置物を買ってくるよりもずっと効果がありますよ。風水が植物を環境改善の重要アイテムと位置づけてきた理論的説明は、NASAが証明してくれそうです。


しかし、同じ植物とはいっても、ドライフラワーやアートフラワーなどは除外してください。風水が必要とするのは生きている植物であり、装飾が目的ではありません。風水ではドライフラワーに限らず、剥製や標本などもよくないものに分類されますので、室内に飾るのはやめましょう。蝶蝶などの昆虫標本も人気があるそうですがこれもだめです。
何はともあれ、死んだものを飾りにするのはやめておいたほうが無難ですね。