*
家にとって玄関は人の顔であり、口や鼻に相当します。原則として『気』は玄関から建物に進入し、室内を循環します。建物の間取りやインテリアを調整するのも、観葉植物や水槽を置き、ガスコンロを移動したりするのも、すべては取り入れた気をコントロールするためです。


家屋内における気の状態は、住む人にさまざまな影響を及ぼします。良い気に満たされていれば良い影響を、悪い気であれば悪い影響を受けることになります。当然のことといえば当然ですが、ここで忘れてならないのは、いい気だろうが悪い気だろうが、建物に気が入ってこなければ何をやっても意味はないということです。


本来、風水は建物だけをスポット的にみるのではなく、建物のある地域を面でみます。どれほど風水に適合した建物であっても、その地域に良好な気が巡っていなければ、建物内に気を取り入れることはできません。お湯のないカップヌードルのようなものです。よく分からない例えですねぇ〜




少し話がそれますが、人の身体にも気は循環しており、重要な働きをしています。端的に言えば、人間の健康は体内の気がスムーズに循環し、バランスを保つことによって維持されるというのが東洋医学の考え方です。そのバランスが崩れ、上半身に気が集まると「のぼせ」などの症状になり、下半身であれば「むくみ」といった症状があらわれます。しかし、こういった症状は重篤な病気への入り口でもあるので、軽んじることはできません。


東洋医学は身体を巡る気のバランスを整え、過不足を補います。これに対して風水は、自然界を巡る気を活用することで、人生を豊かにしようとするテクノロジーです。風水と漢方(東洋医学)が対比されるのは、ともにその根本理論が陰陽五行説ということにあります。つまるところ、山も川も人間も、すべては同根であり、それはひとつの気から発生するという考え方です。だから人間は自然界と感応し、共存できるのだ・・・ということですね。


人の身体は漢方薬で整えることができますが、自然や環境を相手にする風水ではそうもいきません。人間は気の固まりですが、あくまでもそれは人間という個体を維持するための気であり、供給源とはなりません。それゆえ気を取り込む玄関の配置や状態をきちんとチェックして、気の動きを阻害するものがあれば排除することが必要になります。開運グッズでコントロールできるほど、気はあまくはないのです。




さて、話を玄関外側に戻します。
排除すべき障害は玄関の内側だけではなく外側にも存在し、その影響は建物自体の問題よりも大きい場合が多いといえます。そこでまずは、自宅の玄関の内側からドアを開けた時、何が眼に入るかをチェックしましょう。戸建て住宅では道路を挟んだ向かいのお宅。マンションなど集合住宅では、通路を挟んだ向かいの部屋や、通路越しに見える隣のビルなどが一般的ではないでしょうか。


いつもトラブル上位にランクされる問題に、お向かいさんと我が家との玄関が向かい合う状態があります。これは互いに相手を威嚇している状態であり、日常的にお向かいさんとにらみ合いながら生活していることになります。昔は大工さんが心得ていて、上手にずらして家を建ててくれたのですが、今はねぇ・・・


特にマンションの場合は、効率優先でお向かいとの距離が近く、ある種の閉鎖空間でもあるため、影響は戸建て住宅よりも大きいと考えた方がいいでしょう。もちろんエレベーターや階段と向き合っているのもアウトです。また、隣接建物の窓やベランダが、自宅の窓やベランダと向き合っているのも、玄関のにらめっこと同じで改善が必要です。玄関の場合は住宅全体に及ぶ影響ですが、窓は原則として部屋単位の影響になります。特に向かい合う部屋が寝室やリビングだと、何らかの処置が必要になると考えてください。




次に、住宅の周辺に池や川がある場合はどうでしょう。水は風水にとって大変重要なものです。そのため、わざわざ室内に水槽を配置することも珍しくはありません。しかし、水槽はあくまでも代用品であり、本来の水は池や河川を指します。しかし、単に家の前に川が流れていればいいかというと、話はそう簡単ではありません。水と建物との適合にもやはり条件があって、人や建物で異なる水との位置関係や、河川の大きさや水量、流れの速さなどにも注意が必要です。


また、そういった条件に関係なく、すべてに共通する基本条件があります。それは、生き物が住めないような河川や湖沼はアウト・・・というよりも、逆に害をなす存在になります。こうなると水質の浄化以外に改善方法はなく、個人でできることではありません。水や土が病むと人心が荒廃し、健康まで害するのは日本に限ったことではありません。つまり、そういった場所に住んではならないということですね。






この他に、もっと身近なチェックポイントもあります。風水のマニュアル本にもよく出てくる『尖角』の『直射』です。誰であっても、位置も関係なく避けるべき凶相です。尖角はとがった物や建造物の角であり、その角が別の建物に向けられている状態が直射です。玄関に向いていると最悪で、窓やベランダに向いているのもだめです。これは、目の前に出刃包丁を突きつけられているイメージですね。


この状況で発生する症状を伝統的な風水の教科書からピックアップすると、『病苦』『破産』『死』と、なかなか刺激的な文言が並びます。表現はともかく、この状態が良くないことは今も昔も変わりません。現代風に言い換えると、最初に現れる現象として、心理的抑圧が指摘されます。それはストレスとなり、いずれ健康被害に及ぶことになります。昔々の風水教科書もあなどれませんね。


こういった場合の代表的な調整方法は三つあります。
1.凹面鏡を玄関ドアの上に掛ける。
2.獣頭牌を玄関ドアの上に掛ける。
3.原因物と玄関の間に遮蔽物を設置する。


さて、みなさんは三つの調整法のうち、どれを選びますか?もっとも簡単な方法は『凹面鏡』か『獣頭牌』ですが、このふたつは道教風水ですね。テクノロジーではなく風水占いになってしまいます。何より一番の問題は、こういったものを玄関の外側にぶら下げると、絶対にご近所から変な目で見られます。デザイン的にもお奨めできるものではないので、好きな方はコレクションとして、自分の部屋の中だけに留めたほうがいいでしょう。


ということで、正解は3番目の『遮蔽物を設置する』です。窓やベランダでも同じですが、遮蔽物で問題箇所を見えないようにする方法です。遮蔽物を玄関の外側に作る場合は塀。内側の場合は仕切り壁やパーティションなどになります。植物で遮蔽するのも効果的です。面倒ですが、副作用のない安全な調整方法です。もし、遮蔽物を設置するスペースが無い場合は、ブラインドやカーテンで代用しますが、それはあくまでも応急処置です。


これらはすべて外部からの脅威であり、尖ったものだけではなく、屋根に取り付けられた太陽光パネルや、ガラス張りのビルからの反射光も同じ尖角の直射です。同じ種類の凶相である以上、その改善方法も基本的には同じです。つまり、問題箇所と自宅との間にバリヤを張るという、いたってシンプルな方法です。バリヤに使うものにはいろいろありますが、オールマイティなものは植物です。敷地に植栽するか、観葉植物を室内に置くかですが、造花に効果はありません。最近は本物と見紛うような観葉植物や花・・・アートフラワーというのでしょうか?そういったものがありますが、必要なのは生きた植物です。そうなるとドライフラワーは効果がないばかりか、かえってよくない結果を招きます。


植物以外のものでは、カーテンやブラインドも有効な遮蔽具です。使い方は目隠ししたい場所に置くという、ごく一般的な感覚でいいと思います。状況によっては専門家の指示を仰いだほうがいいという場合もありますが、基本は自然であれということですね。


余談ですが、玄関を開けると寺社の門や鳥居が真っ正面にあったり、室内から墓地などが見える人で、生活の中で違和感を感じる人は、少し本気で環境の変更を考えた方がいいと思います。お寺やお墓が悪いとか、心霊現象などということではありません。なぜその場所が非日常の場所になっているのかということですね。むやみに地名の変更をしてはいけないのと同じで、場所にもすべて理由があることを人間はよく忘れます。後で後悔はしたくないですよね。




さて、もうひとつの問題が道路です。特に都市部では、問題のある道路が多く見られます。その代表例です。


建物に向かって道路が一直線に向かってくる状態で、丁字路や行き止まり道路の突き当たりの家がそれに当たります。もし、道路が下り坂で玄関に向かってくると、より状況は悪化します。そしてもうひとつが、カーブしている道路の外側に建っている家です。

これも風水の古典教科書によると、一直線に向かってくる道路は、家族の年長の男性、つまり、そこに住む祖父や主人が早死にし、突然の不幸が家族に降りかかるとあります。坂道になると、それに『突然の災害』が加算されます。また、カーブ外側の家は、『一家離散』『寡婦』『傷病・死亡』『瘋癲/ふうてん』と、情け容赦なしです。瘋癲とは精神的な病のことです。昔の表現はストレートですね。こういった場合の一般的な調整法は4つあります。

1.石敢当(いしがんとう・せきかんとう)を玄関外の然るべき場所へ立てる。  
2.山海鎮(せんがいちん)の板を玄関上部に掛ける。
3.最初からそういったロケーションに家を建てない。また、入居しない。
4.外塀と植樹で影響を緩和させる。

(1)と(2)は風水占いのカテゴリーですね。石敢当については【月間風水】の開運グッズ『石敢当』をご覧ください。


山海鎮の板は、山海経という中国最古の地理書に由来する、おまじないのようなものです。山海経は紀元前六年頃に書かれたともいわれていますが、何人もの人が加筆し、現在の形にまとめられたのは二〜三世紀頃と考えられています。古い話でよく分かりませんが、道教の成立と時期的にはだいたい同じ頃ですね。


ということで、最善策は3番目の「そういった場所に住まない」です・・・が、既にお住まいの場合、話はそう簡単ではありませんね。土地面積等の諸条件によって違いはありますが、通常は4番目の方法で、家の外側にバリヤーを張り巡らせて防衛することになります。


なお、坂道に直射されている場合は、玄関外側に階段を付ける方法もあります。
地面から何段かの階段をつけて、玄関を少し高い位置にします。階段は三段、五段といった奇数がいいですね。一般的に偶数の階段は凶とみます。しかし、建物の高さを変えるということは、現実問題としてはかなり困難です。例え、新築であってもその分が基礎高になる訳ですから、簡単なことではありません。あくまでも参考ですね。




まあ、迷信であったとしても、どこにも害の及ばない迷信であれば、ゲン担ぎにやってみるのも悪いことではないと思いますよ。
 
こうしてみると、風水は家の間取りも大切ですが、周囲の環境も無視できないことがご理解いただけると思います。本当の最善の策は、住宅転居時にこのような環境にある物件を選ばないことです。賃貸だから「まあいいや」とは絶対に考えないでください。賃貸か持ち家かといったことは、我々の社会の経済ルールであり、自然界には何の関係もないことです。くれぐれもご注意ください。


以前、新聞広告で石敢当を見ました。『石敢当』と彫られた石柱に獅子が手を掛けているデザインで、高さ30cmくらいの焼き物でした。説明には下駄箱の上に置いて玄関を守るとありました。しかし、本来、石敢当を立てる時は、お祀りする手順に従って、家の外の地面に立て、道路を走る殺気から家を守ってもらいます。下駄箱の上の石敢当は、工芸品としてはなかなかのものですが、結構高価だったと記憶しています。