*
住宅の中心点がリビング(居間)にあること


中心点とは文字通り建物の中心です。建物の平面が家相でいう張り欠けのない四角形であれば、対角線を引いてその交点が中心です。しかし、建物の多くは張り欠けがあります。その場合は計算式で求めるか、PCに計算してもらうかですが、そのためだけにPCソフトを購入するのもなんなので、1/3切り捨て法を使います。


これは張りまたは欠けがその面の長さの1/3以下であれば、その張りはないものとして切り捨て、同じく欠けの場合は最初から欠けていないものとみなします。これで建物は張り欠けのない四角形になりました。あとは対角線をひけばでき上がりです。簡易法とはいうものの、あくまでも目安でしかなく、便宜上の中心点です。


さて、この中心点を太極といいます。日本では大黒柱ですね。基本は『太極はリビングにあって、清らかであること』です。この際、リビングであればどこでも良しとします。しかし、太極付近が雑然としていたり、本箱などで押さえつけるような状態はよくありません。


また、太極が建物外に出てしまうL字形の建物や、中心部にトイレやキッチンのある住居もだめです。まさかと思うでしょうが、建物の中心にトイレがある家もあるのです。その家の主人によると、設計時に家相の先生に看てもらってこうなったとのことでした。どこから見ても快適とはいえません。いったい、方位学ってなんなのでしょうね。


では、住居の基本である太極が適切でないと、どのような問題が発生するのでしょうか。一言で言えば『家運衰退』です。家族の不和や仕事の悩みなど、いろいろなところで、いろいろな不具合が現れます。状況によって程度の差はありますが、時間と共にゆっくりと進行する生活習慣病に似ています。人の身体に例えれば免疫力が低下し、気力も体力もなくなり、ひとたび感染症などにみまわれたらひとたまりもないという状態です。


だんだん霊感商法の脅し文句のようになってきました。普通はこのような表現はしません。誤解しますでしょう。そのためまわりくどい表現になるのですが、科学的な証明がない限り、科学的な用語も存在しないので、どう書いてもうさん臭くなります。しかし、太極は後からどうこうできる箇所ではないので、最初にきちんとチェックしておきましょう。