*
   
さて、金魚と熱帯魚の話ではありません。その入れ物である水槽のお話です。水槽でイグアナを飼っている人は別にして、普通は水槽の中は水が入っていると思います。目的はその水です。対象になるのは60cm以上の水槽なので、小さな金魚鉢は除外します。水槽が大きくなって、水の量が多くなれば水の特性は強調され、影響は顕著になります。
風水は気をコントロールしますが、気を生み出すテクノロジーではありません。気は風に散り、水に蓄積します。だから風水という・・・なんとも分かりやすいネーミングです。その風と水の「水」を水槽で代用しようということです。水の特性は気を蓄積することです。しかし、水は気を選別することなく取り込みます。つまり、陰陽や吉凶などに関係なく、あらゆる気を無差別に引き寄せ、蓄積するのが水の性質です。だから風水は水槽の位置や大きさ、状態にうるさいのです。掃除機が百円玉もゴミも無差別に吸い込むのと同じですね。
関係ない話ですが、霊も水辺に集まるそうです。霊ってもとは人間ですよね。ということは、いずれ自分も霊になって水辺にたむろするのでしょうか。うーん、ちょっと嫌かな・・・専門外なので話を戻します。
本来、水は自然環境にある河川や海、湖沼などを指し、村や町をつくる都市計画レベルのものでした。その実例が日本では平城京や平安京ですが、それよりはるか以前にも、さまざまな文明が河川の流域に生まれました。世界四大文明として有名な、『エジプト文明』『メソポタミア文明』『インダス文明』『黄河文明』です。そのすべてが大河の流域に誕生し、四大河文明とも呼ばれています。風水文化圏外の地域に、風水理論を重ねるのはこじつけといわれそうですが、検証すると風水理論に適合しているのです。こういったことは珍しいことではなく、民族によって表現方法が異なるだけで、地球の環境下にいる限り自然界の根本的な法則は同じということですね。
そういった河川や湖沼などの、風水でいう水を人工的に造り出したものが、宮殿や庭園などに見られる噴水や池です。それが支配階層の人間や、豪商といわれる資産家などの自宅にもつくられるようになり、徐々に広まっていきました。風水を意識したかどうかはともかく、今ではホテルやショッピング・モールなどの集客を目的とした施設に、人工の泉や大きな水槽が設置されているのをよく目にします。こういった施設の成功例を見ると、偶然ではあっても、結果的に水が適所に収まっている場合がよくあるのです。
家庭用の水槽がマニアのものではなく一般的になると、オフィスや家庭でも簡単に水が利用できるようになりました。しかし、水槽はただの入れ物で、目的は中の水にあるというのであれば、「花瓶でも洗面器でも、水が入っていればいいじゃないか」となります。その通りなのですが、問題はそれらの水は滞留しているということです。水には生命力が必要です。水草でも金魚でもいいのですが、生き物を育むことができる水です。そのため、濾過器などがセットできる水槽は都合が良いのです。くれぐれも濁った水や汚れた水槽にはしないでください。財を呼び込む目的で置いた水槽が、逆に陰気を溜め込み、害を及ぼす原因になっている場合もあるからです。もし、水槽の掃除や手入れに自信が無いときは、最初から水槽を置いてはいけません。例えプラスのエネルギーが不足していたとしても、マイナスのエネルギーをパワーアップさせるような要因を、自らつくり出してはいけないということです。
では、次に水槽の中身をどうするかです。風水の勉強をしている方からも、「水槽内の魚はどうすればいいのでしょうか」というご質問をよくいただきます。一般的には「赤い金魚一匹と黒い金魚六匹を入れる」というものが多いのですが、想像するとあまり美しい景色とはいえません。もっとも、一と六は水を表す数字なので、一応納得ということになります。そして色ですが、黒は水、赤は火を表す色なのでこれも解決・・・いやいや待ってください。水の黒はともかく、そこに相反する火がなぜあるのでしょう。水と火では相性が悪そうです。
その理由は「易」にありました。易は「当たるも八卦、当たらぬも八卦」でお馴染みですが、イメージよりもずっと論理的な占術です。だんだん面倒くさくなってきましたね。でも、もう少しです。易は陰陽を組み合わせた六十四の卦象、つまり、64種類の意味を持ち、そのひとつに『既済/きせい(水火既済/すいかきせい)』というものがあります。意味するところは、「努力の結果、物事がすべて成就した状態」であり、理想の完成形を表します。形は燃えさかる火の上に水があって、その火を消そうとしている状態です。完成形なのに火を消そうとする水とはどういうことなのでしょう。易の本質は変化です。理想の完成形ではあっても、それは永遠に続くものではなく、次には崩壊が始まります。その危うさを警告しているのが火の上の水なのです。その水が火を消さないように、崩壊が始まらないように、私達は現在の維持に努力しなければならないということですね。それが水槽に入れる金魚の数として使われたわけですが、どうも後付けされた理由のようにも感じます。
日本観気研としては、現在まで水槽に入れる魚は問題にしていません。金魚でも熱帯魚でも構わないし色にもこだわりません。必要なことは水槽の大きさと設置場所、そして生命力に溢れた水であって、魚は主役ではないからです。魚の色や数の話はキリがないのですが、端的に言えば、後生の人間が神秘性を後付けしたものと思ってもいいでしょう。想像してみてください。黒い金魚といえば一般的には出目金ですが、六匹の出目金と赤い金魚が一匹の水槽なんて、あまりいい趣味とはいえないでしょう。
さて、いちばん重要な水槽の大きさと設置場所についてみてみます。家庭用水槽は60cmの大きさが一般的ですが、本来は90cm以上の水槽がほしいところです。単身者向けマンションでも一戸建て住宅でも、水槽は大きい方がいいですね。大きい水槽は管理も大変ですが、ここは無理をしていただきたいところです。
水槽を置く場所ですが、これを間違えると効果が無いばかりか、逆に害悪の発生源になってしまいます。結論から言えば、水槽の置き場所は住む人と建物によって異なります。まったくもって答えになっていませんが、神棚のように、東向きか南向きと決めることができないのです。建物と人にはそれぞれの方位特性というものがあって、建物の場合は、人間でいえば顔や口にあたる玄関が、建物の中心点からみてどの位置にあって、その玄関はどの方向に向いているのかによって決まります。住む人の方位特性は生年月日・時から決まりますが、男女は異なりますので注意が必要です。
通常、水槽は財を引き入れる場所に置きますが、他の特性との兼ね合いで、その場所が使えないこともあります。その場合は他の適所を探さなければなりませんが、要はマイナスの気をため込まない場所であれば、一応はOKです。風水は人それぞれのオーダー品のようなところがあるので、なかなか一筋縄ではいきませんが、特別な能力などは必要のない理論分野なので、勉強すれば誰にでもできるものです。ぜひ、トライしてみてください。
ついでながら〜
自宅の前に川が流れているという方もいると思います。その川の水はきれいでしょうか。家の中の水槽は本人の意志でどうにでもできますが、河川の水質を個人が管理することはまず不可能です。町の中を流れる川が汚濁していると、川から発生する陰気が町に流れ出します。当然のことですが町にとっていいわけはなく、負のエネルギーが住人を覆うことになります。川の大きさや状態で一様ではありませんが、町の中にある河川や池などの影響は水槽の比ではありません。町の活性化と川(海や干潟なども同じ)の浄化は決して無縁ではありません。水が汚染されると人は健康を害し、生存すら困難になります。風水は太古の昔から「水を汚すな」「土を汚すな」「人は常に謙虚であれ」と教えているのです。