top
道路と建物の関係は大丈夫・・・? 【Part1】
家の間取りやインテリアのことは誰しも気にするのですが、道路となるとあまり気にしていないのではないでしょうか。土地や建物を売買をするときも、道路のことはなおざりにされているようです。しかし、道路は非常に大切なのです。建築基準法でも道路に接していない土地には建築許可が下りないし、道路があってもそれが私道だったら、いざ建築となると、道路所有者から使用料を請求されることもあります。私道ということはその道路となっている土地に所有者がいるわけですから、何かあったときにトラブルが起こる可能性もあるのです。公道なら何の心配もいらない水道や下水、あるいは都市ガスの配管や埋設なども、私道となれば所有者の許可なしに道路を掘ることもできません。もちろん、そういった場合の方法はいろいろとあるのですが・・・。


さて、道路が大切なことは建築基準法だけではなく、風水でも同じです。いや、場合によっては風水の方が重要かもしれません。次のふたつの例は、土地と道路の関係で避けなければならない代表的なものですが、最近のニュータウンではこのような道路付けの区画をよく見ます。経済効率を考えれば、こういう区画割りも仕方ないのかも知れませんが、やはりこのような道路付けの土地は避けるべきでしょう。




図−A 図−B


図−A
T字路の一本が真っ直ぐ建物に向かってくる状態です。道路の突き当たったところが、塀とか窓のない壁などであればまだいいのですが、この図のようにまともに玄関に向かってきたり、窓やベランダに突き当たるようであれば問題です。この状態が続くと、じわじわと心身を蝕むことになります。初期の段階では睡眠不足やストレスといった精神面ですが、時間の経過とともに肉体にも影響が及びます。最終段階に至るまでの時間は個人差や他の条件に大きく左右されるため、一概にはいえませんが、何れにせよこのままにしておくわけにはいかない状況です。


図−B
カーブしている道路の外側に建物が位置している状態です。一般的に道路が広く、交通量が多いほど道路から受ける悪い影響は増大します。この状況から受ける影響は、思わぬ災害の遭遇や金銭的損失です。また都市部などで、高速道路がビルをかすめて、ぬうように走っていますが、そのカーブの外側に接するビルも要注意です。その場合、もっとも影響を受けるのは高速道路と同じ高さにある階で、上の階に行けば行くほどその影響は薄れるのですが、どちらにしてもこういう立地のビルは注意が必要です。




さて、では現在このような状況になっていて、引っ越しができない場合はどうすればいいのか・・ですね。
もうこれは、ひたすら建物をガードするしか方法はありません。A、Bともに建物と道路を分断するように塀を造ったり、木を植えることです。図−Aの状態で道路が玄関ではなく、部屋に向かってくる場合は、その部屋は普段使わないようにすることです。できれば、物置やクローゼット、あるいは短期間であれば問題はありませんので、客間にするのもいいでしょう。


図−Bで高速道路がビルをかすめている場合は、同じ高さにあるオフィスの窓側は給湯室やトイレ、ストックヤードなどにして、間違っても営業部を窓側にもってこないようにすることです。なお、これから建築するという人は、可能な限り道路から建物を離して建築しましょう。道路と建物との距離があればあるほど脅威は少なくなります。風水の基本は凶を避けることですが、心ならずも凶作用を受ける場合は、あらゆる方法を駆使してそれに対処しなければなりません。そこから逃げ出すことができるのであれば、それがもっとも有効な方法のひとつです。くれぐれも、最初から火中の栗を拾うようなことは避けるべきです。またA・Bとも一戸建て住宅に限ったことではなく、アパートやマンション、ビル・店舗・事務所なども同様です。一部の業種ではその限りではないといわれますが、それにはいろいろとクリアすべき条件があるので、やはり一般の方は使わない方が無難です。




八卦鏡と石敢當
現在、多数の風水本が出版されていますが、それらの本から今回のような場合の対処法をみると、八卦鏡を使いなさいと書いてあるものが多いようです。また、『泰山石敢當(たいざんせきかんとう/いしかんとう)』を設置すると書かれているものもあります。八卦鏡というのは「当たるも八卦、当たらぬも八卦」でお馴染みの八卦を、八角形の板の周囲に書いて、真ん中に鏡を取り付けたものです。向かってくる悪い気を散らす、あるいは跳ね返す効果があるというものです。最近は魔除けグッズとして結構ポピュラーになっているので、開運ショップや通販カタログなどでご覧になった方も多いでしょう。泰山石敢當は門口や三叉路の突き当たりの地面、橋のたもとや村の入り口などに据え付ける石柱で、『泰山石敢當』または『石敢當』と彫られています。これにはいろいろな説があるので、その代表的なものをいくつか挙げてみましょう。


【其の壱】
十世紀の頃、石敢當という名前の勇猛果敢な武人がいた。後の人々は彼の名を刻んだ石柱を村の要所に立てることによって、凶を吉に転化し、侮るものを押さえ、危うきを防ぎ、邪気を迎え撃ってくれると信じたのです。しかし、唐代(618年〜907年)の年号を刻んだ石敢當が掘り出されたという話もあるので、それが事実であればこの説は怪しくなります。


【其の弐】
古代中国の伝説的な皇帝の『黄帝(こうてい)』と怪物『蚩尤(しゆう)』との話です。黄帝は蚩尤と何度も戦ったが一度も勝てなかった。蚩尤の向かうところ、石すら砕く勢いである。それをみた女神は泰山石敢當と彫った石を蚩尤に投げつけて懲らしめた。さすがの蚩尤もこれにはかなわなかったので、黄帝は泰山石敢當と彫った石をあちらこちらに立てて蚩尤を封じ、捕らえた。このことから、人々は集落や家を邪気から防ぐために、泰山石敢當と刻まれた石を魔除け神として立てるようになった。


【其の参】
姜子牙(きょうしが〜魚釣りで有名な太公望のこと。ただし、彼が釣り名人だという話は作り話)の諡(生前の業績によって送られる名)を“泰山 石敢當”という。泰山とは、神聖な神の山であり道教信仰のシンボルでもある中国の名山だ。彼は死後、どんな悪鬼も退散させる魔除け神となり、人々は彼の名を刻んだ石を家や集落の守り神にした。


代表的なものとしてはこういったところだと思います。しかし、ここで真剣に考えなければならないことは、『泰山石敢當』はそれ自体がご神体であるということです。石敢當がご神体である以上、それを設置する手順も、石敢當を立てた後のお祀りのしかたもちゃんと決められています。だから、石敢當は車止めの石でも趣味の置物でもなく、もともとは個人が好き勝手に立てるようなものではないのです。もっとも、八卦鏡なども使うにあたっては手順があって、ただ掛ければいいというものではありません。こういった道具は護符などと同じ類のものであり、あくまでも心理的効果と考えるべきでしょう。


『石敢當』は、日本各地で現在でも見ることができます。最も多く現存しているのは沖縄です。沖縄では現在でも魔除けとして使われており、いろいろな形の石敢當があるのですが、近年は『泰山石敢當』と彫ったプラスチック板を、接着剤で貼り付けるものもあるそうです。神様にそんなことしていいのか?ですね...



道路と建物の関係は大丈夫・・・? 【Part2】
次のようなご質問をいただきました。「わが家は坂の上に建っている一軒家です。坂道は何か影響があるのでしょうか」というものです。なるほど坂や石段が多いわが国のこと、坂道を無視するわけにはいきませんね。そこで今回はそのご質問の回答を“パート2”として補足することにしました。前回では道路がなぜ重要なのかという話しをしていなかったので、今回は風水における道路の定義から始めましょう。こういった話は風水用語を使って、理論展開をするとかっこいいのですが、それをすると訳が分からなくなってしまいます。そこで思いっきり簡単明瞭にご説明します。




まず、昔、学校で習った世界四大文明を思い出してください(最近習った人もいると思いますが)。エジプト・メソポタミア・インダス・中国の世界四大文明です。これら古代文明は必ず川とセットで語られます。エジプト文明はナイル川、メソポタミア文明はチグリス川・ユーフラテス川、インダス文明はインダス川、中国文明は黄河文明とも呼ばれるように黄河です。なぜ、川のほとりなのかは言うまでもないことなのですが、水は作物を実らせ産業を興します。また川を利用して人や情報が移動し、物が流通していきます。人は水があって初めて生存が可能になり、そして豊かになります。当たり前のことですね。水を確保するために、人々が命がけで争っていたのはそれほど昔のことではありません。水は財であり川は人々に豊かさをもたらしてくれるのです。


しかし、時代が下るにつれ川はその役目を道路に移してきました。もちろん、すべてが道路に代わったわけではありません。しかし、主要な交通網は川から道路に移り、現代では電線や各種情報ケーブル、ガスや水道などのライフラインも道路に張り巡らされています。今や道路は川以上に有形、無形の財をもたらしてくれるようになりました。つまり、道路は川と同じ特性をもつものであり、環境を構成するうえで、無視することのできない重要な要素なのです。もちろん、水が流れる川と人や車が行き来する道路とを、細部に至るまでまったく同列に論ずるには無理もあります。そのため状況を見ながら微調整をすることになります。こういった、状況によって変化するところが、風水は理論に一貫性がなくいいかげん、といった非難中傷を受ける原因なんでしょうね。でも、本当はちゃんとした理論が形成されていて、それに基づいて自然環境に手を加えるのです。もし自然が人間を拒んだら、黙って引き下がるべきなのです。自然の理に従っていれば今頃になって里山の復活とか、水辺の再生なんて苦労しなくてもよかったのに、なんていうと叱られるかな。


さて、風水では気が基本になります。中医学や気功でもその根本にあるものは気の原理です。最近はいろいろなところで“気”という文字を見かけますが、気についてはまた別の機会にするとして、ここでは簡単に「気とは生命エネルギー(うさん臭い?)である」としておきます。一般に都市部では、気は道路を通り道として循環していきます。風水ではその気をいかに活用するかがポイントになります。しかし、すべての気が人間にとって好ましいものばかりではありません。そこで風水では周辺環境や道路状態、建物の構造的特性などから、それが建物に引き入れていい気かどうかを判断し、コントロールするのです。場合によっては入ってくる気をはねつけるような処置も必要になります。正直なところ、道路を始めとする周辺環境の判断は非常に困難です。そのためここでお話しできる道路チェックはあくまでも原則論ですが、参考にはなると思います。


ということで、ようやく「坂道の家」のチェックです。坂道の場合は勾配、長さ、道路幅、交通量などによってその判断は異なります。


ご質問はの位置にある一戸建て住宅です。道路幅員8mで、図ではかなりの急勾配に見えますが、実際はゆるやかな坂です。普通の住宅街の生活道路と思っていただいて結構です。結論から先に言いますと、ゆるやかな坂道ではA、B、C三軒の住宅が受ける影響には、特に深刻になるほどの差はありません。坂の下よりは上の方がいいという程度でしょうか。ただし、坂の傾斜がきつくなったり、交通量が増え、車がスピードを上げて行き来するような状況であれば話は違ってきます。激しい気の動きはその住宅に住んでる人にダメージを与えます。よってこのA、B、Cの住宅がそういった環境になったとしたら、この建物をガードしなければなりません。特に、B、Cとその影響が大きくなります。


では、激しい気を緩和するためにはどうすればいいのでしょうか。この場合、道路を川、流れる水を気と考えると分かりやすくなります。きれいな水がゆったりと流れる穏やかな川は風水にとって大変好ましい状況ですが、高低差が大きくなると水流は激しくなります。もし家の前に激流があれば、その激流から家を守る手立てを講じなければなりません。もちろん比喩的表現なので、実際に土嚢を積み上げるということではありません。古代の風水書にはシンボリックなものを玄関前に建てて、荒ぶる気から建物を守り、かつ財気を引き込むという方法が書かれています。もちろん現代の風水書にも同じような調整法で改善指導しているものもあって、それはそれでいいのですが、ここはやはりご近所の誤解を招かないように植物を使うことにしましょう。方法は【Part1】同様、植物をバリヤーに建物をガードすれば、町内で気味悪がられることはないでしょう。


風水では植物をよく使います。植物と言っても草花ではなく樹木ですね。室内では観葉植物やサボテンを使います。植物は風水の大原則である空間と気のコントロールにたいへん適しているのです。




では応用問題です。今度はV字の坂の場合です。左の図のa、cの家は特に問題はないでしょう。しかし、bの家はちょっと問題がありそうです。水捌けも気になります。もし水捌けが悪ければ面倒なことになります。下水道の整備が進んだ現在では、水捌けの心配はあまりしなくてもよくなりましたが、基礎は少しでも高くしたいですね。ただし、建物一階部分が車庫で二階、三階部分が住宅という家はまた別の問題になりますので、あくまでも基礎を基礎として高めに設定するということです。また盛り土で高くするという方法もあります。あとはやはり建物を植物でガードします。あまりないと思いますが、傾斜が急で谷底のような土地に住宅を建てるのは避けたいというのが本音です。もちろん、土地に十分な広さがあればその影響を緩和することはできます。
左の図を見てください。はっきり言ってこの家を買うか買わないかの相談を受ければ、その場でやめた方がいいと答える家です。しかもこの道路状態で敷地も余裕がないとなると、ちょっと救いようのない状況に陥ります。こうなるとできることは基礎部分を高くして、ついでに玄関に入る階段の段数を奇数にします。しかし風水のあらゆる対処法を駆使しても、その劣性は否めません。もし、現在住宅建設用地をお探しの方は、土地の選択をくれぐれも慎重にしましょう。最近の新しい分譲地では問題のある住宅用地が本当によく目に付きます。無駄のない区画割りをするためには仕方のないことかも知れませんが、買う方にとっては人生最大の個人的な買い物です。一度買うとやり直しが非常に困難なのが住宅なのです。しかもこのような立地の家は、中古住宅として売りに出してもなかなか売れず、売買価格も安めに設定されてしまいます。もちろん本人が満足しているのであれば、他人がとやかく言う筋のことではないのですが、残念ながら風水は非常に問題有りとしているのです。
どうか住宅を購入される時はくれぐれも注意してください。