風水の教科書については、多くの方からご質問をいただきます。しかし、『これ一冊であなたも風水師』になれるテキストは、知る限りでは皆無です。


現在日本で比較的簡単に入手できる、真面目で信頼できる風水研究書はなんだろう、と考えてみました。たぶん1931年に刊行された『朝鮮の風水』という本ではないかと思います。この本はどなたにでもお薦めできるというものではありませんが、こういった本もあるというお話しです。


著者は村山智順。社会学の研究者といえばいいでしょうか。当時の朝鮮総督府が、朝鮮半島における風水の実態調査を村山氏に命じ、その結果をまとめたものです。朝鮮総督府は1905年(明治38年)の第二次日韓協約によって、日本が韓国京城(現ソウル)に設置した官庁で、植民地政策の中枢機関です。最初は韓国統監府と呼ばれていたのですが、1910年(明治43年)に朝鮮総督府として改編され、その後、大東亜戦争が終結する1945年(昭和20年)まで存続しました。ついでながら韓国統監府の初代統監はあの伊藤博文です。


朝鮮総督府が風水の実態調査をしたのは、円滑な朝鮮統治が目的ですが、それほどまでに朝鮮人民の生活には風水が浸透していたということですね。この調査に基づき、朝鮮総督府は朝鮮半島の龍脈を断ち切って風水を破壊したとされ、現在も韓国では日帝断脈説として語り継がれています。


それを遙かに上回る破壊工作が、清朝時代の中国で欧米の列強国によって行われました。しかし、大東亜戦争終結後に中国の指導者となった共産党は宗教を否定し、風水を迷信として徹底的に封じ込めました。社会主義国にとって宗教は邪魔な存在です。文化大革命で紅衛兵は文献もろとも寺院に火を放ち、知識人を追放しました。その結果は、二度と得ることのできない多くの文物を失い、易学では日本、風水では台湾、香港、韓国などが先進国となってしまったのです。


当時のことについては興味深い話が数多く残されているのですが、話がそちらに向くと止めどなく脱線しますので、この話はここまでにします。なお、この『朝鮮の風水』は確か十数年ほど前に、ハングル語版が出版されベストセラーになったと聞いております。また日本国内では現在も出版されているはずで、書店に注文すれば入手可能です(確認はしていません)。平成9年の時点では「朝鮮の風水/朝鮮総督府編」として国書刊行会から税別価格¥9,709円で出版されていました。ちょっと高くも感じますが、内容からいけば決して高くはないでしょう。なお、大正十五年に服部宇之吉なる中国研究者が、著書『支那研究』の中に『風水論』という中国の風水についての学術論文を掲載しています。しかし、こちらは古書店で探すしか入手方法はないと思います。




では、話を風水の勉強に戻します。
まず、最初にお断りしなけれぱならないことは、自宅の風水を自分でチェックするということは、他人の風水も看ることができるということです。「そこまでできなくてもいい」とお思いかもしれませんが、風水のウソorホントを見破るためには、やはりそれ相応の知識が必要になります。と、いうことは一朝一夕にはいかないということですね。でも、時間が掛かっても、気が付いたら専門家になっていた、なんてこともありますので、がんばっても損はないでしょう。


さて、ステップ1は本探しです。
まず書店の風水コーナーで手当たり次第に風水本をめくってみましょう。パラパラっとページをめくるだけで、なんとなく気が合いそうな本と、読む気がしない本があることに気付くと思います。どんなに素晴らしい本でも、自分に合わなければいくら読んでも頭には入らないし、読むこと自体が苦痛になります。そこで、気の合う本をできるだけ多く探しましょう。そうです、一冊ではなく2冊3冊と読まなければなりません。読み進んでいくうちに、あなたが興味を引かれる箇所がでてきます。そうなれば次のステップに進めます。


経験として、一冊の本から得られる情報はひとつあるかないかです。300頁くらいのハウツー本で、ひとつでも得るものがあれば「儲け!」と思っていいでしょう。


次は、興味を引かれた箇所を追求していくことです。例えば『気』というものに興味を引かれたら、気について書かれた本を探します。この段階で風水本から離れることになります。『気』については、東洋医学や漢方薬の本、気功をはじめとする健康管理や料理の本など、実用書からエッセイまで揃っています。


ステップ1の風水本の選び方同様に「気の合う本」を探し、その中からまた興味を引かれる箇所を追求していきます。これを繰り返していくと、風水ハウツー本から始まった勉強も、他人にうんちくを語れるほどの知識量になっています。例えばひとつのパターンとして、スタートが「気」だとすると、次に気功→東洋医学→漢方薬→中国古典→東洋史→道教→仏教→日本史、といったぐあいに次々と興味が広がっていきます。また、観相学や現代の精神医学などへの興味も出てくると思います。頭で考えると大変そうですが、こういった探求心はごく自然に連鎖的に広がります。人間の最大の欲は知識欲ですから、絶対に苦痛にはならないと思います。


さあ、ここまでくるともう大丈夫です。メディアが流す風水のウソorホントが見えるようになります。場合によっては、思わず吹き出してしまうような風水に出会うこともあるでしょう。また、専門家向きに書かれた風水書も、読んで理解できるはずです。決して難しいことではありません。おまけに、いかがわしい宗教や悪徳商法を見破る知識もつきます。あなたが開運グッズをお持ちなら、それがどういうものなのかも分かってくるでしょう。


     おや、どこかで見掛けたろくろキツネ 〜 日本観気研のナビゲーターのろっきーです


次に風水のもうひとつの要件である、イマジネーションです。
風水では「あの山は鶴が舞い降りた姿のようだ」とか、「この川は猛り狂った龍のようだ」などと形容します。これは芸術的感性とでも言えばいいのでしょうか。本で修得することは不可能です。持って生まれた性格にもよりますが、想像力は訓練によって養うことも可能です。


まず、日常の風景から見直してみましょう。私たちは毎日さまざまなものを見ていますが、自分に直接関係のないものは、ただ漫然と見ているだけです。普段見慣れた街も、風水的な目で見れば今までとは違って見えてきます。ついでに方位磁石も携帯しましょう。羅盤まで用意する必要はありません。アウトドアショップなどで売っている、千円か二千円位の方位磁石で十分です。デザインに惑わされないでください。あくまでも実用本位です。


方位磁石を持つ目的は方位に慣れることです。このトレーニングで山が玄武に、河川が青龍に見えるようになればしめたものです。ビルなどの建築物を見ても、「これは火形」「これは土形」などと自然に判別できるようになれれば大成功です。このレベルになると、もう誰に聞かなくても、自分に必要な知識が何なのかが分かります。もちろん、ひと月やふた月で修得できるものではありませんが、ここまで来ると人に教えてあげることができるレベルです。


これがもっとも確実で間違いのない方法ですね。大変なのは最初の風水ハウツー本を見つけることだと思います。最初の一歩を踏み出せば、あとは知識欲が引っ張ってくれます。風水の素晴らしさは、その奥に潜んでいる宇宙の真理です。これは人間の真理でもあります。変な宗教では会得できない真理であり、人生にとって力強いパートナーになりますので、やってみる価値はあると思います。