top
住宅の大きさ(広さ)と家族数とのバランスです。


家の大きさは家族構成と相関関係にあります。住む人の状況を考えずに、建物の大きさだけを見て判断をすると間違います。大きすぎる家の問題点には、空き部屋による心理的な圧迫があります。空き部屋は気の環流を止めて、そこで滞留してしまいます。一見すると部屋数が多いと家に余裕があって良さそうですが、必要以上の空き部屋は陰気をため込むことになります。家に限ったことではありませんが、不自然な空間は場のバランスを崩し人を圧迫します。


逆に小さい家はどうかというと、こちらは繁栄の吉相になります。ただし、家中に物が溢れかえって、足の踏み場もないという状態はだめです。こうなると発展するどころか、良くても現状維持が精一杯で、他の条件次第では止めどなく落ちていくことになります。本人の意志とは関係なく、ひたすら奈落の底を目指すことになるわけですね。風水が重要視するバランス感覚は、住宅の大きさも例外ではありません。まさに過ぎたるは及ばざるがごとしなのです。


そこで問題になるのが、『適切な広さとは?』ということですが、これはそれぞれの家族状況によって異なります。しかし、目安はあります。家族数から算出するのですが、これはあくまでも目安だということをご理解ください。


夫婦(二人)=15坪(約50平方メートル)、子供(一人)=6坪(約20平方メートル)、高齢者(御隠居様一人)=6坪(約20平方メートル)として計算します。将来の家族構成の変動を考慮・予測して、家の広さを決めれば失敗はありません。どのような家に住むかを決めるときは、20年30年といった長期のスパンで考えれば安心ですね。