*
丁字形の道路や行き止まり道路の突き当たりにある住居を指します。この環境における最大の問題点は、建物を直撃する気に人が負けてしまうことです。古代の風水教科書では、こういった住宅に住む人は災害に遭いやすく、外敵の攻撃を受ける凶地であると説きます。現代でいえば、家に車が突っ込む危険性があり、火事や地震といった災害時は逃げ遅れるということでしょうか。時代によって表現は違いますが、気の本質が変化することはなく、住人に危機を回避せよと警告しています。
事業用の建物の場合は、こういった丁字路にある建物でも良しとする場合があります。例えば、選挙事務所などには吉の判断をするのですが、住宅においては例外なく凶になります。
では、すでにこういった建物に居住している人はどうすればいいのかということですが、最善の方法は引っ越しです。道教系風水では、地面に『石敢當』を立てて防御するとなります。沖縄では今も石敢當がありますが、これは古代中国の迷信といっていいでしょう。石敢當は地面に穴を掘って立てる小ぶりの石柱ですが、現在はさまざまなパターンのものがあります。本物の石敢當は素晴らしいコレクターズアイテムなので、マニアの方にはお薦めですが、沖縄と鹿児島の一部地域以外の人には無縁のものですね。<石敢當の説明
以前、新聞広告で見た『石敢當』は、横に獅子が鎮座している焼き物でした。結構、高価なもので、説明には玄関の下駄箱の上に置くとありました。使い方が違うけどいいのかなぁ?
現実的な解決法としては、樹木でバリヤーを作ることです。状況によって家の正面すべてに植栽する場合もあれば、一本の木で済む場合もあります。妥協案は鉢植えの観葉植物ですが、いずれにしても道路上を建物に向かって直進してくる気を受け止める位置に置くようにします。気は目に見えませんが、その場に立つと分かることが多いので試してみてください。
風水は玉石混淆であり、効果の有無を判断することはなかなか難しいものです。しかし、趣味でもない限り、普通の住宅に仏具だか神具だか分からない道具を置くのは嫌だと思います。日常において不自然なもの、あるいは違和感のあるものを使うように指示するのは、多くの場合、道教系か陰陽道系の風水です。風水の基本は、バランスとナチュラルです。そのことを忘れなければ、家中が開運グッズだらけになることはありませんね。