top
本来の風水でも宗教系風水でも、あるいは占い系風水や詐欺用風水でも使用するアイテムに鏡があります。


まじめなものからテキトーなものまで千差万別ですが、風水そのものが玉石混淆状態なので仕方ありません。ちなみに風水業者が好むアイテムは、竜や亀などの各種置物・水晶などの天然石・鏡・護符などですが、見た目がそれらしい品物であれば何でもありです。開運業者の商品リストに水槽や植物がないのは、商品管理の問題があるからでしょう。


風水をみるということは、周辺環境と建築物の構造やレイアウト、そしてその場所の使い方をチェックすることであり、これらのことに問題がなければインテリアなどはほとんど自由にしていただいて大丈夫です。


しかし、何らかの問題点が見つかった場合は、それを改善するための調整が必要です。理想的な調整法は建物の改築ですが、できればお金は掛けたくないですね。もし、インテリアで調整することができれば、費用も掛けずに治めることができます。本来の風水アイテムとは、そのための補助具なのです。その補助具のベスト3が「水槽」「植物」「鏡」です。しかし、実際に使うのは水槽と植物が多く、鏡はあまり使いません。鏡も水槽と同じくらい大切な道具なのですが、使い方が難しいので利用しないことが多いのです。どうしても鏡を使う場合は、現地の状況を調査をしてからの方が安全です。鏡はそれほど慎重に対処したほうがいい道具だということですね。


さて、そんな鏡の目的は、建物に向かってくる凶気を跳ね返すことと、旺気を建物内に導くことです。しかし、使い方を誤ると旺気を跳ね返し、家の中を殺気で射抜くことになります。


一般に開運風水グッズとして販売されている鏡には、八卦鏡と風水鏡があります。八卦鏡は八卦を刻んだ木板の中心に鏡をはめ込んだもので、風水鏡なるものは八角形の鏡です。どちらもそれほど大きい鏡ではありません。鏡の特性は光を反射することと、物を映すことであり、大きい鏡ほどパワーがあります。一般に販売されている八卦鏡や風水鏡は、なにやら曰くありげなデザインで効果がありそうですが、鏡としては小さいものなので、これらは趣味のインテリアと考えても大丈夫でしょう。しかし、玄関を広く見せるための大きな鏡や、ドレッサーなどを置く場合は注意が必要です。


適所に配置すれば大変有効な鏡ですが、そう簡単にはいかないのが風水の特異性です。風水では人が変われば吉凶判断が異なります。環境や建物の構造、間取りなどの適否も違う結果になります。そのため、鏡の適所も東であったり西であったりと人によってさまざまです。つまり、オバマには大吉の家でも、胡錦濤には大凶の家という場合もあるということですね。なかなか難しいものです。




とはいうものの、洗面所や浴室に鏡は必要です。ドレッサーもないと困ります。どうすればいいのでしょうか?そこで簡単効果的な安全対策です。ドレッサーは使うとき以外は鏡面に蓋をします。鏡を閉じることができるドレッサーであれば、使わないときは鏡を閉じます。閉じられない場合は、しっかりとした厚めの布で鏡面を覆うようにしましょう。洗面所や浴室は居住空間ではありませんので、必要以上の鏡を置かないようにします。念のため、リビングなどから洗面所がみえる場合は、パーテーションや植物を利用して、直接鏡が見えないようにすれば解決です。




ついでながら、最近は屋根に太陽光パネルを設置した住宅をよく見かけます。この時、その太陽光パネルに反射した光が、隣家の窓やベランダを直射しないように、設置する人は十分に気配りをしてください。


もし、他の家に太陽光を反射しているとしたら、それはその家に巨大な鏡を向けているのと同じで、誰かを攻撃していることになります。それによって引き起こされる災厄は、形を変えていずれ自分に戻ってきます。けっして良い結果にはなりませんので、くれぐれもご注意ください。