top

正確に言うと、『いつもお金に余裕がない』『収入はあるのになぜか預貯金がない』、、、ということです。
お金を儲ける、蓄財するということは風水の重要なコンセプトのひとつです。無駄使いもしていないし、ギャンブルをしている訳でもない。ちゃんと仕事をして定収入もあるから、普段の暮らしに不自由はないんだけど...と、お悩みの方はちょっと家の中をチェックしてみましょう。



右図は1LDKのマンションです。一般的な間取りですが、ここで問題になるのが玄関からベランダに伸びた矢印です。このように玄関ドアと室内ドアが直線上にあって、最後にベランダのガラス窓に抜けているような場合は、室内の調整が必要になります。ドアとドアが一直線になっているだけでも問題があるのに、図のマンションのようにベランダまで抜けてしまう、あるいはベランダではなく、窓であっても事態は深刻です。


良い建物とは生気に満たされた建物のことをいいます。しかし、図のように玄関からベランダまで一直線になっていると、せっかく取り入れた気もそのまま外に抜け出てしまいます。これを実生活でみると、どんなにお金を稼いでも、お金は素通りするだけで、みんな出ていってしまいます。ちょうど水道の蛇口から流れ出る水を、ザルで受けている状態ですね。また、この状態はお金の問題だけではなく、住む人の精神面にも悪影響を及ぼします。疲れが抜けないとか、睡眠障害が出てきたら要注意です。いずれ体調不良に発展しますので、早めの処置が必要です。


本来は住宅を新築や増改築をするときに、このような間取りにしないことが大切です。昔は何も言わなくても、大工さんがちゃんと調整してくれたのですが、現代の大工さんにそれを望むのは酷です。最初からこういう間取りの住宅には住まないことですね。しかし、現在住んでいるマンションが、このような間取りになっている場合は、どうすればいいのでしょう。開運グッズのカタログを見ると、水晶を置いて外に出ていく気を引きとどめる、なんてことがよく書かれています。それはそれでいいのですが、次の方法でも改善することができます。上記のマンションの平面図を例に調整をしてみましょう。


 A & B
Aの位置にパーテーション等の間仕切りを設置する。それができない場合は衝立や屏風などを置く。それもできない場合は大きめの暖簾などを掛ける。しかしそれもできないという場合は、前述の処置をBの位置で実行してください。衝立や屏風・暖簾というと古めかしい感じがしますが、今では現代風のおしゃれなものも多くあります。スペースの問題で間仕切りができない場合でも、せめて暖簾ぐらいは掛けましょう。もちろんおしゃれな現代風暖簾でOKです。
 C
ここには、鉢植えの観葉植物を置きます。ドライフラワーや造花、サボテン類はだめです。
 D
窓には必ずカーテンを掛けてください。ブラインドでも構いませんが、できれば天然素材の厚手のカーテンが望ましいでしょう。


本来はこのような間取りの住宅を造ってはいけないのです。しかし、今の日本の住宅事情ではそうも言ってられないのでしょう。そこでこのような間取りでしか建築できない場合や、住んでいる住宅がこのような間取りになっている場合は、必ずインテリアを調整して改善してください。


これで今回のトラブルは取りあえず解決です。こんなことでお金にゆとりができるのか、健康に影響するのかと思われるでしょうが、気の影響や変化は非常にデリケートで長期に渡るものです。ベッドの位置を数センチ動かしただけで、状況が一変することもあります。どなにことでも、始まりは静かにゆっくりとやってきます。気がついたときは手遅れということもありますので油断できませんね。