top
日本には『一升ますに二升は入らない』という諺があります。一升瓶に二升ともいいますが、まあ、細かいことはともかくこれはもっともな話です。しかし、その一升ますで二升も三升もすくい取るのが風水であり、そのためにはしっかりとした一升ますを用意しなければなりません。黄金の財布を持っていても、引き出しいっぱいのパワーストーンがあっても、升の底が抜けていたのでは小銭も残りません。


今回は、以前風水鑑定を実施したあるレストランの話しです。ぜひ、参考にしてください。




場所は札幌郊外の洒落たファミリーレストランです。当時はまだ日本観気研のウェブサイトは開設していませんでした。そのレストランのオーナーは、私が地元テレビ局の番組で、風水の話をしていたのをご覧になって連絡してこられたのです。


「新規開店して1年ちょっと。当初は順調だったがその後客足が伸びず、いろいろやっているのだが思うようにならない〜云々」ということでした。レストランは土地建物とも自己所有物件。これまで飲食業の経験はなく、自分自身は調理せずレストラン経営に専念し、奥様が経理を担当しているという三十代後半の脱サラオーナーです。


電話で大体の話をお聞きして鑑定開始です。この頃はまだ積極的な鑑定活動はしていませんでした。今でも大して積極的とはいえないのですが・・・。鑑定は必要な資料を郵送していただくことから始まります。概略は電話で聞いているので、その資料が届くまでに地図や法務局の公図などから周辺環境など大体の状況を把握しておきます。現地の確認は鑑定資料が揃ってからです。資料は二日ほどで郵送されてきました。それにもとづいて、まずは図面上でチェックします。この段階では問題のない良好なレストランということになりました。次はレストランの訪問です。ここまでの作業で鑑定依頼から十日が経過しています。まあ、日本観気研としてはなかなか素早い行動ではあるのですが。


訪問は木曜日の午後2時半ということになりました。約束の当日、問題のレストランに到着したのは、約束の時間の少し前でした。ランチタイムが終わった時間帯とはいえ、駐車場はガランとしています。このレストランは駐車場も広く、店舗規模は大手のファミリーレストランチェーンと比べてもひけをとりません。場所もよく、車の出入りにも支障のないとてもいいロケーションなのですが・・・。


今日の予定は店内外のチェックです。営業中なので、詳しい話しは場所か時間を変えてと思ったのですが、オーナーからお客さんも少なく、結果も早く知りたいので、店内で話しを聞かせてもらって構わないとのことでした。ということで、店内外のチェック後、オーナーとボックス席のひとつに着きました。結論を先にいえば、小さな改善箇所はいくつかありましたが、致命傷になるような箇所はありません。風水的には合格点の出せる店です。


しかし、現実に営業不振が続いています。客は入らず、今も店内はガランとしています。原因は必ずあるのですが、それが風水以外によるものであれば、こちらは専門外になります。しかし、『風水に問題はありません。では、さようなら』ともいきません。こういう場合、話しは経営から人生相談にまで及ぶこともたびたびあります。


オーナーの話によると、ここは父親から受け継いだ土地で、建築費は銀行が全額融資をしてくれたので思い切って脱サラをした。確かにこの土地なら銀行もお金を出すだろうなぁ、という立地です。開店当初はかなり繁盛していたのだが、しばらくすると売り上げが目に見えて落ちてきた。開店以来、大きな変更点はないので、これといった原因は思い当たらないのだが・・・という、まさにお手上げといった様子です。途中から奥様にもお話しを伺いました。こういう場合、じっくりと話を聞けば問題点は見えてくるものです。


話を聞いていくうちに、このレストランの問題点は商品にあるのではないかという思いが強くなっていきました。しかし、テーブル上のメニューを見る限り、構成や価格に問題があるようには見えません。となると料理の味か量か・・・もし、そうならレストランにとっては致命傷です。


ひととおり話しが終わったところで、オーナーから食事を勧められました。初対面の方との食事は苦手で、普段は辞退するのですが、料理に対する懸念がますます大きくなっていたので、今回は遠慮なくいただくことにしました。お願いしたのは、この店のおすすめメニューというステーキセットです。彼がオーダーをあげに席を立った時、失礼を承知で料理のことを奥様にお聞きしました。「主人がすべて決めているのですが、私にはちょっと合わない味なんです・・・」との答えが返ってきました。何だか答えが出てしまったようです。しばらくして運ばれてきた料理に見た目の問題はありません。先にお断りしておきますが、私はグルメではありません。並の味覚の持ち主です。一口、二口と食べて「これがこの店のおすすめメニューか」と思ってしまう料理です。


調理場でも、調理はすべてオーナーの指示通りにしているとのことでした。スタッフと話したときも何かにつけて「オーナーの指示」という言葉が出てくるのです。オーナー自身は「店の運営やメニューなどはすべて自分が決めている。妻はレストランのことはわからないので経理だけを任せている」とのことでしたが、その結果がいま目の前にある料理です。さて、どうしたものか。本人は真剣です。このままだといずれ銀行が抵当権を実行することになるでしょう。この場所でこの店舗なら、新しいオーナーはすぐに見つかります。銀行の思い通りにはさせたくないですよねぇ。


この店に風水的問題はありませんので、あとはオーナーの考え方が変われば立ち直ることもできます。風水からは逸脱するのですが、オーナーにいくつかのアドバイスをさせていただきました。銀行をもっとも信頼できる相談相手と信じているオーナーに、今後は奥様をパートナーとして店舗運営をしていくことや、調理場を始めとする現場の意見を真剣に聞き、取引業者の言うことを鵜呑みにしないこと。店の状態はお客さんが教えてくれるなど、商売をしている人には当たり前のことばかりです。みんな頭では理解しているのですが、以外と実行できている人は少ないものです。おまけにこのオーナーは経験もほとんど無いうえに、地主の息子ということもあって、忠告する人もほとんどなく、完全に井の中の蛙状態なのです。




ちょっと話はそれますが、企業が実施する経営者セミナーとか管理職講習などでは、当たり前のことを言ってるんですね。それでも受け手側の状態によっては効果があります。自分自身、過去に何度かそういったセミナーを受けたことがありました。あれって、お金掛かるんですよね。あるセミナー終了後の懇親会で、先生のひとりに「これまでこのセミナーを受講した会社は、すべてうまくいってるのですか」と聞いたところ、「だめだった会社もあります」という答えが返ってきました。「その場合、コンサルタントとして何らかの責任はとるのですか」と聞くと、「いえ、経営者が我々の指導をちゃんと実践しなかったからです」とのことでした。おー!素晴らしい回答です。この回答を聞いただけでも、このセミナーの参加は無駄ではなかったと思いました。




話を戻します。
その後もこのレストランは営業を続けています。あのガランとした状態から立ち直るまでには、ご夫婦で大変な努力をされたことと思います。しかし、もともと風水の良い店です。オーナーがやり方さえ誤らなければ経営は軌道に乗ります。このレストランは立派な『一升ます』なのに、底に穴があいていました。しかし、それは塞ぐことのできる穴であり、経営者自身がそれに気付くことで、最悪の状態は回避できました。今後はこの升を二升にも三升にも大きくすることができるでしょう。


濡れ手に粟の風水はありませんが、このレストランオーナーのような、やる気があって努力もするという人に風水は力強い味方になります。自分で一生懸命努力して、なおそれ以上のものを得たいという人ほど風水を使います。そうでなければ、高いお金を払ってまで風水調整をしようとは思わないでしょう。どんなことでも、あきらめなければ実現できるし、報われない努力はありません。報われないのはやり方を間違えているからです。