top
風水は大別すると、陰宅と陽宅に分けることができます。陰宅とはお墓のことですが、実践風水としては住宅風水と商業風水に分けるべきでしょう。住宅風水は文字通り一般住宅を対象とし、商業風水は店舗やオフィス、工場などを対象とします。極端な言い方ですが、商業風水に癒しや安らぎは無縁であり、どんなにストレスが発生しようとお金儲けを優先します。職場環境がどんなに改善され、素晴らしいリラクゼーション空間が設けられても、目的は仕事の効率を上げるためですから、自宅のような癒し空間と混同することはできません。


現代風水は住宅をベースにしているのが一般的に多いようです。住宅も店舗も風水の基本理論は同じですが、目的が変わればその方法も変わります。当然のことですが、住宅風水のマニュアルを見ながら、お店やオフィスの調整をするには無理があります。ところが現実には商業風水のマニュアル本を見つけることは困難です。その理由はいろいろとありますが、ひとつに風水の特異性があります。風水では人それぞれの方位特性と建物の構造特性、それに環境などを時間軸に沿った調整をします。このことは同じ建物であっても、人によって異なる結果を生じることになります。つまり、100人が100人とも鬼門が大凶ではなく、大吉になる人もいるということですね。


これでは風水のマニュアル本を、真剣に書こうとすればするほど訳が分からなくなっていきます。住宅風水だけでもこの有様なのに、商業風水になるとそれに他のデーターも追加されます。業種・業態や設立年月日、場合によっては経営者だけではなく、現場責任者などの個人データーが必要になることもあります。これもまた一様ではなく、鑑定対象の状況や状態によって異なり、鑑定内容によってはさらなるデーターが必要になることもあります。データーだらけです。それを誰にでも分かるように、一冊の風水本にまとめるのは至難の業といっていいでしょう。オーダーメードの洋服と同じようなものですね。




しかし、それでは話が進まないので、できるところまでやってみることにします。まず、五行による業種分類です。五行は『木・火・土・金・水』の五行であり、風水はこれを無視できません。下表は昔からいわれている五行の分類を、現代の業種に当てはめたものです。すべてに意味がありますが、そこまで理解する必要はないでしょう。必要な部分をピックアップするだけで十分です。左側の図は五行の形で、建物のイメージと考えてください。




 木−託児所・保育園・幼稚園・病院・建築関係・家具製造販売など
 火−レストラン・化学、製鉄関連の工場・各種教育関係など
 土−農業・土木関係・陶磁器など焼き物関係など
 金−鋳物・貴金属・刃物・金融全般など
 水−広告代理店・出版・飲食、サービス業など




五行の木・火・土・金・水のイメージそのままです。一般的には「レストランは火に属するから、火形の建物で火に関する物を取り入れた店作りをすれば繁盛する。また、火を盛んにする木の物を取り入れるのも良い」と言われます。基本的には間違いではないのですが、それですべてとはいえません。例えば五行は方位や八卦と密接な関係があります。『木』を例に取ると、木には『震(しん)』と『巽(そん)』ふたつの命卦があります。下の『表-A』と『表-B』がそれぞれの方位盤です。赤字で書かれているのが凶の方位で、黒字が吉の方位です。−4が最大の凶で、+4が最大の吉です。




西北
五鬼方
−3

天医方
+3
東北
六殺方
−2
西
絶命方
−4
震木
季節

伏位方
+1
西南
禍害方
−1

生気方
+4
東南
延年方
+2
西北
禍害方
−1

生気方
+4
東北
絶命方
−4
西
六殺方
−2
巽木
季節
初夏

延年方
+2
西南
五鬼方
−3

天医方
+3
東南
伏位方
+1




表AとBを比べると吉凶は同じ方位に分布し、西側に凶が集まる東四命というグループに属します。吉凶の方位は同じだからいいじゃないかと思いたいのですが、そうはいかないのです。吉凶には『生気方』や『絶命方』といった名前が付いていますが、それには意味があって使い分けなければなりません。


この他にも、建物自体の方位特性を示す命卦や、経営者の生年月日時から導き出した命卦があります。場合によっては店長や各部署の責任者の命卦も必要になる場合があります。注意しなければならないことは、命卦は各方位が持つ特性を示しているのであって、運命や運勢をみるものではないということです。だから、我々が通常持っている、凶が悪くて吉が良いという考え方は役に立ちません。凶方位にもちゃんとした役目があって必要だということですね。住宅の風水でも、寝室にあえて凶方位を使うことがあります。風水で言うところの吉凶は、我々が一般に思っているラッキーやアンラッキーとはちょっと意味合いの違うものです。
さて、ビジネスにおいてもさまざまな業種業態があって、どれも同じとはいえません。大きく分ければ製造と販売ですが、そこからさらに細かく絞り込まなければなりません。食品・鉄工・木工・建築・交通・運輸・金融など業種は多岐に渡り、そこからまた、レストランやホテル、さまざまな情報処理会社までまさに千差万別です。また同じジャンルであっても、百貨店と量販店を同じ物差しで測るのには無理があります。もっとも、一見複雑そうに見えますが、ポイントさえ押さえれば理解するのは難しくはありません。


まず最初に、建物、つまり会社や店舗・工場などが、風水用語でいう地龍に乗っているかどうかを調べることから始めます。観気研的にいえばその業種が必要とする『気』が来ているのか、また利用可能なのかということですね。それをクリアーしていれば、次はその建物が気を活用できる状態なのかどうか。そしてオーナーと業種、建物との関係をみていくのです。こういった条件を満たしていれば後の風水調整は楽になります。建物の色や形、内部に配置する什器や各種設備は、一般住宅のインテリア同様に二次的な問題です。ただし冷蔵設備や発電設備など規模の大きなものは、良くも悪くも環境に及ぼす影響が大きいので慎重な判断が求められます。


さて、地龍に乗っていれば後は何とかなる、ということは裏を返せば、地龍に乗っていなければどうすることもできないということになります。経営者が特別に強いツキを持っているとか、うまく時流に乗れたなどということもありますが、成功しているように見えても、そういったツキは時間の経過とともに変化します。有能な経営者は、好調なときに不調になったときの準備を整えます。言い換えれば、ツキのあるうちに可能な限り発展させて、マイナスに転じた時は徹底的にリストラ(従業員を解雇することがリストラではありませんぞ)して耐え抜き、次の波が来たら一気に飛び出せる態勢を作っておく必要があります。落ち込んだ部門を、サポートできる部門を作っておくことも経営者の手腕です。


あったりまえだぁ!って言われそうですが、景気が良さそうな企業も、時流が変わればあっという間に衰退に向かいます。事業規模の大小は関係ありません。山一証券、北海道拓殖銀行、雪印乳業などどれもまさかの大企業ですね。人間は高みを目指すことも必要ですが、己の限界をしることも重要です。してみると、原発の存在は道理にかなっているのでしょうか。




この原稿は平成16年に書いたものを一部加筆したのですが、読者の方から『こんな事が書かれている』とのご指摘をいただきました。


『平成16年は風水の転換期になります。現在の状況も改善されます。ただし、地震と火山活動が要注意レベルになるので、本気で災害に備える心構えが必要になります。占いではありません。時間の経過とともに変化する地の気のサイクルから推測されることです』


平成16年といえば2004年です。風水のサイクルでは2004年から2023年までの20年間は『下元八運』になります。意味が分からないと思いますが、これは元運といって、『地気』の転換期のサイクルであり、時代の変わり目と考えても良いと思います。こんなことを書いていたんですね。当の本人はすっかり忘れていました。