ワンポイント風水 タイトル
平さん 「ついにパワーストーンの販売を始めるんですか」
所 長 「これで我々も金持ちです・・・違います。パワーストーンに関するメールを結構いただくので、
 一度取り上げねばと思っていたんですよ」
平さん 「なんだ、ようやくやる気になったと思ったのに・・」
所 長 「関係のないページに顔を出さないでください。メルマガにもね」
平さん 「おじゃましましたぁ〜」

ということで、最初に最近のパワーストーン事情はどんなもんかな〜と思い、Googleに『パワーストーン』と入力して検索してみました。結果は2240万件のヒット。パワーストーン業界は活況を呈しているようです。まじめ系からハテナ系まで千差万別のパワーストーン業界ですが、これは風水も同じです。なかには『風水師が気を注入した、あなただけの水晶ブレス』なんてのもありますから、風水も負けてないですねぇ。しかし、日本全国から注文がくるわけだから、すごい数のブレスレットに気を注入するんだろうなあ・・・体力使いそう。他人事ながら心配してしまいます。



基本的にはダイヤモンドやエメラルドなど、私達が知っている宝石はすべてパワーストーンです。古代では医療や魔除けに絶大な力を持つと信じられていました。古代人が夜空に瞬く星に神の姿を重ね、地中から現れた輝く石に、神秘のパワーを感じても不思議はありません。


では、現代人は魔法の石パワーストーンに何を望んでいるのでしょうか。一言で言えば『災いから身を守ってくれ、幸運を呼び込んでくれること』に尽きるでしょう。災いは病気や事故、あるいは邪気や悪霊などですが、幸運の方は千差万別で、お金や仕事、結婚や受験など人によってさまざまです。人の数だけ願望があると言って
もいいでしょう。それら人間の願い(欲望)を叶えてくれるのが、奇跡の石パワース
トーンなのです。ただし、持ち主とパワーストーンの相性が合わないと、その効果は期待できません ・・・だ、そうです。


パワーストーン関係者は『そんな単純なものではない』と仰るでしょうが、要約すればこういったところでしょう。そして、日本観気研の場合は、ここで『しかし・・・』となるのです。


ならば、パワーストーンはそれ自体になんらかのエネルギーを内包しているのでしょうか。パワーストーン関係の広告やHPには『神秘的な力』が宿っている石、といった表現やそれを連想させる文言が、いたるところに見ることができます。新聞チラシや雑誌広告では言いたい放題です。


確かに水晶などは電圧をかけると一定の周波数で規則的に振動する『水晶発振』という性質があります。この性質を利用したのがクォーツ時計です。蛇足ですが、実用化したのは日本が誇る時計メーカー『セイコー』です。しかし、水晶からエネルギーが出ているわけではないので、クォーツ時計には電池が必要です。残念ながら、水晶の『神秘のエネルギー』や『宇宙エネルギー』で時を刻んでいるのではありません。クオーツ時計の水晶もパワーストーンの水晶も成分は同じです。それがなぜパワーストーンになると『神秘のパワーを秘めた・・・』となるのでしょうか。




人様の商売を邪魔するつもりはありませんが、なぜ人間は美しい鉱物に癒されてきたのでしょうか・・・鉱物と限ったわけではありませんが。有史以前から連綿と続いてきたパワーストーン信仰には、ただの『綺麗な石』というだけでは片付けられない何かがあるのでしょうね。そこで思い出していただきたいのが宗教です。


日本人の宗教観は少々異常ながら、健全でもあるという摩訶不思議なものです。歴史的に見ていくと非常に興味深いのですが、それはいずれまた別の機会にして、ここではごく簡単に進めます。


さて、お寺や教会には神仏の像があって、善男善女が参拝し、信仰の対象になっています。しかし、信仰の対象がどこでも立派な神像とは限りません。地域で代々守り続けられてきたご神体が、石や木片である場合もあります。つまり、手を合わせる具体的な対象物は何でもいいのです。人の祈りが念となって、特定のモノに集中する。それによって特定のモノは人の心と感応するようになるのです。もちろん、それら特定のモノである、石ころや木片、あるいは立派な神像が人の祈りによって変化する訳はありません。変化するのは人の心です。


本来、宗教者は自分の体内に宇宙を創造し、そこに神を見出し、現世を超越する超人になります。これは仏教でも、主に密教ですね。しかし、未熟な修行者にとって、それは簡単なことではなく、意識を集中し続けることさえ困難です。そこで、念を集中しやすいように神仏をイメージしたモノを使うようになりました。やがて、一般の信者が増えてくると、より具体的な祈りの対象物が求められるようになりました。宗教的無知な大衆にも、神仏の威厳や慈悲が一目で分かるような神仏像です。これってこけおどしってことなのかな?? 


お釈迦様は死後に自分の像を作ることを禁じました。仏教はキリスト教やイスラム教などとは事情が違うので、本来は一括りにすることはできませんが、無理を承知で言えばどの宗教も似たようなものです。中国の民俗宗教である道教でさえも、最初は神の像などなかったし、イスラム教のモスクは、植物の図案化に代表されるアラベスク文様で飾られています。イスラムの戒律ではモスクを神の具象的絵画で装飾してはいけないのです。


しかし、一般の信者には信仰の対象が目に見えないと、どうもしっくりとはいかないものです。ベテランの修行者であれば、何もない空間、あるいは無の中に神仏を出現させることは容易いでしょうが、煩悩だらけの我々には至難の業です。空腹時にラーメンを想念するようにはいきません。一般大衆には信仰の対象として、さまざまな願い、つまり念を送り込むターゲットが必要だったのです。こういった現実的要求によって、神仏は具現化され、ようやく人々は見えない極楽をイメージし、神を感じることができるようになったのです。




そして現代の私達は、より身近でファッショナブルなモノに念を送るようになりました。それがパワーストーンです。人の念によって木切れが幸運の女神になったり、石ころが救世主になったりするのですが、木切れや石ころよりも、パワーストーンの方がその神秘性や価値において、念を集中させやすいのは事実ですね。


例えば、トルマリンというパワーストーンがありますが、この石は結晶にプラスとマイナスの電極を持っています。そのため、この石は電気石とも呼ばれ、衝撃などによってマイナスイオンを発生します。その性質を利用してブレスレットやネックレスに加工されたものがパワーストーンとして販売されています。確かに都市生活者にとってマイナスイオン不足は問題でしょう。生活空間に電磁波が飛び交い、家庭内には建築資材の化学物質、高気密のマンションには、目に見えないハウスダストがいっぱい。これらすべてがプラスイオンの発生源です。そこでトルマリンが人気になるのですが・・・ブレスレットやネックレスで、大量のプラスイオンに対抗できるのでしょうか。