*
賑やかな商店街と廃れる商店街。この違いは何なのでしょう。衰退の原因は大型店の出店、駐車場の有無、商品の低価格、跡継ぎ問題等々、理由はさまざまですが問題はそれだけでしょうか。商店街自体の構造に問題はありませんか?


賑わっている商店街を思い浮かべてください。メインストリートとそれに交差する路地や小道がたくさんあって、そこにもまるで隠れ家のように店舗があります。また、メインストリート一本だけではなく、それに平行するように通りがあって、その通りとメインストリートが路地や小道でリンクされています。つまり、買い物客はメインストリートを直線移動するのではなく、右に左に交差するように面移動します。


しかし、シャッターが目立つ商店街では、裏道に気の利いたお店はなく、サブになる通りもありません。買い物客は目的の品物を買うだけであり、他は通り抜ける通行人だけです。目的の品物を買うためだけの来店者は、駐車場完備の大型店ができ、価格も安ければ、そちらに流れるのは当然です。




風水がもっとも恐れるのは、直進する『気』です。商店街という一本の線では、気が一直線に駆け抜けてしまいます。東京の銀座でも、大阪の道頓堀でも気は絡み合うように面を蛇行し循環します。しかし、寂れ行く商店街では、入り口から出口までストレートです。これでは一軒や二軒の店ががんばっても、繁盛商店街にはほど遠い状態です。開運グッズの専門店でも廃業に追い込まれるでしょう。


再開発に成功した商店街をみると、商店街を核に高齢者や単身者のマンションを造ったり、カルチャーセンターやコミュニティーセンターを併設したりと、まず、人が滞留する環境作りをしています。交通の利便性やファッションビルなど、明るくきれいな再開発も必要ですが、それだけでは新装開店セールの時だけの賑わいに終わってしまいます。かつて徳川家康が考えた江戸の都市計画は、ここでも参考になりそうです。新しくお店を始めようと考えているみなさんは、物事を点や線で見ては失敗します。必ず面で判断するようにしましょう。


なお、風水にも手遅れはあります。現在、負の環境にいる人は改善に着手するか、あるいは逃げ出すか、いずれにしてもアクションを起こすのは早いほうがいいですね。