top
以前、TV局から「番組で風水の話しをしてください」との依頼を受け、お話をさせていただいたことがありました。そのプロデューサー氏は、バラエティ番組でお馴染みの風水を期待していたようです。しかし、彼の期待は見事に裏切られます。こっちも大阪の人間だからサービス精神はあるんだけど、打ち合わせの時に、「どういう話をすればいいですか?」って聞いたら、「普段通りでいいですよ」って言うもんだから・・・ 。その後何度かアドバイスの依頼はありましたが、番組企画として声が掛かることはありませんでした。他にもFMラジオ局で何度かお話しをさせていただいたのですが、やはり彼らの考えている風水とは違うようで、うまく噛み合いませんでした。


まあ、当然といえば当然です。プロデューサー氏が「何冊か本を読んで勉強しました」といって取り出したのは、テレビや雑誌で顔を売りまくっている、自称風水先生の本でした。彼らが何をもって風水と考えているのかは一目瞭然です。分かってるんなら話を合わせればいいのに、なんて自分でも思っているんですけどね。今度話しが来たらうまくやろう ・・・もう来ないと思うけど。
では本題の方位についてです。なぜテレビの話しをしたかといいますと、かのプロデューサー氏をはじめとして、ほとんどの方がいとも簡単に、『北がこっちだから西はこの辺り』といった感覚で方位を見ているからです。風水でこの考え方は危険です。お遊び風水ならいいのですが、本気で風水を使おうとするのであれば、きっちりと方位を調べなければだめです。



337.6度 22.5度
北東 22.6度 67.5度
67.6度 112.5度
東南 112.6度 157.5度
157.6度 202.5度
南西 202.6度 247.5度
西 247.6度 292.5度
西北 292.6度 337.5度
そこでまずは基本となる八方位それぞれの角度を、右表に数字であらわします。真北は0度です。こうしてみると結構細かいですが、小学校で使った分度器がひとつあれば大丈夫ですね。               



風水鑑定をお申し込みいただく方に、『図面に寸法は不要ですが、縦横の比率はできるだけ正確に書いて下さい』とお願いする理由が、この表をご覧になればわかると思います。








■方位の概念

地球が磁石であることは誰でも知っています。方位磁石が常に一定の方角を指すのはそのためなのですが、なぜ地球に磁場があるのでしょう。地球の中心である内核は、鉄とニッケルの固まりでできています。その内核を取り巻いているのが外核ですが、ここは溶けた鉄とニッケルです。つまり地球内部は電子をいっぱい持った金属でできているわけですね・・見た訳ではありませんが。その溶けた金属は地球の自転によって対流し、それにともなって電子も動いて弱い電流が流れます。電流が流れると磁場が発生します。小学校の理科で習った記憶が甦りますね。その結果、地球は長さ約1万2800キロメートルの棒磁石になる、ということになります。


さて、この巨大な棒磁石のおかげで南北ができるのですが、一般に北といえば北極点を指します。ここを軸として地球は左回り(北極上空から看た場合)に自転しています。地図も北極点を真北として表示しています。しかし方位磁石が指す北はちょっと違います。磁石を持って北に歩いて行っても北極点にはたどり着きません。この北極点と磁石の指す北(磁北)のズレを磁気偏角(偏差)といいます。磁石の指す北は今のところ北緯73度・西経98度ぐらいといいますから、カナダの北の方ですね。ついでに南は南緯70度、東経145度ぐらいでやっぱり南極大陸の中心からはずれています。


この磁気偏角は時間とともに変化します。ちなみに200年前は偏角0度でした。しかし、これはまだかわいい方で、長い歴史の中では何度も地磁気の反転現象が確認されています。反転現象とは北極と南極が逆転するということですね。その原因はまだ解明されていないそうですが、確認はされています。どうやって確認するのかというと、冷えて固まった溶岩や、湖に堆積している砂鉄などにその時代の地球磁場が記録されているとのことです。固まった溶岩は熱残留磁気の方向と年代を調べることで、砂鉄は湖などに沈殿していく過程で、地磁気に帯磁して堆積していくので、その方向と年代を調べれば、その時代の地球磁場の方向がわかるのだそうです。言われてみればなるほどと思いますが、そういうことを考えつくとはさすが専門家です。この方法によって過去200回ぐらいの南北反転現象があったことが確認されています。最近では70万年ぐらい前にあったとのことですが、当時の観測記録もなければ体験者もいないので、どんなだったかは分かりませんが、たぶん当時の生活に不具合はなかったと思います。


しかし、この逆転現象がなぜ起きるのかは分からないそうです。現在の私たちが体験する可能性はなさそうなので、気にすることもないでしょう。現在無数の有力な説があって、科学はそれをひとつひとつ立証していきます。地球はまだまだ未知の惑星ですね。


bass_l01.gif 550x15 2.29KB


本題に戻ります。
風水の基本となる気は地磁気に連動します。しかし地図と実際の地磁気の流れは一致しません。地磁気は常に変化し、交通システムや都市の人工物によって予測不能の変化をします。家の外と中で磁石の針が指す方位が違うことも日常茶飯事で、ひどい時は方位磁石の針はぐるぐる回り続け、西も東もわからなくなります。


風水では羅盤という方位磁石を使います。ご覧になったことがあると思いますが、無数の文字や数字が同心円上に配置されている魅力的なデザインですが、要は正確な方位磁石による手動計算機です。しかし、太古の昔より使われてきた羅盤には「奇針」という、計算機以外の利用方法があります。羅盤の磁針がグルグル回り続けて止まらなかったり、フラフラと安定しないなど、針が異常な動きをした時の判断を述べたものです。これは普通の方位磁石の針でも同じなので、羅盤がなくても試すことができます。


この状態は風水では鑑定不能であり、最悪の状態を意味します。磁針の状態によって判断は異なりますが、太古の風水教科書によると、針の異常な動きが示すものは、地中に死体が埋まっているとか、自殺者があった場所とか、あるいは何らかの有害なものが埋まっているなどの説明が並んでいます。つまりはそこに住んではいけないと、非常に強い口調で警告しているわけです。地下の状態がどうなっているのかは分かりませんが、ひとつだけ確かなことは、そこは地場が安定していない場所だということです。人間、というか生き物は精密な電気回路といえます。有害だろうが無害だろうが、少なからず外部の電磁気の影響を受けます。どう考えても、異常な磁場の中で長期間暮らすのは良くなさそうですね。


厚生労働省の患者調査では、日本でうつ病の治療を受けている人は平成20年度で100万人以上、潜在的な患者数はおよそ270万人に達するといわれています。その多くが都市部の住人であることを考えると、地場の異常がすべてとは言いませんが、環境が人間に及ぼす影響の大きさを無視することはできないでしょう。古代の経験科学も軽んじるなかれです。余談ですが、個人的には携帯電話の基地局が気になってしょうがないのです。被爆するのは何も放射線だけではありませんから。




■まとめると以下の三項目です
@方位のずれはいいが、方位磁石の針が安定しない場所に住んではいけない。
A方位を定める時は実際に方位磁石を使ってチェックすること。
B方位の境界線付近は緩衝地帯として使わないこと。北と北東、北東と東といった各方位の境界線のことです。


以上です。


余談ですが、羅盤について思い出したことがあります。以前、読者の方から『羅盤は魔除けになると言われたのですが・・・』とのご質問をいただいたことがありました。どこかの風水先生に、羅盤を魔除けとして買うように勧められたとのことでした。確かに羅盤はグラフィカルで魔法陣のような緻密さがあって、なんとなく効き目がありそうです。しかし羅盤はあくまでも方位を測る道具であり、アウトドアショップで売っている方位磁石と同じです。一般の方位磁石と違う点があるとすれば、換算表のような機能を持っていることです。道具に護符やパワーストーンのような効果はありません。もっとも、護符やパワーストーンにそんな効果があるのか、はなはだ疑問ですがほどほどにしておきましょう。