*
前 編 / 後 編    
あなたの周りに突然『神サマ』に変身する人はいませんか。あるいはいきなりコーンと鳴いて部屋中を飛び跳ねたり、蛇のように身をくねらせてのたうち回るような人・・・いませんか。そうです、これらは『憑依(ひょうい)』という現象です。代表的なものが『キツネツキ』ですね。他に蛇やタヌキ、ネコ、あるいは人間の生霊や死霊、先祖霊などがツキモノベスト10に顔を出します。ニワトリや豚が人に取り憑いたという話はあまり聞きません。不思議ですね。


今時キツネ憑きなんて・・・と思うでしょ。ところがこれが現在でも、全国各地で発生しているのです。ただ、死亡事件や重大な事件に発展しない限りニュースにはならないので、なかなか我々の耳に入ってこないだけなのです。


さて、この憑依現象、つまりツキモノには最低二人の人間が関わります。狐憑きの場合はおキツネ様に憑かれた憑依者と、そのツキモノと対決するエクソシストです。エクソシストは日本の場合、霊能者・陰陽師・祈祷師・各種宗教関係者・ゲゲゲの鬼太郎?他のみなさんであります。ツキモノというと大抵の方は田舎の話と思うでしょ。でも怪しい人も含めて、これら異能のみなさんがいちばん多くお住まいなのが東京なのです。エクソシストはサービス業なので、人が大勢いなければ商売にならないからです。東京とその周辺に限ってみれば、もはやサービス業というジャンルを超えて、第三次産業全体に及ぶのではないかと思えるほど充実しています。


では、憑かれる方を見てみると、これは時代によって憑くものに変化がみられます。生霊・死霊・キツネ・タヌキ・蛇・猫などは時代や地域に関係なく登場するものですが、他にも地域固有のスターがいて、大分県や高知県などは『犬神』、群馬県では『オサキ』などががんばっています。現代の新しい憑き物としては、パソコンや宇宙人などが目を引きます。表現的には『なんとか星』のなんとかという宇宙人と交信したり、UFOに誘拐されて体内に金属チップを埋め込まれ、意識をコントロールされるというのが一般的?でしょうか・・・。 専門家はこれを『宇宙イタコ』と言うそうです。こういう言葉があること自体驚きです。コンピューターの場合は人格の支配や、機械に取り込まれるというのが標準的パターンです。言葉や表現方法こそ違いますが、死霊が取り憑いて神懸かり的発言をしたり、動物霊に支配されるのと同じと考えていいでしょう。


憑き物の変化にともなって、エクソシスト側も体裁を変えてきます。かつての拝み屋さんが、現代では陰陽師や霊能者、あるいは宗教者として登場します。真面目な宗教者の陰で、一部の新宗教や新新宗教、そしてカルト教団に代表される超宗教などの、活動しやすい環境が都市にはあります。もっとも、伝統ある宗教教団にもイカサマがいるから話はややこしくなります。もっとも、本人がそれを装っているだけで、本物かどうかは分かりません。本物だったら本山が放っておかないとは思うのですが・・・。 これはメディアにも責任があるのですが、まともな寺の坊主がランボルギーニ乗り回して、自分の顔写真を寺で売ったりはせんよ、ホントに。


しかしながら、現代の憑き物(妖怪)ブームを支えているのはデジタル世代の若者達です。心霊スポットなる名所が日本全国に誕生し、それに便乗するかのように坊主も占い師も霊能者となってブームを焚き付けています。手に負えませんね。


ちょっと寄り道です〜
妄想というものがあって、これがなかなかやっかいな働きをします。例えばあなたが彼女と待ち合わせをしていると、彼女が血相を変えて走ってくる。あなたの顔を見るなり、「ボーリョク団に追われているの!逃げなきゃ!!」なんて言われたらあなたはどうします? 取りあえず彼女を連れて、このピンチを脱出しようとするでしょう。でも現実には彼女は誰にも追われていなかった。もし、医者がいたら、彼女は妄想症か妄想型精神分裂症と診断されるのですが、彼女を連れて脱出を図った時点で、あなたも彼女の妄想を共有したことになります。見方によってはこれも一種の憑き物で、規模が大きくなると集団ヒステリーと呼ばれます。修学旅行でクラス全員が同時に幽霊を見た!なんてのがそうですね。


問題はこの集団ヒステリーを作為的に演出するプロがいることです。集団心理を利用したSF(催眠)商法や、カルト教団得意のマインドコントロールです。これは、プロの手に掛かったら100パーセントの確立で逃げることは不可能です。その気にさせて品物を買わせる程度のマインドコントロールであれば、一時間もあればじゅうぶんです。数週間もあれば人間を根本的に洗脳することも可能です。アメリカではベトナム戦争の時、大勢の若者が新兵として戦場に送り込まれました。昨日までアメリカングラフィティの世界にいた若者達です。軍隊は彼らを数週間で殺人マシーンに作り替えました。彼らが生きて祖国の土を踏むためには、それも仕方のないことだったのでしょう。つまり人間は知性があるがゆえに、洗脳されやすい生き物なのです。タラバガニを洗脳するのは不可能です。かつてのオウム真理教が、優秀な若者の人格を破壊して洗脳するのはたやすいことだったのです。


コックリさんも同じで、深入りすると精神科医のお世話になりますので、ほどほどにしておきましょう。くれぐれもご注意くださいね。


まだ続きます。
  
後 編
憑き物の別バージョンに背後霊や守護霊というものがあります。よく聞くのが、「おじいちゃんが守護霊として憑いている」とか、「先祖供養をしていないからだ!」などと言うのがあります。これらは都市部に多く見られる憑依現象で、原因はキツネやタヌキが身近にいなくなったための別バージョンです。不思議だとは思いませんか。本来、人間に憑依するモノがいなくなれば、ツキモノ自体が消滅するはずです。しかし、現代人はケモノに代わって水子やご先祖様、神仏や宇宙人まで引っ張り出してきます。まるで自ら取り憑かれたがっているかのようです。


原子力発電所や宇宙開発など、現代科学の最先端の場にも神棚が祀られている日本です。いや、欧米には十字架というものがありました。人間の考えることはどこも大して変わりません。人間にとって宗教が不可欠というのは十分に理解できるし、限界を知っている科学者や技術者にとって、最後の頼みは陣地を越えた存在というのも理解できます。しかし、御守りを握りしめた機長が操縦する飛行機には乗りたくないと思うのは、私だけでしょうか。


現在の妖怪ブームは憑き物ブームでもあります。歴史上、日本で憑き物がメジャーになったのは江戸時代です。それ以前にも憑き物は存在したのですが、どちらかといえば、キツネやタヌキに化かされたり、妖怪に脅かされたという話が多いようです。江戸といえば、あの大妖怪ブームです。時代の転換期と閉塞感、現在と同じ状況下に憑き物はある種の現実逃避として日常化していたようです。


では、現実問題として何かに取り憑かれた心やさしき人々が、煙でいぶされたり、棍棒で叩かれたりしないためにはどうすればいいのでしょうか。これはもう、ちゃんとした精神科医の治療を受けるのが、もっとも安全で確実な解決法です。ちゃんとというのは、中にはどうしようもない先生もいるからです。


普通は取り憑かれると、正常な状態から突然おキツネ様に変身することになります。この場合、自分が変身している時のことを覚えているか、覚えていないかによってふたつに分類することができます。まず、完全に人格が入れ替わってしまい、狐に憑依された認識がなく、もとの自分に戻った時もまったく記憶していない場合『Aタイプ』と、本人が狐に取り憑かれたと認識し、その狐に命令されることにより、自分の意志とは関係のない行動をさせられる『Bタイプ』の2パターンです。また、取り憑かれている時間は数分から数年間までと差があるのですが、長期に及ぶものは、狐に操られていると認識しているBタイプが一般的ですね。


ではこれらの症状は精神医学で認知されているのでしょうか。実はちゃんとした病名があるのです。症状によって何種類にも分かれるのですが、非常に大雑把に分類すると、憑依の認識のないAタイプはヒステリーや祈祷性精神病(きとうせい)などと呼ばれます。祈祷性精神病とは自己暗示性の精神的な異常で、例としては加持祈祷などによって引き起こされる妄想や人格変換などをいいます。二重人格もAタイプに分類されるのですが、最近はより複雑な多重人格が人気のようです。


次にBタイプですが、これは精神分裂病になります。現在は統合失調症と呼ばれますが、これは精神科医にとっては日常的な病気になります。つまり医者にとって、狐ツキとか多重人格などは多くの精神疾患の症状のひとつでしかなく、現代医学による治療でほとんどは治癒する病気なのです。だからみなさん、もし狐や白蛇に取り憑かれたら精神科にいきましょう。どうしても霊能者のところに行かないと不安だという人は、病院のあとに行くようにしましょう。でもたぶん病院に行った方が費用も安いし、肉体的にも楽ですよ。それに今では昔と違い、精神科は内科と同じくらい一般的な診療科です。ぜひ、相性の合う先生を見つけてください。


ついでながら人気の臨死体験も、精神医学的にみると自我の意識障害だそうです。知り合いに精神科のお医者さんがいる方はぜひ質問してみてください。きっと納得できる説明が聞けると思いますよ。




ということで、思いつきで始めたキツネ憑きのお話しですが、ドジョウやニワトリに憑依されるとカッコ悪いので、どうせなら世間が認めているモノに取り憑いてもらえるように努力しましょう。