*
お墓は信仰が形になって現れた宗教行為です。普段、神仏には無関心な人も、それが身内のこととなると気になるものです。本当の無神論者はまだまだ少数ですね。


かつての風水文化圏では、権力者の墓を暴いて龍脈を断ち切り、その一族を根絶やしにしようとするのは珍しいことではありませんでした。権力者の墓はそれ自体が強力なパワースポットであり、遺体は国家の守り神です。それが民間にも伝わり、子孫の繁栄をご先祖様にお願いするようになったわけですが、これを過去の迷信と笑い飛ばせないのも事実です。現実に毛沢東やホーチミン、レーニンなどの遺体は永久保存されています。わが国ではそのようなことはしませんが、天皇は今も火葬ではありません。徳川将軍も埋葬というよりは、安置されているといった方が正しいですね。しかし、ロシア政府は以前からレーニンの遺体を撤去したがっています。近い将来、撤去される可能性が大きいのですが、ロシア政府、というよりもプーチンが彼を排除したがる理由は・・・いろいろあるんでしょうね。


おもしろいことに国家の守り神となったご本人達は、みんながみんな守り神になることを望んだわけではありません。ホーチミンは自分の遺体を火葬にするように遺言し、北朝鮮の金日成も火葬を望みました。しかし、息子の金正日によって守り神にされ、その金正日も父と同じ火葬を望んだものの、息子正恩によって守り神にされてしまいました。わが国の今上天皇(現在の天皇陛下)も、火葬が希望と発言されて国民を驚かせた・・・というか、みんなあまり意味が分からなかったみたいですね。女系天皇と女性天皇の違いも分からないのが皇室典範を論議する国だから、我々がわからなくても仕方のないことです。




アジアの風水文化圏では、今でも風水師に大金を払って良い地を求め、豪華な墓を造る富裕層がたくさんいます。親を敬うという気持ちも勿論ありますが、一門の繁栄という利己的な意図が見え隠れします。こういったことに熱心なのはやはり道教系風水であり、吉地選定をするのも、風水師というよりは道士といわれる人達が多いようです。その結果、良い墓を求めて国土は蚕食され、墓地の価格は高騰し、投機対象となり、あげくの果てに墓地詐欺まで横行する始末です。その一方で財力のない人々は吉地を求めることができず、泣く泣く荼毘にふすことになります。


風水において陰宅(墓)とは土葬であり、火葬は論外です。火葬にすれば吉も凶もなく無になります。そのため、凶地に葬るぐらいなら火葬にするということになります。言い換えれば、火葬にすれば骨は土に帰すもよし、海にまくのも良しとなるのです。


世界的に見ても、現在は火葬を奨励する国が増えています。火葬は本来、仏教徒の葬法とされていますが、宗教的な理由ではなく、衛生面と国土の有効利用、そして社会現象にまでなった墓地詐欺の撲滅といった事情によるものです。しかし、こればかりは政治主導で強権発動というわけにはいかず、社会的に影響力をもつ指導者の葬儀で火葬や散骨を実施し、それをお手本に国民に火葬を奨励しているようです。死者への弔いは民族の文化であり、宗教観にかかわることだけに、法で規制して反政府運動にでも発展したら取り返しがつきません。そのため、全体主義国家といえども強権発動とはいかず、地道に啓蒙活動する以外に妙案はないようです。


結局、経済が優先される人間界ですが、『地獄の沙汰も金次第』とか『三途の川の渡し賃』などの言葉があるところを見ると、あの世もこの世も大して変わらないのかも分かりませんね。


墓地や陰宅風水については、古代より賛否両論渦巻いており、賢明なる先達はなかなか説得力のある論陣を張っています。「親は子の幸せを願い、手を取り導こうとしても思い通りにならないものを、死んだ親が子や孫に何ができるというのか」と言い、また「重罪で処刑された囚人の家族が、その本人と同じように悶死した例はない」と喝破しています。


すべては死後の世界が前提になるのですが、これについてはやはり迷信といわざるを得ません。陰宅風水は道教がベースですが、日本の墓相は陰陽道がベースになった迷信です。当然の事ながら、お墓のあるなしで子孫に不利益が生ずることはないし、死者があの世で苦しむこともありません。親が死んだ後に、子が親の生前の行いで苦しめられるというのでは、親にとっても子にとってもあまりにも理不尽ですよね。


葬祭ビジネスは業者が客をコントロールできる商売です。我々日本人の多くは仏教徒であり、中でも浄土教が多数を占め、その代表格が浄土真宗です。お叱りを覚悟で浄土教を一言でいえば(一言でいうことに無理があるのですが ・・・)、『信者は死ぬと、阿弥陀様のお迎えで浄土に直行する』というものです。信者が唱える『南無阿弥陀仏』とは、阿弥陀様にすべてをお任せするという意味です。つまり、浄土教の信者は、死ねば即成仏できるのであって、49日間もこの世にとどまってはいないし、六道輪廻で苦しむこともないのです。もちろん、年忌法要もお盆も無用だし、ましてや霊魂なんぞというものがこの世にさまよい出ることもありません。他にも宗派、宗教はありますので、すべてとは言いませんが、日本人の多くは阿弥陀様に待ち時間なしでお迎えに来ていただき、極楽浄土に直行するのです。皮肉なことに、そんな素晴らしい教えのおかげで、近年まで浄土教のお寺は貧乏でした。しかし、最近は違いますね。戒名(法名)についても言いたいことはあるのですが、キリがないので後はご自分で調べてください。


でも、勘違いしないでください。お墓参りや、ご先祖様をないがしろにしてもいいと言っているのではありません。こういったことに対して、真剣に取り組んでいる方には本当に敬意を表するのですが、世間には『ご先祖様の霊』とか『守護霊』などと言って、詐欺同様にお金儲けをする人がいるので、注意しましょうということです。




では、お墓選びはどんなことに注意すればいいのでしょうか。これは難しく考えてはいけません。自分の家を探すのと同じで、明るく風通しがよく、災害の危険性がない快適な環境であればいいのです。そして大事なことは、そこが『違和感を覚えない』場所であることです。住宅探しの注意点でも必ず言うことですが、その場所に行って「理由は分からないけど、何か落ち着かない」とか、「ここにいると気分が悪くなる」といった不快感がある場合は、他の条件がどんなに良かったとしてもそこを選んではいけません。これは本能が警告を発している状態で、すべての条件に優先するものです。


特別むつかしいことはありませんね。つまり、墓相などは気にせず、気分のいいところ、気に入ったところを選べば間違いはないということです。本当は散歩がてらお墓に行って、掃除もしてくるなんていうのがいいのですが、現代では難しくなりました。


手元に昭和53年に発行された墓相の本があります。今から40年近く前に書かれたものです。現在でも通用する埋葬についての知識もありますが、当時はタブーとされていた墓地や墓石が、現代ではおすすめの品として宣伝、販売されています。今やお墓は単なる商品なのです。


昔々の日本では、庶民の遺体は野や山にそのまま捨てられました。その後、葬儀は儀礼として一般化しましたが、明治以降は随分と様変わりし、特にここ数十年で大きく変化しました。伝統やしきたりといったものは無視され、死はビジネスになってしまったのです。経済原理で変化する儀礼であれば、自己の価値判断を優先しても間違いではないということです。いちばんの問題は、仏教に携わる人たちの意識です。彼らにとって、ルターの宗教改革は人ごとではないと思うのですが ・・・ええかげんにせえよぉぉぉ〜でございます。