*
梁 ...ハリです。


古民家では立派な梁がドンと建物の真ん中を通っていて、一目で分かりますが、現代の住宅ではほとんど梁はみえません。材料や工法が進歩(・・本当に進歩なのか?)したおかげですが、マンションやビルの場合は、構造的に大きな梁が室内に張り出している場合がよくあります。天井部の出っ張っている箇所ですね。これが問題になります。


梁の出っ張りはその下の空間を圧迫し、そこにいる人の健康に影響を及ぼします。もちろん悪い影響です。最初は心理的な圧迫から始まりますが、日常生活でストレスなどのダメージを受けている人は、それに追い打ちを掛けることになります。疲れて家に帰ってきて、もっとも解放されるはずのリラクゼーション空間が緊張の場であっては、家庭の幸せなんぞ望むべくもありません。私は一人住まいだから大丈夫・・・と思うなかれ。家で疲れを癒せないということは、会社や学校へ行っても満足な仕事も勉強もできません。そうなると、「自分はだめな人間だ〜ぁぁ」と思い始めるまでにそれほど時間は掛かりませんね。


そうならないための方法は簡単です。この梁の下にいないことです。簡単ですね。間違っても盛り塩セットや水晶玉を注文しないでください。マンションではこの梁の下に、ベッドや食卓テーブルを置いてはいけません。ソファなども置いてはいけません。


事務所やオフィスでは、梁の下に社長のデスクを置くのはもちろん、社員のデスクも置いてはいけません。それぞれの人が能力を発揮できないばかりか、ミスやトラブルが頻発し、やがて大きな事故に発展します。これって、どこかで聞いたことはありませんか?そうです、『ヒヤリハットの法則』です。正式には『ハインリッヒの法則』ですね。大きな事故の原因を調べると、それが起こる前に29件の小さな事故があって、それは300件のヒヤリハット、つまり、「あ〜危なかったぁぁ」から発生するという法則です。今から80年も前にアメリカ人が考えた法則が、現代の労働現場の災害防止マニュアルの教科書になっています。恐るべしアメリカ人・・・よりもずっと昔に風水は「だめよ」と言っていたのですね。




ちなみに、道教風水や占い風水ではこういった場合、竹笛を壁に掛けて空間を押し広げるとなるのですが、日本観気研はもっと簡単で、『梁の下から移動する』だけです。梁の下は本棚やテレビなどの収納スペースでもいいし、空けたままにしておいても構いません。また、二重天井にする方法もありますが、これは簡単ではないし、天井高も低くなるのでお薦めしません。


危ないところには近寄らない、というのが風水の原則です。だから、梁の真下で生活をしないことです。なお、通常は梁の下に三ヵ月いたら、もとに戻るのに三ヵ月掛かります。処置は早いほうが良いですね。マンションやオフィスなど、ビルにご入居されている皆さんはご注意くださいませ。