*
昔々はゆったりとした日本国でありましたが、現代ではそうも言ってられません。価値観の変化にともない土地は金融商品となり、10cmといえども無駄にはできなくなってしまいました。こういうのを、せちがらい世の中と言うのでしょうね。そうなると、住宅地の造成や、ある程度の広さがある土地は、効率だけで分筆や区画割りをされてしまいます。そして変形地が誕生します。


造成地などてよく見るのが、旗竿地と呼ばれる通路方式の土地や三角形(四角くない形)の土地です。また、奥行きのある土地に家を二軒建てるために、後ろの家の土地を通路方式にすることもあります。理想的な地形は正方形に近い四角形ですが、今やそんな土地を手に入れるのは至難の業です。


旗竿地で懸念されるのは、対外的な活動に対する悪影響です。社会生活において自己のパワーをじゅうぶんに発揮できず、日常生活でいわれのない誤解や中傷を受けたり、仕事面でもなかなか正当な評価を得られない悩みなどが生じます。土地の広さや通路部分の状態、周辺環境によって症状は違うため、何がなんでも絶対アウトということではありませんが、やはり土地を購入するさいは検討対象から外したいですね。


しかし、それより悪いのが三角形の土地です。一辺の角度が90度以下の鋭角を持つ土地ですが、そういった土地は住む人の精神を圧迫します。家庭内の不和や、社会での対人トラブルなどから始まり、居住年数の長さに比例して悪化します。原則として三角形の土地は、風水でも改善が望めるものではありませんので、こういった土地に建つ住宅は、購入に限らず賃貸でも避けるべき住宅だと思ってください。