■玄関正面の障害物
陽宅風水では、対象となる建物が時間の経過にともなう気の変化に対応できているか、建物の間取りや配置は適切か、周辺環境の状況は、そして、それを使用する人各々の適合性などから総合的な診断をしていきます。しかし、そんな複雑多岐にわたる風水の診断項目の中にも、誰が見ても一目瞭然、大変わかりやすい診断項目があります。これは、ほとんどの建物や環境に共通する基本的な禁止事項なので、誰でも間違うことなくチェックすることができます。そこで、このコーナーではそれら基本的禁止事項を、その対処法とともに順次ご紹介していきます。ぜひ、あなたも身の回りをチェックしてみてください。


玄関正面の障害物
今回のトラブルは玄関前の障害物。つまり、玄関を開けたら正面に立っている電柱や街灯などのことです。他にも信号機やいろいろな標識、電話ボックスなどが玄関正面に立ちふさがっている場合も同様です。


まず、玄関というものを考えてみましょう。店舗でも住宅でも、ビルでも、玄関はその家に住む人と社会との接点です。人の体でいえば顔に当たる、とても重要な場所です。ある職業の人によれば、玄関を見ればその家の家族構成や生活状態、収入などが大体は把握できるといいます。勿論、何らかの理由で作為的に演出している人は別ですが・・・では、玄関部分に問題のある家に住むと、どんな影響があるのでしょう。この場合は住む人の対外的な活動力の低下がもっとも懸念されます。また、玄関周辺が散らかっていたり、雑多なものを積み上げたりしていると、地域や近隣との関係に悪影響を及ぼすことにもなります。もちろん、住む人にとって精神的にも大変よろしくないのです。




さて、玄関の前に立ちはだかる障害物についてですが、その障害物が小さかったり、玄関との距離が離れていればさしたる問題はありませんが、大きいものや直前にあるものは要注意です。もし、玄関正面に立ちはだかっているのが、歩道橋や電話ボックスなどであれば、かなり厄介な問題になります。では、こういった場合の対処法にはどのようなものがあるかというと、次の五つの方法が一般的です。


(1)障害物を撤去する
(2)玄関の位置を変更する
(3)門扉を玄関ドアと一直線にならないようにずらして造る
(4)障害物に向かって玄関に八卦鏡を掛ける
(5)玄関周囲に木を植える


すべて風水の常套手段ですね。
では、順番に見ていきましょう。「それができれば苦労しない」という声が聞こえてくるのが(1)ですね。また、増改築をするのであればともかく、そうでなければ(2)(3)も現実的とはいえません。では(4)の方法はどうでしょう。「八卦鏡ってなんだ? どこで売っているんだ? 手に入ったとしてもそんなものを玄関に掛けたくない」ごもっともです。そこで一番現実的な(5)の方法で対処することにしましょう。風水では環境をコントロールするときによく植物を使います。もちろん生きている植物です。造花やドライフラワーではありません。こういった場合に使う木は、葉の広いものではなく、尖ったもの、とげとげしている木がいいのですが、樹木の種類をあまり神経質に考えるのはやめましょう。昔から家の西側はこの木で、東にはこの木がいいなどと言うのを聞きますが、常識的な庭木であれば問題はありません。              
右の図を見てください。
まず(A)の位置です。ここは生け垣が理想的です。(B)の位置には木を植えましょう。この位のスペースだと何本もの木をびっしりと植えるのではなく、一本か二本でOKです。そして、できれば(C)の位置に門がほしいところです。敷地を区切るのが目的ですから、立派なものでなくてもいいのです。門を付けないときは玄関ドアの内側か外側の、邪魔にならないところに植木を一本置いてください。大きめの観葉植物の鉢植えがいいでしょう。
さて、一通りできたところで全体を見てください。バランスは取れていますか。大切なことは建物や周囲の環境とのバランスです。ただ植えればいいというのではなく、違和感のないように注意してください。そして、ちゃんと世話をすること。あたり前のことですが植物は生き物です。手入れもしないで植えっぱなしというのが一番よくないのです。植物は環境の調整、気のコントロールにたいへん効果的な働きをしてくれるので、可愛がってあげてください。


人の心さえも蝕む現代の環境汚染も、もとは経済優先で自然を破壊してきた結果です。地球にやさしいなどというキャッチフレーズが、人間の驕りのように聞こえてしまいます。