王 朝 名 時  期 概        要
三皇五帝  〜前2700 三皇とは伏羲、神農、軒轅のことで。五帝は黄帝、高陽、高辛、堯、舜をいう。神話の時代
 前2000?〜前1600 史書には記されていたが、その存在が確認されたのは最近のことである
商  [殷]  前1600〜前1046 近年、殷墟の発掘により実在が証明された。正式な王朝名は『商』といい、商人という言葉はここから生まれた。『殷』は商最後の首都の名
周  [西周]  前1046〜前771 太公望を軍師として商を倒した武王による王朝。『礼』を政治の中心に、封建制度を確立する
春秋時代
[東周]
 前771〜前403 異民族の侵入により、洛邑に遷都した後の周を東周という。しかし、国力は低下し諸侯が勢力を拡大した時代
戦国時代  前403〜前221 周は凋落し、諸侯が覇権を争う群雄割拠の時代
 前221〜前207 秦王・政が天下を統一して作った王朝。自らを「皇帝」と称した。強力に独裁的政治を推し進めたが、最後は反乱によって崩壊した

[前漢=西漢]
 前202〜後8 劉邦が樹立した王朝。項羽と劉邦の戦いは戯曲で知られる。「史記」を書いた司馬遷はこの時代の人
 8〜25 漢では暗君などが出て外戚である王莽が力をつけ、最後は帝位を簒奪する

[後漢=東漢]
 25〜220 劉秀(光武帝)が乱世を再統一して樹立した王朝
三国
[魏・呉・蜀]
 220〜280 後漢の衰退後国家は分裂し、三国に集約された「三国志」の時代。曹繰、劉備、孫権、諸葛亮(孔明)などが有名
晋  [西晋]  280〜317 三国志で有名な司馬懿(仲達)の孫が統一した王朝。内紛により短命に終わった
東晋十六国
[五胡十六国]
 304〜439 晋の内紛により国は乱れ異民族が蜂起し、各地で国家が乱立した。晋は滅亡後、南で亡命政権を誕生させる。その結果、北の異民族と南の漢民族という二大勢力図ができた
南北朝  439〜589 北を統一したのは北魏。南の東晋は軍閥の台頭により政権が交代、やがて戦乱へと発展していく。北魏も分裂し北も三度分裂時代になる
 589〜618 楊堅が戦乱を平定し統一するが、息子の楊広(煽帝)の時代に滅ぶ
 618〜907 初代皇帝は李淵。皇帝を頂点とした中央集権国家を確立。その政治体制は朝鮮や日本にも影響を及ぼす。三百年近く続いた統治も、やがて皇帝の権威が失墜するにつれ国力も衰退し滅亡へと至る
五代十国  907〜979 有力な節度使や行政長官が自分たちの支配が及ぶ土地で、自ら「王」と称して国家を樹立。国内の乱れにより多くの高官や文人、芸術家たちが唐から地方に避難した
宋  [北宋]  961〜1127 趙匡胤による王朝。仁政を施し、芸術や学問への造詣が深い歴代皇帝によって、芸術、文化、科学は発展し国は栄えた。羅針盤や算盤が発明され、天文観測も発展した
 916〜1125 北方の異民族国家。宋とは燕雲十六州を巡り領土争いを繰り広げた
 1115〜1227 女真族の国家。遼を滅ぼした後、宋にも攻め込み長江以北を支配した
宋  [南宋]  1127〜1279 長江以北を金に奪われたため、南部へ遷都し趙構が統治した
 1127〜1279 チンギス・ハーン率いるモンゴル民族は、金、南宋をことごとく滅ぼし帝国を樹立。漢民族はモンゴル民族中心の差別政策に苦しめられる
 1368〜1644 元帝国を倒し、朱元璋(洪武帝)が樹立した漢民族による王朝。経済、文化ともに開花した輝かしい時代であり、中国の大航海時代でもある
 1644〜1912 1790年後半から各地で続発した反乱は清王朝を弱体化させ、1840年のアヘン戦争によって国家は崩壊する。その後も国内は乱れ、1912年の辛亥革命により王朝は消滅する