** 【月刊風水】 top page 風水講座目次にもどる
“風水”の語源については諸説ありますが、一般的には晋(しん)代の学者であり文人でもある郭璞(かくはく)が編纂した、葬書の一節からというのが通説です。時あたかも、晋が内紛によって破滅に突き進んでいた頃であり、新たな動乱の時代を迎えていました。今を去る1700年ほど前のことです。


それ以前も風水という呼び名こそなかったものの、都市計画や住宅建設、また墓地などの選地、相地は盛んに行われていました。それが急速に普及、発展したのが漢の時代です。普及したということは、言い換えればブームになったということで、これは現在の風水ブームと同じ状況といえます。


つまり、それまではテクノロジーであった風水理論が、ここから先、次々と迷信を創り出し肥大化していったのです。日や方位の吉凶、吉神・凶神や墓・先祖供養における儀礼まで、現代に続くさまざまな迷信・俗信・タブーのたぐいです。現代の「ホントに風水?」の基礎が、二千年も前に確立されたのです。おもしろいですね。


葬書を編纂し、『風水』という言葉を定義したことによって、郭璞は後生の研究者や風水先生たちから「風水の祖」といわれるようになりました。葬書の解釈や郭璞の人物論については諸説ありますが、『風水』というなかなか魅力的な名前を残してくれたことには感謝ですね。
hip02s.gif 82x31 1.36KBok ?
【月刊風水】 top page 風水講座目次にもどる