** 【月刊風水】top page 前ページにもどる
古来より風水は陰宅と陽宅に大別されてきました。陰宅は死者の家、つまりお墓であり、陽宅は生きている人が使う建物のことです。しかし、現在の日本において陰宅風水はすでに過去の遺物であり、無用の長物といっていいでしょう。そうなった理由が99%を超える日本の火葬率です。陰宅風水では土葬が絶対条件です。火葬墓に大金を掛けて、陰宅風水を施すことはナンセンスということになります。


『千の風になって』という歌に、『私のお墓の前で泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません』という歌詞がありますが、まさにその通りです。しかし、土葬であったとしても、死者が生きている人間に影響を与えるなどということが可能なのでしょうか。これについては、これまでにも多くの研究者が否定してきました。先人のこんな言葉が残っています。「親が獄に繋がれ、残酷な刑罰をうけても、その子供の身体に傷一つつくわけではない」、 「親が子に厳しく訓戒しても、子は親の願い通りには成長しない。ましてや土中で朽ち果てていく死体に、どうして子孫に福をもたらすなどというようなことができようか」と。なかなか説得力があります。


ところが、今でも多くの人が信じていないにも関わらず、墓や死後の世界なるものを気にします。守護霊やら先祖の霊などというものが、テレビでまことしやかに語られています。なぜか?それが人間の宗教心であり、本能だからです。新興宗教が次から次へと起こり、心霊商法も後を絶たない理由がここにあります。


というわけで、これをお読みの皆さんだけでも、幽霊なんぞに振り回されるのはやめましょう。もちろん、楽しむだけであれば大賛成です。
石が道具であった時代、洞窟から這い出した我らがホモサピエンスは、竪穴住居を作りコミュニティを形成しました。原始集落の誕生です。人類は一人で生きていけるほど強くはないのです。やがて、集落では農耕や牧畜といった生産活動が始まります。生産技術が向上してくると、不思議なことに気がつきました。同じ森の中に、木の実がたくさん採れる場所と採れない場所があること。隣どうしの畑なのに、収穫量に差があること。飼う場所によって仔を生む数が大きく違う家畜など、自分たちの理解を超えた現実です。原因は分からないけれど、収穫量は多い方がいいし、家畜の数も多い方がいい。親はその体験を子供に伝えます。


やがて村の人口が増加すると、自然発生的にリーダーが生まれます。それにともない、親から子に引き継がれていた『生活の知恵』は、共通の目的と価値観により、村の掟として定着していきます。家を造る場所、死者を葬る場所、耕作に適した場所など、体験から得られた情報は、村のルールとして受け継がれていきます。これが風水の原点です。


順番から行くと、風水は生産性の向上や住環境からスタートしました。生きている者が優先なのはいつの時代も同じこと。かつて死体は生ゴミと同じ扱いでした。ただし、獣を引き寄せる餌にならないよう、遺棄する時は場所を選び、埋めるなどの処理はしていました。死に対して人が畏敬の念を抱くようになるのはまだ先の話です。弔うという行為には文化が必要なのです。陰宅風水が陽宅風水と比べて宗教的で、迷信や伝承と深く関わりを持つのは、こういった下地があるからなのです。
hip02s.gif 82x31 1.36KBok ?
人類はここから急速に進歩・発展を始めます。我々の祖先が地上に現れたのは400万年位前(600万年?)です。正しくは祖先というよりも原形というべきかもわかりません。現代において人類進化の過程は未だ解明できていないため、科学的思考による想像や推測に頼らざるを得ないのです。しかし、人類が宇宙ステーションを造るまでに進化したのは、この30万年ほどのことです。速い進化が良いのか悪いのかは分かりませんが、誰でも知っているイチョウは2億年以上も前に存在していました。ギンナンは敬意を払って食しましょう。


集落の生産性が向上するにつれて、人口も増加していきます。それに伴いさまざまな分野の専門職が登場します。宗教的職能者、つまりシャーマンと呼ばれる専門職もそのひとつでした。彼らは天変地異を予測し、病気を治し、都市計画(集落計画?)から戦争まで、その言動は村の運命を左右しました。時代は違いますが、日本の歴史上もっとも有名なシャーマンは邪馬台国の卑弥呼ですね。


シャーマンは古くからの慣習や迷信にも深く関与しています。この現代においてなお厳然たる影響力を持ち続ける迷信が、なぜ生まれたのでしょう。人間には「守らなくても罰則があるわけじゃなし、これぐらいなら・・・」というところがあります。いくら「災害防止のため、木を切ってはダメ!」といっても、「一本二本なら大丈夫だべ」という不心得者はどこにでもいるものです。そこで、「ここは神がおわす山で、木は御神木である。切ると一族に災いが起こるぞよ」「天罰が下るぞよ」と言って木に注連縄を張ると、途端に切る人はいなくなります。また、子供たちに、池や沼は危険だから近づくなと、きつく言い聞かせてもあまり効き目はありません。ならば、「この沼は河童の住み処で、子供が近づくと引きずり込まれるぞ」、「ナマズの化け物が棲んでいるから、近寄るな!」と脅かせば、子供は怖がって近寄らなくなります。昔の人間は純粋だったのです。


このような恐怖による人心のコントロールは大変有効であり、現代でも日常的に見られます。その良い例が新興宗教や霊感商法、健康ビジネスであり、死刑制度や飲酒運転の厳罰化も同様の効果を狙ったものです。ということは、火を唯一のエネルギーとしていた太古の人間も、原子力を主エネルギーとする現代人も、本質は何も変わっていない・・・ということになるのではないでしょうか。迷信にもちゃんと意味があったのですね。


さて、血縁による共同体が村に発展したとき、新たな指導者が登場します。それまでの民主的支配者であったシャーマンに代わり、神と直接交信し、神意によって村を支配する人間が現れます。いよいよユーラシア大陸の東に中国最初の王朝が誕生します。
2 - 風水の誕生 【月刊風水】top page 前ページにもどる