例えば、通常の住宅購入のケースです。
建売住宅や注文住宅、中古住宅・マンションなど一般住宅は同じですが、二世帯住宅や店舗付き住宅などは除きます。
1- 物件の選定
立地、土地の形状や周辺環境から、物件の良し悪しをチェックします。これがよくないと、あとでインテリアや色をいくら調整したところで、あまり効果は望めません。逆にここで問題がなければ半分は終わったようなものです。
2- 間取り・プランのチェック・調整
ふたつめの大きなハードルです。もっとも注意しなければならないことは、風水はオーダーメードだということです。そのため、Aさんには最良の風水であっても、Bさんには最悪の風水という場合も珍しいことではありません。
これは家族間でも同じであり、夫と妻で正反対ということもあります。そのため、ご家族内での役割や責任で、誰を主体とした住宅なのかが決まります。基本的には家族の中で実質的に家計を支える人、つまりお金を稼いでくる人が中心になります。ここまでで、問題がなければもう終わったも同然です。
3- 入居
家具・家電品等の配置など、インテリアの最終調整です。前項(1)(2)に問題がなければ、ポイントだけおさえておけば大丈夫です。場合によっては植物や水槽などを利用することもありますが、意味不明の開運商品は不要です。
 上記の風水鑑定のお引き受け条件は以下のようになります
a-期間は着手から完了まで最長6ヵ月です。
最長6ヵ月ですが、上記(3)のご入居・インテリアチェックが終わった段階で終了です。「3ヵ月で終わったから、もう一軒みて」というのはお断りします。あくまでも一案件ということです。万が一、着手から半年が経過しても完了しない場合は、その時点で打ち切るか、新たにお申し込みをいただくかのどちらかになります。
b-料金は20万円です。
ご入金いただくまでは無条件でキャンセルしていただいて結構です。ご入金後のキャンセルはお断りいたします。ご入金いただいた時点、またはご希望の着手日からの開始になります。すべて前金でのご入金になりますが、カード等のご利用はできません。
c-補足
原則として土・日・祝日は休みですが、物件の性質上スピードも必要なので、できる限り作業をすることにしています。なお、まれに出張等で連絡がとれないことがありますが、その場合は事前にお知らせいたします。
ご注意下さい
上記項目の(1)と(2)の段階では、不動産業者やハウスメーカーなどから多くの物件やプランが提示されます。そこから条件に合った物件を探すことになるのですが、中には『全部の物件資料を送るので、風水的に問題のない物件をピックアップしてほしい』『その中から自分の条件に合う物件を検討する』という方もいらっしゃいます。それでもいいのですが、現実問題としてはいい方法とはいえません。

例えば、業者から10件の物件を紹介されたとします。大抵は業者側から提供された物件資料だけでは情報不足です。そのため、情報を追加して資料をお送りいただくのですが、その資料を一目見て、「これ良し」「これダメ」とはいかないのが風水です。

今はPCがあるのでずいぶん楽にはなりましたが、それでも可否を判断するには時間が掛かります。もし、物件数が10件もあるとすれば、その判断だけでも一ヵ月くらいは掛かってしまうこともあります。そうなると、このやり方では半年の期間内に完了することは難しくなります。

ではどうするかですね。
最初に、あなたが必要とする物件の基本条件をお知らせします。それを踏まえて、業者から提示された物件が自分の希望に添う物件かどうかを判断してください。「致命的な問題がなければこの物件を購入する」という物件を選び出すわけです。最終的に2~3物件に絞られると思います。

次に、その物件の写真や図面といった資料を揃えてお送りください。こちらで最終鑑定の結果、問題がなければGOです。しかし、現実にはまったく問題のない物件はほとんどないといっていいでしょう。そのため、問題があってもそれが調整可能であればOKです。

結果が出るまでにはある程度の時間が必要ですが、通常の風水鑑定と異なり、売り主側の都合もあるので、できるだけ早く結果をお知らせするように心掛けています。

ここまでくれば、大きな山は越えました。
あとは各部屋の使い方や家具・家電品のレイアウト、また、エクステリアをどうするかなどの入居準備になります。これから建築する場合は、建物プランの打ち合わせなど、着工前の一仕事が待っています。

以上、大雑把ですが、こういった流れで作業を進めていくことになります。家は大きな買い物ですが、なかなか予定通り、思い通りにはいかないものです。購入者にとっては非常にエネルギーを使う作業です。焦らず急いで、臨機応変に対応していけば大丈夫です。