ちょっと風水の話を 目次 月刊風水トップページ
パワースポットなるもの....
パワースポットなる言葉があります。
そこに行くだけで、パワーを得て、幸運が訪れる ・・・ そうです。なんという短絡的他力本願でしょうw
日本では古来より方違え(かたたがえ)という陰陽道の方術があります。これは強弱いろとりどりの凶神が鎮座する方位へ出掛けるとき、いったん他の場所へ行ってから、本来の目的地へ向かうという方法です。もちろん、最初に出掛ける場所は、そこから目的地が凶方にならない場所を選びます。
問題は最初に出掛けた場所に、どれくらいの時間、滞留しなければならないかということです。陰陽道では目的地が強力な凶神に支配されている場合、仮の場所に45日間滞在してから目的地に向かうとしています。目的地の凶神が最弱だとしても、一日から数日間の滞在が必要でした。つまり、両国から秋葉原に行くのに、「方位がよくないので、今日は上野に一泊して、明日秋葉原に行くから」という感じです。そんなことをしていたら社会が機能しなくなりますね。実際、物の怪に怯える平安貴族は、方位や選日でがんじがらめになり、日常生活さえままならなくなっていました。
あなたはどうですか?会社や学校に、「今日は日が悪いので休みます」なんて言えませんね。多くの人が千年以上も前に陰陽道が作り上げた迷信を、いまでも気にするのはおかしな話です。ならば、風水はと言うと、風水でいう方位は『気』を活用するための方位であり、吉・凶ではありません。
話を戻しましょう。
本来、社寺や名所旧跡はすべてパワースポットでした。つまり、普通の人が住むにはエネルギー状態に問題があるので、岩や木に注連縄を張って神様の宿る場所としたり、神社仏閣や祠を建てたりしたのです。間違えて畑にしたり家を建てたりしないための知恵ともいえます。注連縄張った岩の横に、家を建てて住む人はあまりいませんから。現代ではお寺も神社もビジネス優先で出店しますが、宗教施設とは本来そういうものだったのです。
パワースポットと呼ばれる場所には、人が近づいても良い場所と良くない場所があります。自殺の名所や、事故が多発する魔のカーブなどと呼ばれる場所には、あまり近づかないほうがいいですね。良いパワースポットは、たいていは自然の中にあります。都市部のパワースポットも、非日常的なやすらぎ空間になっています。そういった環境のプラス効果や、森林浴が人に及ぼす有用性はよく知られています。駅前のバス停にパワースポットがないのも理解できることです。
ならば、パワースポットの真っ直中で毎日寝起きしている、高野山や比叡山などのお坊さんは大丈夫なのでしょうか。大丈夫でない人はお寺を去ることになります。修行が辛くて逃げ出すというより、心理的・肉体的にそこに居られなくなってしまう、というのが本当ではないでしょうか。長年そこで暮らす彼らは、やはりその道のプロなのです。
じゃあ、名所旧跡にある、みやげ物屋のおじさんおばさんはどうでしょう。何十年もそこで営業を続けているということは、ちょうどその場所がいいエネルギー状態になっているということです。・・・都合の良い判断をしている?そんなことはないですよ。お坊さんが寝起きする僧坊も、伽藍の配置をみると絶妙のバランスでポイントがずれています。後から改めて検証すると、結果として風水理論に適合していることになります。1メートル移動するだけでエネルギー状態は大きく変化します。まさに風水ですね。日本では陰陽道、密教呪術、風水が合流したため、理論も迷信もペテンもごちゃ混ぜで、複雑怪奇になってしまいましたが、真理はひとつです。
とはいうものの、パワースポットでリフレッシュするのも悪いことではありません ^^
でも、歴史にも少し目を向けてください。明治神宮に『清正の井戸』というものがあるそうです。本当に加藤清正が掘ったものかどうかは不明ですが、人気のパワースポットだそうです。あまりの人気にTVが取材にいき、記念写真を撮っている人に「加藤清正って知ってますか?」と聞くと、「誰?それ」という返事でした。
まあ、パワースポットと歴史は関係ないといえばありませんが ・・・ それでもね ・・・