月刊風水トップページ
『霊』という言葉をよく耳にしますが・・
所 長 「心霊や霊感という言葉が、ずいぶん一般的になりましたね」
平さん 「みんな霊という字が付いてますなぁ」
〜ということで、辞書で調べてみました
【心霊】
肉体を離れても存在する超現実的な心の主体。魂、霊魂と同義。心霊現象は死者の霊魂と生者との交霊現象。テレパシー、千里眼、念動、念写など、超自然的な現象の総称。
【霊感】
霊的なものを感じとる心の働き。また、神仏が乗り移ったようになる人間の超自然的な感覚。
【霊】
人の霊魂。たましい。人間など生き物の体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。古来、肉体を離れても存在し、不滅のものと信じられてきた非物質的な存在。
〜だ、そうです
所 長 「ふ〜ん..辞書にのってるんだ」
平さん 「世間は認めているということですかねぇ」
所 長 「でも、分かったような分からんような・・霊視なんてのはどうです?」
〜ということで、ネット上を調べてみました
【霊視】
人間などの生き物には、肉体に霊が宿り、霊は死後や生前にも存在するとの考えから、生まれつき特殊な能力の備わった者や、宗教的修行によって霊験を得たとする修験者らにより、見たり感じたりすることができるとされる能力。古来より霊能者と自称・他称する人々が多く存在する。
〜だ、そうです
平さん 「さすがにこういった情報は“いんたあねっと”やねぇ」
所 長 「いつから現代人は、そんなに信心深くなったのでしょう」
平さん 「吉本の芸人がパワースポットなんて煽るから、神社やお寺は大賑わい」
所 長 「いいのか悪いのか・・」
〜ついでながら
除霊、または浄霊とは、人や物にとりつき災いをなす悪霊を排除する霊能力または儀式を指す。
もともと浄霊という言葉は、今から60年ほど前に『世界救世教』教祖の岡田茂吉氏が、教団儀式の名称として造語したもの。
これは『手かざし』と呼ばれるもので、病気の急所に手をかざすことによって、病気治癒するというものだ。しかし、その後霊能者なる人達が、浄霊という言葉を別の意味で使い始め、テレビなどの影響もあって、今では悪霊を取り除く行為を指すのが一般的。
〜なるほど。交通事故の現場で、けが人に手かざしした人がいた..なんてことを聞いたことがありますね。でも、悪霊って?
辞書では、『悪霊とは人に祟りをする霊魂。物の怪。怨霊』となっている。つまり、悪霊 = 霊魂 = 霊ということになる。
〜そんなのまで辞書にあるんだ。では、地縛霊や浮遊霊なんてのは?
【地縛霊】
人間または動物が、不慮の事故・事件・戦争などで命を失った際に、その意識や念が特定の場所や建物などに居付いたまま成仏できずにいる状態、と信じられているもの。
【浮遊霊】
昇天や成仏をせず、この世を彷徨い続ける霊を指す。死後、自らの死を理解できない、または受け入れないことでこの状態になるとされているが、実際には超常現象研究家・中岡俊哉が昭和40年代に用い始めた造語であり、それ以前にこの言葉は存在しなかったと言われる。
どうやら『霊』の基本は人間と一部の動物を指すようです。しかし、動物の場合は狐や蛇など特定の動物のようで、カピバラの霊に憑依されたというのは聞いたことがありません。
千年前も現代も、霊や死後の世界をレクチャーしてきたのは宗教です。では、日本の代表的宗教である仏教は、死後の世界をどのように教えているのでしょう?
ちょっと興味がありますね。
次回はもう一歩踏み込んでみましょう。どうなりますか....
(続く)