月刊風水トップページ
お賽銭の話 〜 神様にお金を投げてもいいの??
テレビでパワースポットを紹介しておりました。
その中で神社のお賽銭について話をしていました。論点は「賽銭箱にお金を投げ入れるのは、神様に失礼ではないのか」ということでした。案内役の開運アドバイザー?は「神様に捧げるのだから、お金を投げるのは失礼です。賽銭箱に静かに入れましょう」、というようなことを言っておりました。


本当に?? そこで今回のテーマは『お賽銭』に決定しました。


「お賽銭を投げるのは失礼?」、という問いに対しては、神社もお寺も「お賽銭を投げる行為は問題ありません」とのことです。『感謝する』『捧げる』という気持ちがあれば、失礼にはならないのであります。


昔はお金に災いを付け、それを投げつけることで厄払いをするという民間信仰がありました。お金は災いを取り除いてくれた神仏に対するお供えなので、失礼にはならないということですね。


もともとはお金ではなく、洗った米をお供えして、これを『洗米(せんまい)』といっていました。それが『散米(さんまい)』になり、室町時代くらいからお金になったそうです。それが、現在では『賽銭』になったのですが、『賽』という言葉には神仏へのお礼という意味があります。


結論は、「お賽銭を投げるのは失礼なことではなく、お礼の気持ちでお参りするのが正しい」となります。また、お願いばかりするのは、神様のひんしゅくを買うので、くれぐれも注意しましょう。




ちなみに、賽銭箱の原形は、鎌倉市の鶴岡八幡宮が、散銭が散らばらないように置いた『散銭櫃』ですが、時代は戦国時代とのことです。