<風水開運グッズの正体>
第四回/八卦牌を門口に掛ける
風水文化圏で建物の軒先に八卦牌を掛ける主な目的は、外から家に侵入してくる邪気(凶作用)を防ぐためです。通常、魔は玄関から侵入してくることになっています。そこで、軒先には八卦牌のみならず、効果がありそうなものは何でもぶら下げて、家を死守するのです。軒先に瓢箪や鏡、縁起物の絵やらオリジナルの牌がぶら下がるのはあたりまえ。日用品の鏡から中華鍋まで、まるで七夕飾りです。


中華鍋??そうです、中華鍋とは考えたものです。なんといっても、中華鍋なら裏と表のどちらを使うかによって、凹面にも凸面にも使えるわけですから。この柔軟な思考はすばらしい・・・のかなぁ?


そんなわけで、魔除けのバリエーションは無数ですが、一般的な邪気発生のパターンは次の三つです。
(1)道路が家に真っ直ぐ向かってくる状態。丁字路の突き当たりや、突っこみ道路の突き当たりにある家など
(2)お向かいの家の玄関と、自分の家の玄関が向き合っている場合
(3)家の正面に電柱や街路灯などが立っている場合


こういった環境下にある家、もしくは、邪気に侵されていると疑われる家の主人は、まずプロに相談することになります。プロとは風水師や方士(道士)、法師のことです。方士は道教の方術を執り行う専門職であり、道士は道教の修行者を指すのですが、その境界線はとても曖昧で、明確に区別されているわけではありません。道教の方術は卜筮や奇門遁甲、道教風水の他にも、水の上を歩いたり、空を飛んだり、姿を消したりと、世間で言う超能力は一通り揃っています。しかし、危ない方術もあります。例えば、鬼を思い通りに操ったり、人を呪い殺したりとなかなか凄まじいですね。まあ、普通の人が首を突っ込む世界でないことは確かです。


そして、残る法師は仏教系のお坊さんのことです。西遊記に登場するお坊さんは玄奘(げんじょう)といいますが、俗称は三蔵法師というでしょ。中華文明は仏教だろうが道教だろうが、現世利益という条件さえ満たせばとても寛容です。




さて、こういったプロの見立てによって、不幸の原因が邪気の攻撃によるものであると判明したら、いよいよ対抗策の発動です。


道士はまず家の内外を浄めます。それが終わると、いよいよ門口など、邪気に侵されているところに八卦牌を掛けるのですが、問題はこの八卦牌です。店で買ってきたものを、ただ掛ければいいというものではないのです。邪気に対抗するためには、開光した八卦牌が必要なのです。『開光』とは、例えば私たちが家に神棚を祀るとき、神主さんにお願いして『魂入れ』をしてもらいますね。あれと同じです。これによって神棚に神様が宿るように、八卦牌も神のパワーによって邪気を跳ね返すことができるのです。当然のことながら、開光は宗教家の仕事であり、部外者が見よう見まねでやるものではありません・・・とは言うものの、今ではかなり形骸化していますので、あまり真剣に考えることもないでしょう。


尚、八卦牌と同様のものに、獣牌や石敢当があります。獣牌は獅子や虎の顔が描かれた木版で、七星剣という北斗七星が描かれた剣を咥えています。この七星剣には強力な駆邪の力があるとされ、道教儀礼に欠かすことのできないアイテムです。キョンシー映画でも道士が振り回していたように、道教世界ではとてもポピュラーなものです。ついでながら、日本にも七星剣は国宝として現存しているんですよ。


石敢当は『泰山石敢当』と彫られた、高さ1メートルほどの石柱です。これにもいろいろなバリエーションがありますが、基本は丁字路などの突き当たりに、穴を掘って立てる石柱です。最近は石敢当と彫ったプラスチック板を接着剤で貼り付ける簡易版もありますが、果たしてそれで効果はあるのでしょうか?すべては時代とともに形骸化していく・・・ということなのでしょうね。
第一回にもどる