<風水開運グッズの正体>
第三回/八卦牌
八卦牌とは、その名の通り八角形の木版に先天八卦を描いた物です。八卦には先天と後天の二種類があって、占いの時に人の運命をみるのが後天八卦で、魔除けに使うのが先天八卦です。また、八卦のデザインは蜘蛛の巣のようにも見え、邪気を絡め取る、神秘のパワーがあるとされています。そのため、護符をはじめとして、ペンダントなどさまざまなところで使われています。


八卦とは何でしょう?
これはもう、みなさんご存知の『当たるも八卦、当たらぬも八卦』の易(えき)のことです。しかし、易は単なる占術ではありません。自然界の法則を示す哲学なのです。自然界の法則は地球の法則と言い換えてもいいでしょう。人間が地球の法則を変えることができれば、天変地異に怯えることはなくなります。それは今も昔も変わりません。人の運命は自然界の法則を指すのかもわかりませんね。


さて、そこで紀元前の賢人は考えました。「変えることができない運命ならば、事前に予測し、早めに手を打てばいいのだ」と。そしてその法則を八卦に発見したのです。その後、二千年の時を経て、現在の我々が知っている易の原形ができ上がりました。それから三千年、今も易は人々の未来を占っています。すごいですね。


もっとも伝説の時代を含めてのことなので、実際のところはいつなのかまだよく分かっていません。


なにはともあれ、易は己の道を切り開くガイドブックであり、その基本形が八卦なのです。それほど素晴らしい八卦を、人々が放っておく訳がありません。特にカルトのデパート、道教にとっては見過ごせない最高のアイテムです。細かいことはあとにして、まずは商品化です。その結果、基本形の八卦牌だけでも十種類以上、人々の自作八卦牌を含めると、何パターンあるのか分からないほど、無数の八卦牌が生み出されることになったのです。
第四回へ