<風水開運グッズの正体>
第二回
では、視点を日本に向けましょう。
1991年に大阪で木簡が出土しました。それは、道教の呪文が書いてある七世紀の呪符木簡でした。千年以上も朽ち果てずに残っていたのは、この呪文のおかげかもわかりません。恐るべし道教・・・かな? 道教の呪符木簡があるということは、その時代の日本で道教の方術が使われていたということになります。勿論、道教にとっては風水も方術のひとつです。しかし、カルトといってもおかしくない宗教教団のこと、道教系風水はどんどんオカルティックに変化していきます。


もっともテクノロジーとしての風水、つまり、本来の風水はそれ以前に民間ルートで日本に根付いていました。持ち込んだのは、中国や朝鮮から渡来してきた人たちです。大阪の呪符木簡が書かれる300年も前のことでした。その頃、風水などという言葉はなく、あくまで大陸の最新テクノロジーとして日本に伝わっていたのです。




<ちょっとbreak>
日本に上陸した原点の風水は、稲作とともに大陸からやってきたと考えられます。近年になって縄文期の遺跡から、稲作の痕跡が発見されています。となると、少なくとも4000年くらい前には、風水の基本形が日本に伝播していたと考えるのが合理的です。しかし、古代史はどんどん書き換えられているので、ひょっとするとまだまだ遡ることになるかもわかりません。



さて、時代を一気に進めましょう。日本が貴族社会から武家社会に移ると、道教系風水や陰陽道は影を潜め、あるいは野に下ります。武家は仏教(密教とその呪術)を選んだのです。というか、神官も陰陽師も朝廷に属しており、武士のために仕事をするものではないからです。しかし、神仏習合などという、神と仏の両方を受け入れる寛容な民族です。その垣根はどんどん曖昧になっていきます。


続く近代。武家社会が崩壊し、幕藩体制から天皇親政に転換すると、明治新政府は神仏分離政策をとります。ところが、政治ごときで長年に渡って生活の一部と化した宗教マジックが一掃できる訳がありません。その証拠が、現代の日本人が持つ、摩訶不思議な宗教観です。まあ、八百万の神様と仏様が、歴史的に離合集散を繰り返す国ですから、何が何やら分からなくなっても仕方ありません。ついでながら、そんな日本人の宗教観が生んだのがオウム真理教事件であり、心霊ブームであり、開運ブームです。


日本観気研は設立当初から心霊現象や霊能力、霊魂や幽霊を否定してきました。もちろん、遊びで楽しむ分には大賛成です。ホラーや都市伝説は大好きです。


さて、風水のテクノロジーと迷信をごちゃ混ぜにしたのは道教です。八卦牌や龍の置物などはその最たる物ですね。
第三回へ