<風水開運グッズの正体>
第一回
一般に風水の開運グッズで、もっとも人気のあるのが八卦牌のバリエーションだそうです。デザイン的にも価格的にも、手頃感があるのでしょうか。しかし、八卦牌をはじめとして、伝統的な風水グッズには、道教儀礼に則って使用するものが多くあります。
もちろん、『風水=道教』ではありませんが、魔除けや開運グッズには道教に端を発するものが多くあるのです。そのため、これらの開運グッズを理解するには、どうしても道教を無視するわけにはいかないのです。


道教は古代中国の民衆の中から自然発生した宗教です。現在の道教教団は、後漢時代(紀元25年〜220年)に成立しました。その後、道教は儒教や仏教など、あらゆるものを吸収しながら拡大を続け、徐々に宗教としての形を整えていったのです。


風水は儒教や道教などより、ずっと前からテクノロジーとして存在していました。そこに神様をブレンドして、チャイニーズマジックに仕立て上げたのは道教です。しかし、そんな道教もやがて大きな転機を迎えます。1949年10月1日、中華人民共和国の誕生です。新中国の指導者は毛沢東を主席とする中国共産党でした。理想の社会主義国家の建設を目指す共産党にとって、宗教は国家の統制を乱す、邪魔者以外の何者でもありません。当初、彼らは道教を支配下に置きます。しかし、1966年5月に始まったプロレタリア文化大革命(文革)では、ついに道教を完全否定することになるのです。
紅衛兵という言葉を聞いたことがあると思います。文革当時、十代の少年少女を中心に結成され、旧体制の撲滅というスローガンのもと、中国全土で破壊活動を繰り広げた、毛沢東思想原理主義者グループのことです。


文化大革命は10年続きました。本来、ブルジョアジーの粛清を目的とした紅衛兵運動は徐々に激しさを増し、やがて無差別な破壊活動へとエスカレートしていきます。紅衛兵たちは畑を食い尽くすイナゴの大群さながらに、中国の人、歴史、文化を手当たり次第に破壊していきました。彼らが粛清という名のもとに殺害した人は、数百万から一千万人といわれています。つまり、全貌が分からないほどの、無差別大量殺戮をやってしまったのです。勿論、すべて紅衛兵の仕業としていいのかどうか・・・ちょっと確信は持てませんが。


さて、風水も例外ではありません。風水は悪しき迷信とされ、中国全土で伝承され蓄積されてきた膨大な資料は破棄され、風水師は追放されました。また、もう一方のデーターバンクである道教も、徹底的に破壊されます。道士(道教の僧)は還俗させられ、寺院は破壊され、貴重な文物は焼き捨てられました。これは、秦の始皇帝が紀元前213年に行った、書物を焼き捨て(焚書)、数百人の儒学者を生き埋め(坑儒)にした思想弾圧をはるかに上回る蛮行でした。かつてのナチス・ドイツも似たようなことをやりましたが、ここまではやっていません。現在、本家の中国よりも台湾や香港、韓国で風水が盛んなのは、この文革の結果なのです。


しかし、形あるものは破壊できても、人の思想や本能まで抹殺することはできません。現在、道教信者は世界で3000万人ほどです。三億人の信徒を抱える仏教から見ればわずかなものですが、アジアの国々に与えた影響は、仏教に引けを取るものではありません。いや、それ以上だったかも知れません。


もちろん、日本にも道観や関帝廟はあるんですよ。
第二回へ