月刊風水トップページ
風水の科学
【地磁気の話−1】
誰もが知っている風水必携のアイテムに、方位磁石があります。持っているだけで風水先生に見える羅盤も、早い話が方向を定める方位磁石です。勿論、同心円状に描かれた文様はただのデザインではありませんが、なかなか芸術的です。その方位磁石が南北を指すのは、地球自体が大きな磁石になっているからです。今では誰もが知っている常識であり、風水が成立する大前提でもあります。それを踏まえた上で話を進めます。




風水は気の活用術です。気を利用することによって、人間本来の能力をフルに引き出すことが可能になります。財運も健康運も恋愛運も、すべての根源はひとつの気に集約されます。その気をいかにキャッチし、活用するかが風水の腕の見せどころであり、建物の間取りや構造、インテリア調整などはその気を活用するための方法です。けっして開運の置物から気が発生している訳ではなく、室内に気が湧き出ていることもありません...例外もありますが。 ということは、室内に “開運のなんたらかんたら”をいくら山積みしても、肝心の気が建物に来ていなければ、ただのインテリアにしかなりません。趣味で蒐集している人はいいのですが、そうでない人はこの際よ〜く考えてみましょう。開運は高価な置物や、宗教じみた開運グッズでなくてもいいのです。普段使っている中華鍋や炊飯器も立派な風水グッズなのです。


話を戻しましょう。風水が探求する『気』が、地磁気と密接に関係していることは、今や周知の事実です。方位磁石の針は磁力線の方向を教えてくれます。本物の羅盤はとても高価ですが、その磁針は非常に敏感なのです。昨今は『気=地磁気』と言い切る研究者もいます。しかし、その重要な地磁気が不変ではないことを、みなさんはご存知ですか?      
【地磁気の話−2】
方位に関する疑問でいちばん多いのが、地図と磁石の指す北が一致しないということです。やっぱり悩んじゃいますよね。通常、北極点といえば北極の真ん中にあって、南の極点はその180度反対側の南極大陸にあります(あるはずです)。では、方位磁石が指し示す北に向かって、どんどん進んでいくと北極点に到達するのでしょうか。答えは「NO」です。地図に描かれている北極や南極の極点は地球の自転軸であり、磁極のS極N極ではありません。地図上の南・北極点と、地磁気による南・北極点には大きなズレがあるのです。


では、方位磁石の指す北を目指すと、どこに行き着くのでしょうか。答えはカナダの北部、北極海の中です。しかし、この北磁極(磁石が指す北の磁極)は現在も移動しており、そのスピードは年々速くなっています。その移動距離は一年で10kmほどにもなるため、このまま磁極が移動を続ければ、近い将来、北極を横断してシベリアに達するだろうと言われています。


北が動けば南も動きます。南の磁極は現在、南極大陸を離れて海の中です。今は日本を目指して移動していますが、今後どうなりますか?この地図上の極点と方位磁石の差を偏角(へんかく)といいます。書店に並ぶ風水のマニュアル本に、『偏角を修正して方位をとるように・・・』と指導しているものがありました。それによると、方位磁石が示した北から東京なら7度、札幌なら9度くらい(数値は年々変化するので、あくまでもその時の値)右にふったところを真北として、東西南北を決めなさいということでした。なるほど、地球の自転軸を基準に風水を考えれば、間違いではないでしょう。しかし、前号のメルマガを思い出してください。前回の【地磁気-1】では、『風水は気の活用法であり、その根源である気は地磁気に関連している〜云々』と書きました。そうです、風水が必要とするのは地図上の東西南北ではなく、地磁気の流れなのです。


さて、その地磁気を見る道具が方位磁石ですが、みなさんが風水をみるときは、アウトドアショップなどで売っている、ちょっと上等の方位磁石(何万円もするような高価なものは不要です)がお薦めです。最近は八卦などが書かれた、もっともらしい磁石もあるようですが、方位磁石は精度が決め手です。デザインに惑わされると、北だとばかり思っていた方位が本当は北西だった、なんて事にもなりかねません。くれぐれも方位磁石は実用品を選びましょう。


ところで、この地磁気が無くなったらどうしますか?「そんな馬鹿な!」と思うでしょ。でも、それが現実に起こりうるのです。これは風水のピンチです。
【地磁気の話−3】
地球の中心を核(かく)、あるいはコアといいます。コアは二層になっていて、内側は鉄のかたまりですが、外側は溶けた鉄です。この溶けた鉄が流動することによって電流が発生します。小学校の理科を思い出してください。鉄の棒にエナメル線を巻いて、電池をつなぐと電磁石になりましたね。それと同じ原理で、地球が一本の棒磁石になり、磁気が発生して南北の磁極ができます。その鉄のコアを取り巻くのが、マントルという橄欖岩(カンラン岩)でできた層です。その一部が融けて、どろどろになっているのがマグマです。つまり、地球はぶよぶよした水風船のようなものですね。だから大陸が移動したり、渓谷や山脈ができるわけで、地震なんぞはあって当たり前ということになるのです。


さて、この地球内部をぐるぐる回っている溶けた鉄が、DVDのように正確に回転していれば何の問題もないのですが、実は想像以上に大きく変化しているのです。それに伴い地磁気の強さや、磁北の位置も大きく変わります。磁極の逆転現象は、まず地磁気の消失から始まると考えられています。徐々に地磁気が弱くなり、磁極が南極や北極から離れはじめ、やがて磁気が消失する。一説では、その磁気消失の状態が数千年間続くと言われています。最近では78万年ぐらい前に、磁極の逆転現象があったそうです。78万年前というと人類はまだ原人です。あの有名な北京原人でさえ、その存在は75万〜30万年前といいますから、人類は未だかつて磁極逆転現象の経験はないと言っていいでしょう。


最初にこの磁極逆転現象を唱えたのは、松山基範(まつやまもとのり)という日本の地球物理学者です。昭和5年(1930年)のことでした。しかし、それを世界が認めたのは1950年代になってからのことです。つい最近ですね。現在、地磁気は徐々に弱くなりつつあります。それが一過性のものなのか、磁極逆転の予兆かは意見が分かれるところですが、逆転派は「このままいけば地磁気消滅まで、あと1000年ぐらい」と予想しています。


では、磁極逆転現象が起こると、私たちはどうなるのでしょうか。残念ながらその答えはまだ出ていません。しかし、問題は磁極の逆転よりも地磁気の消滅にありそうです。もっとも、SF映画のような大災害が発生することはなさそうです。考えられることはある程度の気候変動と、地上に降り注ぐ宇宙線や太陽風などの影響です。もっとも「地球磁場がなくなっても、大気層がなくなるわけではないので、宇宙からの影響に直撃されることはない」、というのが大方の見方です。


では、風水的にはどうなのでしょう。風水は地磁気と密接な関係があります。方位磁石が役に立たないという問題だけではありません。現代でも、異常な地場を示す場所に家を建ててはいけないと風水は教えます。地磁気が地表に及ぼす影響はわずかでも、人体に及ぼす物理的・精神的な影響はどうなのでしょう。正直言ってちょっと想像がつきません。もっとも、現代の私たちが千年後に生きている可能性はないし、科学技術の進歩は今以上に人類の安全を保証してくれることでしょう。ただし、人類が愚かな行為をしなければの話です。
参考になります⇒ 気象庁地磁気観測所