04
   “呪い”を考える  二回目 月刊風水 ちょっと風水の話しを
現代社会において呪詛は犯罪ではありません。よって、もし誰かの呪殺に成功したとしても、「罪状、呪詛」で起訴されることはありません。法医学者も鑑定書に、「死因、呪詛」とは絶対に書きませんから。しかし、誰かに対して、世間に知れるほど執拗な呪詛を行えば、刑法222条の脅迫罪か、同233条の偽計業務妨害に問われる恐れはあります。これはなかなかの重罪です。なので、誰かを呪う場合は十分に注意してください ^^;
さて、有能な人間がその能力を発揮するのは悪いことではありません。・・・ ありませんが、問題はどこで発揮するかです。前回、僧侶が隠れ陰陽師として暗躍していたという話をしました。法師陰陽師と呼ばれた人たちですが、仏道にいる者が陰陽道でアルバイトをしてはいけません。
しかし、不思議に思いませんか。密教にも強力な調伏法があるのにも関わらず、それを使わずわざわざ陰陽道を使ったのはなぜでしょう?誤解を恐れずにいえば、密教の呪詛は、丑の刻参りのような個人的なものとは根本的な違いがありました。密教の目的は鎮護国家であり、調伏はそれに敵対する悪を撃退する呪法です。もし、仏道修行者がそれを私利私欲に使えば、必ずや仏罰をうけます。私たち俗人にはピンときませんが、修行者にとって仏罰は死よりも恐ろしい現実なのです。だから裏稼業には陰陽道を使ったんですね。とっても悪い奴らです w
陰陽道と宗教のクロスオーバーは奈良時代からありましたが、もっとも顕著だったのは平安時代です。この頃になると社会のタガも緩み、たいていのことは金でカタがつきました。もちろん、そんな世がいつまでも続くわけはなく、やがて貴族は凋落し、武家が台頭してくることになります。歴史は私たちに、諸行無常の実例を見せてくれますね。
そういえば、織田信長が好んだ幸若舞「敦盛」ですが、彼は次の一節が気に入っていたそうです。
『下天のうちを比ぶれば 夢幻の如くなり 一度生を享け 滅せぬもののあるべきか』
もしこれが信長の世界観であり信条だとすれば、彼はすでに常人を越え、悟りの域に達していたことになります。やはり彼は魔人だったのでしょうか・・・・
もう少しこの話を続けます。まずは敦盛の一節からです。
『人間五十年 化天のうちを比ぶれば 夢幻の如くなり 一度生を享け 滅せぬもののあるべきか』
人間は『じんかん』と読んで人の世のことです。下天は『げてん』と読み、六欲天(ろくよくてん)を指します。六欲天は仏教でいう六道のもっとも上位の天界にあって、一日の長さが人間界の五十年に相当します。輪廻でお馴染みの六道ですが、六道は下から『地獄・餓鬼・畜生の三悪道』と、『修羅・人間・天の三善道』で構成されています。その最上位にある天界は内部でランク分けされており、人間界にもっとも近い一番下が六欲天なのです・・・・あの世に行っても格差社会ですね。しかし、仏教とはこの六道輪廻から脱することですから、天界といえど苦の世界なのです。キリスト教やイスラム教の天国と同じに考えると、訳が分からなくなります。
ということで、ストレートな解釈は、「人の一生など夢のように短く、誰であっても死から逃れることはできない ・・・」ということになります。しかし、本来の意味はともかく、受け取り方は人それぞれで良いわけで、信長も自分流に解釈をしたのかもしれません。彼は人の世の儚さを嘆くのではなく、「地位も名誉も権力も、所詮は人間世界だけのこと。ましてや人の一生など一瞬のまたたきでしかなく、既成の概念や価値観に執着するなど笑止千万」と、笑い飛ばしたのではないでしょうか。人生の儚さを嘆く信長よりも、この世を笑い飛ばす信長の方が魅力的だと思いませんか。自らを 『六欲天の魔王』 と称した信長にとって、朝廷の権威など紙一枚の値打ちもない存在だったのでしょう。
宇宙のスケールでみれば、人の一生などまばたきするほどの時間でしかありません。また、それを体現できる人間もいないのが普通です。もし、信長がその域に達していたとしたら、オカルト世界で彼を宇宙人や未来人とするのもうなずけます。我々人類も絶滅種であり、地球も永遠ではないことをそろそろ自覚してもいいかもしれません。
もしかすると、人類滅亡は神が人類に仕掛けた呪いなのかもしれませんね。 
人類が滅亡したら、彼岸とか来世とか天国などはどうなるのでしょう?そんなことを考え出すと、もう宗教の世界に迷い込んでしまうのですが、突き詰めて行けばお墓の悩みはなくなるかもしれません。
人類も絶滅種といわれて久しいですが、地球の先輩である恐竜の絶滅はヒントになりそうです ・・・ならないね ^^;
ということで元テーマは呪いですが、この際なので話を広げてみましょう。
恐竜が一億年以上繁栄したことはよく知られています。継続は力なりを立脚点にすると、私たち人類は彼らの足元にも及びません。
ざっくりとした話しなので、地質や古生物の勉強をしている人は、「現在の鳥は恐竜の子孫なので、絶滅したとはいえない」とか、「人は哺乳類であり、哺乳類のくくりであれば恐竜とさして変わらない」などの、正当なクレームはつけないでください。そんな恐竜の絶滅については諸説ありますが、今のところ6500万年前の巨大隕石の衝突を原因とするのが主流です。
この時の隕石は直径10〜15km、重さ1兆トン。この規模になると隕石というよりも小惑星の衝突です。衝突現場はメキシコ・ユカタン半島の先っちょ。 水深100mほどの海に、南東から仰角30度、秒速20kmで突入しました。秒速20kmといえば、東京−大阪間はわずか30秒たらずです。現在、その衝突跡はチクシュループ・クレーターと呼ばれ、直径160kmのきれいな円になっています。
「なんでそんなこと分かるのよ〜?」と言いたくなりますね。それは、2010年に12ヵ国の研究者チームが、この天体衝突が恐竜絶滅の原因であると結論したからです。
学者によると、この程度の小惑星は1億年に一回の割合で地球にぶつかって来るそうです。1億年ごとにぶつかるということではありません。1億年というスパンの中で1回あるよ〜ということです。直近がこの6500万年前の恐竜全滅小惑星なので、あと3500万年以内に次の小惑星がぶつかって来るということですね。運命の日は明日かもしれません。もちろん、計算上の話しですよ w
では、6500万年前に起きた富士山三つ分の小惑星衝突で、地球に何が起きたのでしょう。
富士山三つ分とはいっても、地球の大きさからみればたいした大きさではないのですが、地上の環境を一変させるには十分すぎるパワーでした。
ということで、次回はもしもの絶滅シミュレーションをしてみます。シミュレーションというよりも、空想 ・・・いや妄想かもしれません w