04
   “呪い”を考える  一回目 月刊風水 ちょっと風水の話しを
今ではすっかりオカルト分野のひとつになってしまった『呪い』ですが、元をただせば立派な科学技術です。現実に効果があるかどうかはともかく、古今東西、人間はさまざまな呪術を生みだし実践してきました。厳密に言えば、科学が錬金術や仙薬なども同類ですが、西洋では黒魔術・白魔術となり、数字にはでないものの、日本以上に信奉者が多いと思っていいでしょう。いずれにせよ、呪術はこの世に人間がいる限り決してなくならない文化であり、科学が発展するように、進化を続けていくことでしょう。
そんな人を呪うという呪術が、日本でハイテクノロジーとして公に認められるようになったのはいつか?ということで歴史を遡ると、6世紀の古墳時代にたどり着きます。古墳時代と言えば、聖徳太子が登場する飛鳥時代のひとつ前の時代ですが、その時代に典薬寮(てんやくりょう)という役所が誕生しました。典薬寮は医療・薬を専門とする、今でいえば厚労省+文科省のような役所であり、その目的は病気の治療・治癒です。ただし、当時は魑魅魍魎に取り憑かれたり、怨霊の祟りも病気認定なので、呪術は大変有効な治療法だったのですね。そのプロフェッショナルが呪禁師(じゅごんし)と呼ばれる人たちでした。それまでも呪術の得意な天皇や学者はいましたが、正式な役所として成立したのは典薬寮が初めてのことです。
しかし、その後いろいろあって ・・・ というか、早い話が人の命を救えるのであれば、逆に命を絶つこともできるだろうということになり、政敵の排除や個人的な恨みつらみのオーダーが増えてきました。そうなると、さながら呪術合戦の様相を呈し、政敵を呪い殺した公家は、次は自分がターゲットになるのではと気が気ではありません。人を呪わば穴ふたつとはまさにこのことです。それやこれやで疑心暗鬼になった公家衆にとって、呪禁道はストレスであり、恐怖の対象になっていったのです。まあ、勝手なものですが、そんな典薬寮を危険視するようになるのは時間の問題でした。もっとも、典薬寮自身が政争に敗れたということもありますが、その結果、呪禁道は廃止されてしまいました。しかし、冒頭にも書いたように、これらは本来がテクノロジーであり、人間がいる限り恨みつらみがなくなる訳もないので、次に陰陽道が台頭してくるのは当然の成りゆきでした。
今も昔も人間のやることは変わらないのです 〜 w
「人を呪わば穴二つ」という言葉があります。平安期に生まれた言葉ですが、「誰かを呪ったりすると、回りまわって自分も報いを受けますよ」という解釈が今では一般的です。しかし、もともとは「人を呪い殺すときは、呪いを掛けた本人にその呪いがかえってくることがあるので、自分も命を捨てる覚悟が必要」ということでした。調伏、つまり、誰かを呪殺するというのは、やるほうもやられる方も命懸けということですね。
当時は敵を闇から闇に葬る手段として、調伏は非常に有効かつ現実的方法でした。呪いが有効ということは、権力者には大変な脅威であり、それが無視できなくなった時、調伏は重大犯罪として取り締まりの対象になりました。ところが、需要のあるところにはビジネスチャンスが生まれます。おまけにそれが違法行為となれば報酬も大きくなるのが世の常。つまり、市場経済が正常に機能している証拠でもありますw
通常、誰かを呪殺したいときはプロを雇います。呪いのプロフェッショナルといえば陰陽師ですね。しかしこの時代、陰陽師は国家公務員であり、特別な事情でも無い限り犯罪者になるような真似はしません。そこで闇の陰陽師が登場するわけです。隠れ陰陽師ともいわれますが、その正体はもと陰陽師やもと呪禁師、あるいは僧侶といった人たちであり、無認可ではあっても彼らもまた呪いのスペシャリストであることに違いはないのです。
お馴染みの『丑の刻参り』も呪いには違いないのですが、丑の刻参りは自分が鬼に変身して相手を食い殺すのが本来の姿です。ワラ人形と五寸釘で、人知れず誰かを抹殺するというのは近年のスタイルです。誰かを闇から闇に葬り去るという行為は、スペシャリストにしかできないプロの仕事です。表の世界に暮らす私たちが、誰かに呪いを掛けようなどとは冗談でも思わないことです。五寸釘や金槌を持って貴船神社に行くことはやめましょうね ^^
そもそも、陰陽師の仕事は宇宙の異変を察知し、やがて訪れるであろう災厄を回避することです。今でいえば厚労省と文科省と防衛省をくっつけたようなものですね。そのため、個人的な依頼は受けないのが、本来の陰陽師のあるべき姿です。しかし、暗殺やテロを防ぐための呪詛返しなどは、国家保全の一端として積極的に行うので、結果的には個人の以来も引き受けるようになっていきます。
武士が武力で朝廷を警護したように、陰陽師もまた呪術で国を護った訳です。
また、陰陽師には呪術以外にも大切な仕事がありました。朝廷、つまり政治家に対する陰陽道のアピールです。陰陽師が官僚である以上、政治家に陰陽道を理解させなければ、予算はどんどん削減されてしまいます。しかし、彼らに陰陽道理論を説いたところで、「なぜ、2位じゃダメなんですか?」と言われるのがオチです・・・・このフレーズはもう古いかな?w
そこで実際に災厄を体験させ、陰陽師が解決するというシナリオが出来上がるのです。陰陽師は国を守り、人知を越えた脅威に対抗しうる唯一の存在というわけですね。
そんな陰陽師が利権や権力争いに荷担して誰かを呪詛などすれば、陰陽道は国家によってたちまち封印されてしまうでしょう。自分以外は誰も信用しない貴族社会です。いつ自分がターゲットにされるのか、おちおち夜も眠れなくなります。もっとも、陰陽師自身も官僚の地位を失いたくはありませんから、危ない橋は渡りません。そういった事情から、政敵呪殺など公に出来ない仕事は、隠れ陰陽師に回って来ることになります。脅しで呪詛をするのではなく、本気で相手を呪殺をする場合は、秘密裏に企みを進めなければなりません。呪詛が犯罪ということもありますが、いちばん恐れたのは呪詛返しです。
普通は呪詛されたことが分かれば、相手は正規陰陽師に救済を求めます。依頼を受けた正規陰陽師は、もっとも効果的な対抗策として呪詛返しを行います。呪詛返しを行う陰陽師の力が強ければ、隠れ陰陽師の放った呪いはね返されます。跳ね返された呪いは消滅せず、それを放った陰陽師に向かいます。その結果、隠れ陰陽師は自分の呪いに討たれて命を落とすことになるわけです。人の命を絶つほどの呪いを、誰も傷つかずに治めることは不可能であり、呪詛の失敗は仕掛けた陰陽師の死を意味します。雇い主も隠しおおせる訳はなく、糾弾されることになります。呪詛は仕掛ける方も仕掛けられる方も、命懸けのワンチャンスです。たとえ成功しても次は自分が狙われる番かもしれません。並みの神経の持ち主であれば、それだけでまいってしまいますね。
しかし、所詮それらは現世での話しです。本当の恐怖は、自分が死んだらどうなるのかというその一点にあります。当時は現代とは比較にならないほど、死後の世界が身近であり現実的問題でした。呪詛を企てた人間が浄土に行けるのか、永遠に地獄に囚われるのではないのか、といった人知の及ばない恐怖に生きている限り苛まれることになります。だったら初めからやらなきゃいいようなものですが、後になって後悔するのが人間です。今でいえば、逮捕されて初めて彼女が戻ってこないことに気付いたストーカー男に似ています。
では、現代において犯罪認定されない、呪詛に狙われたらどう対処すればいいのでしょうか。呪われ方にもよりますが、刑法の脅迫罪や業務妨害罪が適用できる可能性があります。これ、けっこう重い刑なんですよ。なので、自業自得の人はともかく、そうでなければ警察に救済を求めましょう。
警察は善良な市民を守る義務がありますので、好き嫌いはあってもあきらめずに、一生懸命相談してみましょうね  ^^v