月刊 風水
日本の呪い~丑の刻参り
日本には8万社を超える神社があります。これは日本全国のコンビニをはるかに凌ぐ数ですが、摂社・末社まで含めると軽く20万社を超えます。摂社・末社とは本社に付属する小社のことで、読み方は「せっしゃ・まっしゃ」です。ほかにもよく分からない新興宗教が山ほどあるので、総数はいったいどれほどになるのか想像もつきません。

そんな身近な神様に、普段は家内安全や良縁をお願いするのですが、その一方で誰かを呪うときも神様にお願いすることになります。仏教にも呪いはありますが、一般的に「呪い」といえば神社を連想します。ということで、今回の丑の刻参りの舞台も、お寺ではなく神社です。

神道や仏教の呪いは、本来、個人的にどうのこうのといったレベルのものではありません。しかし、私たちにとっては、法で裁けぬ恨みを晴らす、最後の手段でもあります。そこで、神様の力を借りて仕返しをするのですが、作法やルールを守らないと、相手にはしてもらえません。神様にしてみれば「家内安全」も「呪い」も、条件さえ整えば「どっちでもいいよ」ということですね。

屁理屈をいえば、人に呪われるほど悪いことをした奴を、野放しにしておいては社会のためにならない。そこで神様の手を借りてでも駆除するのが社会正義である・・・となります。まあ、逆恨みというのもありますがw

ということで、我々にはなじみの深い「丑の刻参り」の、正しい作法を見ていきましょう。

当時の記録が残っているわけではありませんが、呪いは人間が共同生活を始めると同時に生まれました。つまり、呪いの作法や形式はともかく、人類が石槍でマンモスを突っついていた頃から、誰かを恨んだり呪ったりしていたわけです。これは、地域も時代も善悪も関係のない、すべての人間がもつ本能なのです。

日本では日本書紀に『呪い』の記載があります。しかし、これは今の私たちが知っている呪いとはずいぶん違います。呪いが一般に見られるようになるのは、日本書紀から500年ほど下った鎌倉時代ですが、現代の『丑の刻参り』が形作られたのは、それを更に下った室町時代です。ドラマやアニメがサブカルチャーを作り出すように、丑の刻参りのスタイルは謡曲『鉄輪(かなわ)』によって確立されました。謡曲とは能の脚本のようなものですね。

残念なことに鉄輪の作者は分からないのですが、思いっきり簡単に言えば次のような内容です。
『夫に捨てられた妻がその恨みをはらそうと、京都・貴船神社で丑の刻参りをします。元妻の呪い攻撃に対抗しきれない夫は、安倍晴明に助けを求めます。それに応じた晴明は、呪力によって元妻を封じ、夫を助けるのであります』
この時の丑の刻参りは、妻が鬼に変身して恨みを晴らそうとするもので、今とはずいぶん違いますが、作法やスタイルはこれが基本になりました。

しかし・・・安倍晴明は不倫男の味方をしたんですね。まあ、そんな時代ではあったのですが、妻がかわいそうに思えるのは私だけでしょうか。余計な話しですが、古い画にみる安倍晴明はメタボオヤジです。余計な話しでした ^^:

室町時代は陰陽道がテクノロジーとして強い力を持っていました。そんな時代に、陰陽道秘法のひとつである人形祈祷が、丑の刻参りにリンクしたことは、呪力がパワーアップしただけではなく、人を呪う術が弱者の最後の切り札であることを、世に知らしめることになったといえます。

しかし、何百年も昔の丑の刻参りが現代でも認知されるのは、そのスタイルが常に時代とともに変化し、人々の願いを受け止めてきたことにあります。同時に、呪いを必要とする人が今も大勢いるということですね。このことは、呪いが精神文化というよりも、現実的な道具としての性質を持つことを示すものです。

ちなみに、YouTubeで『能 鉄輪』を検索すると動画がありました。
では、『実践 丑の刻参り』です。
実践・・・とはいうものの、決して推奨しているのではありません。あくまでもサブ・カルチャーのひとつを覗いてみようということであり、間違っても 「やるぞ!」 などと思ってはいけないのです。なぜならば、人を呪うということは、自らの破滅も覚悟しなければならないからです。悪い奴だけ破滅してくれればいいのですが、連れだって破滅するのはちょっとね・・・
「じゃあ、現実問題としてどうすればいいの?」と問われれば、「そいつより自分が社会的に上になればいいのです。呪うよりリスクは少ないし、得るものははるかに大きいですよ」となります。たいへん優等生的な答えですね ^^

話を戻します。最初に道具を揃えるのですが、絶対必要ベスト3が 『わら人形・五寸釘・金槌』 の三点です。

わら人形が手に入らない場合は、人の形に切り抜いた紙や木の人形でもよく、今なら写真でも構いません。念のため、人形に相手の名前や年齢を書いておくとより効果的です。
次に五寸釘ですが、実はこれも面倒です。一般的に五寸釘というと長さ15cmの釘を思い浮かべますが、それは洋釘であって日本の釘ではありません。日本古来の釘は和釘といって、五寸釘には「大五寸」「並五寸」「中五寸」という三つのサイズがあります。いちばん大きい大五寸は、長さ二寸一分から二分のものをいうのですが、メートル法ではおおよそ6.6cm、並五寸が5.4cm、中五寸は4.5cmになります。洋釘の15cmと比べるとずいぶん短いのですか、和釘の入手は困難なので、15cmの洋釘で間に合わせましょう。
コスチュームは白い着物で、メイクは顔を白塗りにし口紅を濃くつけます。ここまではいいですね。

そして、歯をお歯黒(おはぐろ)で黒く染めます。お歯黒はもともと貴族用語であり、民間では鉄漿付け(かねつけ)などと呼ばれました。これは既婚女性のしるしであるとともに、きれいな黒い歯は美人の条件とされていました。そして、もうひとつ大事なことが、歯周病や虫歯予防といったオーラルケアでもあったのです。とはいうものの、今やお歯黒は芸能の世界に残るぐらいで、通常手に入る化粧品ではありません。仕方ないのでイカスミでも食べて代用しましょう。
ヘアースタイルは振り乱した黒髪です。ショートヘアや茶髪では雰囲気が出ませんので、ウイッグなりワカメなりを利用してごまかします。
履き物は素足に足駄です。足駄(あしだ)とは雨の日などに履く高下駄のことです。男物と女物があって、男物は歯が厚く女物は薄く作られています。

こんな感じですね
そして、キメが頭にかぶる鉄輪(かなわ)です。これも入手が難しいかもわかりません。鉄輪は五徳(ごとく)とも言いますが、三本足の鉄製の輪で、囲炉裏や火鉢でやかんや鍋を火に掛けるための台です。四本足のものもありますが、丑の刻参りでは三本足のものを使います。使い方は上下を逆にして、三本の足に火の付いた和ろうそくを立て、それを頭にかぶればOKです。映画『八つ墓村』の「祟りじゃ~」のイメージですね w

最後に首から鏡を掛けて、口に櫛を咥えてニッコリ笑えば正統派『丑の刻参り』の準備完了です。しかし、冬場はかなり辛いスタイルです。風邪を引いても困るので、やるのであれば夏場がいいですね・・・蚊に襲われるのは覚悟しなければなりませんが w

何はともあれ、これで丑の刻参りの道具はひととおり揃いました。次は目的地の選定ですが、丑の刻参りといえば京都鞍馬の貴船神社が有名です。
貴船神社 京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

しかし、わざわざ京都まで出掛けなくても、近くの社寺でもいいのです。社寺・・・神社とお寺。そうです、お寺でもいいのです。日本では古来より神仏の習合と分離が繰り返されてきました。学校で少しだけ習ったと思いますが、政治的な理由というかご都合主義で、神様と仏様の垣根があやふやになってしまい、今のような日本特有の宗教観ができ上がってしまったのです。

当然のことですが、神と仏をいっしょにすると矛盾が生じます。その穴埋めをするために、本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)なるものが編み出されました。早い話が、仏が神の姿になって世の中の救済に現れるという理屈です。まあ、屁理屈のお手本のようですが、これも方便ということでいいと思いますw 宗教の話しはまた別の機会にして、ここは丑の刻参りが貴船神社のオリジナルではないということですね。
写真は奈良時代の呪詛に使われた木製の人形です
では、神社関係者にとって『丑の刻参り』は迷惑なのでしょうか、それとも Welcome なのでしょうか。

はっきりしていることは、社寺関係者は決して喜んではいないということです。神社側にすれば、やはり「呪い」よりも「縁結び」のほうがイメージもいいし、儲かります。

もっとも、それはあくまでも人間側の都合であり、神様にしてみれば呪いも縁結びも同じ願掛けです。つまり、丑の刻参りといえども、私たちが賽銭箱の前で「家内安全 ~ 招福招福」と祈願しているのと同じであり、事の善し悪しや公序良俗などは、すべて人間側の勝手な都合というわけです。

しかし、その真剣さを考えると、信仰心の欠けらもない人間が押し寄せる初詣なんかより、よほど叶えてもらえそうな気がします。でもね、忘れないでください。本来の丑の刻参りは自分自身が鬼に変身して相手を食い殺すのであり、神様が直接悪党に神罰を下すものではないことを。

基本的に神様が人間社会のルールに深入りすることはなく、人間との関係はギブ&テイクです。だから、かつての貴族や豪族は、自分の願いを叶えてもらうために社寺に莫大な寄進をしたのです。たぶんろくでもないお願いだから、寄進も山盛りだったのでしょうね。人間は、お賽銭程度の他力本願で満足するのがいちばん幸せなのであります。
話が脱線していますが、わざわざ京都鞍馬まで出掛ける必要はなく、自分が行きやすい神社でOKということです。

しかし、どこでもいいとはいっても、行く前にその神社がどういう神様をお祀りしているのかくらいは、確認しておいたほうがいいでしょう。やはりこういうお願いは阿弥陀様より不動明王のほうが聞いてくれそうだし、怨霊のスーパースターである、平将門や菅原道真をお祀りしている神社の方が頼りになりそうです。

そして、もうひとつ大切なことは、明るいうちに境内の様子をチェックしておくことです。わら人形は御神木に打ち付けるのが基本ですが、たいていは真っ暗な中での作業になります。賽銭箱に防犯灯はあっても、御神木をライトアップしているところは少ないでしょう。当然のことですが、『呪い こっち ⇒』なんて案内板もありませんので、迷ってウロウロしていると通報される恐れがあります。夜中に釘と金槌を持って境内にいれば、警察に通報されても仕方ありません。当然、警察への任意同行を求められ、話しはめんどうになります。どこをどう見ても、笑って無罪放免してくれると思うほうが間違っています。

いずれにせよ、夜中にロウソクを持って、白装束で境内をウロウロしてたら逮捕されても文句はいえません。おまけに、時間になると施錠閉門する社寺であれば、時間外に入り込むと不法侵入に問われかねません。本来、社寺は年中無休だし、宗教法人という地位を得た組織であれば、本当は立ち入り制限なんてしちゃいけないんですけどねw
しかし、その気になれば、御神木に釘を打ったという理由で、器物損壊罪の適用も不可能ではないと思います。

まあ、賽銭泥棒をするわけではないので、もし、フルオープンの社寺で職務質問を受けたら、変な言い訳をしないで素直に答えれば、お説教だけで放免してくれると思います・・・警察には連れて行かれると思いますかw
とにかく、トラブルになればすべての苦労が水の泡になるので、しっかりと下見をして、大丈夫そうな社寺を見つけておきましょう。

さて、さまざまなハードルを乗り越えてすべての準備が整えば、いよいよ魔界へのコンタクトです。では、Let's go!・・・ですが、丑の刻参りでは、衣装や道具以上に、釘を打つ時間や回数がとても大切です。

まず、わら人形を木に打ち付ける時間ですが、その名が示すように丑の刻でなければなりません。分かりやすいですね。丑の刻は今の時間でいえば午前2時ですが、時報にあわせてドンピシャの釘打ちはなかなか難しいと思います。そこで丑の刻参りでは、午前2時の前後1時間を有効時間としています。なので、午前1時から午前3時までの2時間が、作業時間として確保されているわけです。この柔軟性は助かりますね。

しかし、喜んではいられません。本当に大変なのはここからです。釘打ち作業と神仏への祈願を始めたら、終わるまで人に見られることなく、それを7日間続けなければなりません。24時間眠らない現代日本において、「人に見られず」というのはかなりの難易度です。おまけに、それを一週間も続けなければならないわけです。普通の市民生活をしている人であれば、睡眠不足で倒れてしまいそうですが、他人の人生をめちゃくちゃにしようとしているのですから、その程度のリスクは頑張るしかありません。
だから、思いつきで始めないで、まずは一週間の計画表をしっかりとつくりましょう。

ちなみに、もし誰かに丑の刻参りの現場を見られたら、自分のかけた恨みが自分に帰ってくることになっています。そのため、誰かに見られたら見た人を抹殺せよとあります。陰陽道にもそんなのがありましたが、目撃者はたまったものではありませんね。くれぐれも目撃者にならないことですが、たいていの神社仏閣はパワースポットなので、心霊スポットやパワースポットが好きな人は、できるだけ夜中に神社に行こうなどとは考えないほうがいいですね。行きたくなる気持ちは分かりますが・・・

何はともあれ、あれやこれやのハードルをクリヤして、満願7日目を迎えることができたとします。果たして神様は願いを聞き入れてくれたのでしょうか。その答えが最終日の帰り道にあります。無事に7日目を終えた帰り道、行く手に黒い牛が現れれば、願いは神様に届いたことになります。
Oh my God!と叫びたくなるでしょ w 今どき道路で牛と出会うことなど、日本であるのでしょうか? ないよね~

そうはいっても、そうなっているので仕方ありません。7日目が無事終わったら、寄り道しないでまっすぐ家に帰りましょう。万が一、家に着くまでに牛と出会わなければ、一週間の努力は水の泡になります。でも、道路でフリーの牛に出会う確率なんて、限りなくゼロだよねぇ ・・・

こうしてみると、丑の刻参りのハードルはかなり高いですね。逆にいえば、誰かを呪うということは、それほど凄まじいものだということです。また、準備を整えて、願掛けに7日間もの時間を掛ければ、人間は冷静さを取り戻すものです。それが7日間の冷却期間だと思えば、なかなかよくできたシステムではないでしょうか。

もし、あなたに呪う相手がいたとしても、さっさと忘れてポジティブになったほうが、人生は豊かでハッピーになるということですね。そうです、「人を呪わば穴二つ」とはまさに言い得て妙なのであります。

人間、倒れるときも前向きに ^^
月刊 風水