04
 と〜っても簡単な陰陽五行理論実践編 月刊風水/ちょっと風水の話しを  
風水に限らず、あらゆる東洋哲学の源流は『陰陽二元論』と『五行説』に帰結します。陰陽は『の』の字を合わせたような図柄で、太極図と呼ばれます。韓国国旗のデザインにもなっています。五行説は『木−火−土−金−水』でお馴染みですね。


このふたつがひとつになって『陰陽五行理論』、あるいは『陰陽五行思想』になります。風水に限らず、思想、文化、科学など、あらゆるところに出てきますので、名前はご存知だと思います。でも、基本を理解していればともかく、いきなり専門用語満載で解説されても訳が分かりません。それに面倒くさそうです。そこで、使えそうなポイントをつまみ食い的に見てみましょう。CPゲームの技術的な理論は分からなくても、楽しむことはできますからね。


できれば、今や常識のような「黄色で金運」が、風水とは無関係ということが分かればいいなあと思っています。このおかげで、住宅の外壁塗り替えの時に、黄色を選んだ人が結構いましたので笑い事ではありません。


人は生年から『木・火・土・金・水』のいずれかのグループに属します。陰陽二元論である以上、重なる部分はありますが、基本的に男女は異なるグループになります。九星気学では男女とも同じなので注意してください。まずは自分のグループを確認しましょう。
木・火・土・金・水の分類方法です
陰陽五行理論実践編
人は『木・火・土・金・水』のいずれかのグループに属します。自分がどこに属するのかを下表から確認してください。1月1日から2月3日のあいだに生まれた人は、その前年が生まれた年度になります。厳密にいえば、一様に「節分」で生年を分けるのは問題があるのですが、非常に複雑になるので、ここでは一般的に節分で分けます。なお、陰陽二元論である以上、重なる部分はありますが、基本的に男女は異なるグルー プになります。九星気学では男女とも同じなので、注意してください。
【木】
女性−西暦 1916・1917・1925・1926・1934・1935・1943・1944・1952・1953
1961・1962・1970・1971・1979・1980・1988・1989
※赤字は震木/それ以外は巽木です
男性−西暦 1915・1916・1924・1925・1933・1934・1942・1943・1951・1952
・1960・1961・1969・1970・1978・1979・1987・1988
【火】
女性−西暦 1913・1922・1931・1940・1949・1958・1967・1976・1985・1994
男性−西暦 1910・1919・1928・1937・1946・1955・1964・1973・1982・1991
【土】
女性−西暦 1930・1933・1936・1939・1942・1945・1948・1951・1954・1957・1960
・1963・1966・1969・1972・1975・1978・1981・1984・1987・1990
※赤字は坤土/それ以外は艮土です
男性−西暦 1929・19321935・1938・19411944・1947・19501953・1956・1959
1962・1965・19681971・1974・19771980・1983・19861989
【金】
女性−西暦 1919・1920・1928・1929・1937・1938・1946・1947・1955・1956
1964・1965・1973・1974・1982・1983・1991・1992
※赤字は乾金/それ以外は兌金です
男性−西暦 1913・1921・1922・1930・1931・1939・1940・1948・1949・1957
1958・1966・1967・1975・1976・1984・1985・1993
【水】
女性−西暦 1905・1914・1923・1932・1941・1950・1959・1968・1977・1986
男性−西暦 1909・1918・1927・1936・1945・1954・1963・1972・1981・1990
『木』は八卦の『震』『巽』と組み合わされて、『震木(しんもく)』と『巽木(そんもく)』になります。厳密にいえば震木と巽木は異なるのですが、方向性は共通しますので、ここでは煩雑さを避けるためひとつの『木性』とします。


参考に『震木』『巽木』の方位特性を表記しておきますが、これがそのまま住む人に及ぼす影響ということではありません。他のいろいろな要素と組み合わさって、いろいろな現象が現れるのです。ここではプラスとマイナスが同じ方向だということを見ていただければいいでしょう。
『震木』 『巽木』
 ◎北 =天医方 +3 緩和と癒し (大 吉)
 ●東北=六サツ方−2 過失と錯誤 (中 凶)
 ◎東 =伏位方 +1 計画と発展 (小 吉)
 ◎東南=延年方 +2 協調と連帯 (中 吉)
 ◎南 =生気方 +4 生命力と活気(最大吉)
 ●西南=禍害方 −1 虚飾と偽善 (小 凶)
 ●西 =絶命方 −4 失望と矛盾 (最大凶)
 ●西北=五鬼方 −3 怒りと衝突 (大 凶)
 ◎北 =生気方 +4 生命力と活気(最大吉)
 ●東北=絶命方 −4 失望と矛盾 (最大凶)
 ◎東 =延年方 +2 協調と連帯 (中 吉)
 ◎東南=伏位方 +1 計画と発展 (小 吉)
 ◎南 =天医方 +3 緩和と癒し (大 吉)
 ●西南=五鬼方 −3 怒りと衝突 (大 凶)
 ●西 =六サツ方−2 過失と錯誤 (中 凶)
 ●西北=禍害方 −1 虚飾と偽善 (小 凶)
『木』は東と東南をサポートします。また、北も木を盛り立てる方位です。室内のこれらの方位にベッドやパソコン、机などを配置するのが基本です。


色は青緑色を基本色としますので、ライフスタイルのベースカラーを青緑にするといいでしょう。しかし、上から下まで青緑にするのは考えものです。「過ぎたるは及ばざるがごとし」という言葉がありますが、この場合は「及ばざるがごとし」ではなく、逆にプレッシャーを増大させてしまいます。風水の基本がバランスにあるように、配色もバランスが必要です。色については、ラッキーカラーよりも、アン・ラッキーカラーを意識したほうが良いですね。『木』の人は白色がアン・ラッキーなので、あまり白を強調するのは好ましくありません。マイカーは白以外の色の方がいいでしょうね。


数は『3』と『4』が良く、『6』と『7』を嫌います。何かに利用できそうですよ。


以上の基本要素に、環境、建物特性、時間の流れなどが交錯して、さまざまなことが決まっていきます。なかなか一筋縄ではいきませんね。
『火』の人が持つ方位の特性です。
生涯、変わることのない方位特性であり、五行で『火』、八卦で『離(り)』に属し、『離火』として南に位置します。なお、凶が悪い方位で、吉方位に行けば良いということではありません。すべてはエネルギーの状態であり、吉凶にはそれぞれの特性に応じた使い方があります。誤解を恐れず端的に言えば、吉は陽で興奮を、凶は陰で鎮静を意味します。
『離火』
◎北 =延年方  +2 協調と連帯 (中 吉)
●東北=禍害方  −1 虚飾と偽善 (小 凶)
◎東 =生気方  +4 生命力と活気(最大吉)
◎東南=天医方  +3 緩和と癒し (大 吉)
◎南 =伏位方  +1 計画と発展 (小 吉)
●西南=六サツ方 −2 過失と錯誤 (中 凶)
●西 =五鬼方  −3 怒りと衝突 (大 凶)
●西北=絶命方  −4 失望と矛盾 (最大凶)
ひとつの考え方ですが、ラッキー方位なるものがあるとすれば、「火の人は南に向かって事を成せば吉となる」のですが、事はそう簡単ではありません。よく、「今年の吉方は南だから、南の温泉地へ開運旅行に行きましょう」という話を耳にします。「火」の人は南が吉方だからいいのですが、南が凶方の人もいいのでしょうか?疑問が出てきますね。それに、何を基準に南の温泉地を決めればいいのでしょう?札幌の人と鹿児島の人とでは、南にある温泉地は同じではありません。一般的には「自分の住居から見て」、というのが通説になっていますが、なんだかつじつま合わせのように感じませんか?


方位に限らず吉凶は人によって違い、さまざまな要素がクロスオーバーして現象が現れます。星の巡りを示す、一年の方位盤だけですべてを見るには無理があります。意外と難しいものですね。


そこで上記方位の吉凶はインテリアに使いましょう。前号の『木』の人同様、室内の中心からみて、吉方位にパソコンや机、家電品などを配置して、凶方位は本棚やタンスなどの収納スペースにしてください。


色は『赤』を基本色としますので、ライフスタイルのベースカラーは赤色系がいいですね。オレンジ色やピンクも同じ系統です。前回『木』と同様、「過ぎたるは及ばざるがごとし」なのでバランスのよい配色にして吉です。アン・ラッキーカラーは黒・青系です。使ってはいけない色ということではなく、メインカラーにしない、多用しない方が無難だということです。


数は『9』が良く、『1』を嫌います。とは言っても、開運の『九頭馬』を買ったからといってどうなるものでもありません。
今回は『土』の人が持つ方位の特性です。生涯、変わることのない方位特性であり、五行で『土』、八卦で『坤(こん)・艮(ごん)』に属し、坤土は西南、艮土は東北に位置します。


下記は坤土と艮土の方位特性ですが、凶が悪い方位で、吉方位に行けば良いということではありません。すべてはエネルギーの状態であり、吉凶にはそれぞれの特性に応じた使い方があります。誤解を恐れずに言えば、吉は陽で興奮を、凶は陰で鎮静をイメージすればいいでしょう。
『坤土』 『艮土』
 ●北 =絶命方 −4 失望と矛盾 (最大凶)
 ◎東北=生気方 +4 生命力と活気(最大吉)
 ●東 =禍害方 −1 虚飾と偽善 (小 凶)
 ●東南=五鬼方 −3 怒りと衝突 (大 凶)
 ●南 =六さつ方−2 過失と錯誤 (中 凶)
 ◎西南=伏位方 +1 計画と発展 (小 吉)
 ◎西 =天医方 +3 緩和と癒し (大 吉)
 ◎西北=延年方 +2 協調と連帯 (中 吉)
 ●北 =五鬼方 −3 怒りと衝突 (大 凶)
 ◎東北=伏位方 +1 計画と発展 (小 吉)
 ●東 =六さつ方−2 過失と錯誤 (中 凶)
 ●東南=絶命方 −4 失望と矛盾 (最大凶)
 ●南 =禍害方  −1 虚飾と偽善 (小 凶)
 ◎西南=生気方 +4 生命力と活気(最大吉)
 ◎西 =延年方 +2 協調と連帯 (中 吉)
 ◎西北=天医方 +3 緩和と癒し (大 吉)
上記方位の吉凶でインテリアをチェックします。室内の中心からみて、吉方位にパソコンや机、家電品などを配置して、凶方位を本棚やタンスなどの収納スペースにするのは前回同様です。


土の色は黄色、及びその系統の色です。苦手な色は青、青緑、及びその系統の色です。しかし、これは絶対に使ってはいけない色ということではなく、スポット的な利用であれば何の問題もありません。黄や茶系の色をメインカラーにして、他の色をバランス良く配色すればいいですね。


今では『黄色は金運』というのが、風水の常識のようになっていますが、黄色は土を表す色です。ゴールドや金貨のイメージで『黄色は金運』としたのでしょうが、風水とは無関係です。


『2』と『5』と『8』が土を表す数であり、『3』と『4』を嫌います。象徴的な使い方として、マンションの8階に住んで、コーヒーカップなどは五客ずつ揃え、リビングには二鉢の観葉植物を置く・・・あくまでもイメージですが、このような感じです。また、土の人は窯業、農業、倉庫業、土木関係などが適職です。まさに『土』の連想形ですね。
『金』の人が持つ方位の特性です。生涯、変わることのない方位特性であり、五行で『金』、八卦で『乾(けん)・兌(だ)』に属し、乾金は西北、兌金は西に位置します。金の人にとって西北と西は居心地の良い方位であり、適切な言い方とはいえませんが、ラッキー(?)方位です。


下記は乾金と兌金の方位特性ですが、凶が悪い方位で、吉方位に行けば良いということではありません。すべてはエネルギーの状態であり、吉凶にはそれぞれの特性に応じた使い方があります。誤解を恐れずに言えば、吉は陽で興奮を、凶は陰で鎮静をイメージすればいいでしょう。
『乾金』 『兌金』
 ●北 =六さつ方−2 過失と錯誤 (中 凶)
 ◎東北=天医方 +3 緩和と癒し (大 吉)
 ●東 =五鬼方 −3 怒りと衝突 (大 凶)
 ●東南=禍害方 −1 虚飾と偽善 (小 凶)
 ●南 =絶命方 −4 失望と矛盾 (最大凶)
 ◎西南=延年方 +2 協調と連帯 (中 吉)
 ◎西  =生気方 +4 生命力と活気(最大吉)
 ◎西北=伏位方 +1 計画と発展 (小 吉)
 ● 北 =禍害方 −1 虚飾と偽善 (小 凶)
 ◎ 東北=延年方 +2 協調と連帯 (中 吉)
 ● 東 =絶命方 −4 失望と矛盾 (最大凶)
 ● 東南=六さつ方−2 過失と錯誤 (中 凶)
 ● 南 =五鬼方 −3 怒りと衝突 (大 凶)
 ◎ 西南=天医方 +3 緩和と癒し (大 吉)
 ◎ 西 =伏位方 +1 計画と発展 (小 吉)
 ◎ 西北=生気方 +4 生命力と活気(最大吉)
上記方位の吉凶でインテリアをチェックします。室内の中心からみて、吉方位にパソコンや机、家電品などを配置して、凶方位を本棚やタンスなどの収納スペースにするのは前回同様です。


金の色は白色です。銀色も同系色ですが、黄色や金色ではありませんのでご注意ください。苦手な色は赤色、及びその系統の色です。しかし、白も多用し過ぎると寒々となるため、他の色との組み合わせで暖かさも必要です。すべてにおいて共通することは、ひとつのものに偏ることのないバランスが大切です。苦手とする赤色も、絶対に使ってはいけない色ということではなく、バランスの良い配色であれば問題はありません。でも、車のボディーカラーは白色がお奨めです。


『6』と『7』が金を表す数であり、『9』を嫌います。宝くじやギャンブルに『6』と『7』を使って、『9』を避ければ大当たりになる・・・かもしれません。なればいいですね。
今回は『水』の人が持つ方位の特性です。生涯、変わることのない方位特性であり、五行で『水』、八卦で『坎(かん)』に属し、坎水は北に位置します。水の人にとって北、東、東南、南は居心地の良い方位であり、適切な言い方とはいえませんが、ラッキー(?)方位です。


下記は水の方位特性ですが、凶が悪い方位で、吉方位に行けば良いということではありません。すべてはエネルギーの状態であり、吉凶にはそれぞれの特性に応じた使い方があります。誤解を恐れずに言えば、吉は陽で興奮を、凶は陰で鎮静をイメージすればいいでしょう。
『坎水』
   ◎ 北 −伏位方  +1 計画と発展 (小 吉)
  ● 東北−五鬼方  −3 怒りと衝突 (大 凶)
  ◎ 東 −天医方  +3 緩和と癒し (大 吉)
  ◎ 東南−生気方  +4 生命力と活気(最大吉)
  ◎ 南 −延年方  +2 協調と連帯 (中 吉)
  ● 西南−絶命方  −4 失望と矛盾 (最大凶)
  ● 西 −禍害方  −1 虚飾と偽善 (小 凶)
  ● 西北−六さつ方 −2 過失と錯誤 (中 凶)
上記方位の吉凶でインテリアをチェックします。室内の中心からみて、吉方位にパソコンや机、家電品などを配置して、凶方位を本棚やタンスなどの収納スペースにするのは前回同様です。


水の色は黒・藍色です。苦手な色は黄、茶色及びその系統の色です。しかし、水の色は寒色なので、それだけで統一すると重くなってしまいます。風水はバランスを非常に大切にしますので、他の色も積極的に取り入れるようにして下さい。


なお、水を表す数は1であり、2、5、8を嫌います。こちらは利用するといっても、難しいかも分かりませんが、参考にしてください。