月刊風水トップページ 風水の話目次
04
マイナスイオンと備長炭の話を ごく簡単に 月刊風水/ちょっと風水の話しを
マイナスイオン製品については、2004年頃で決着が付いたものと思っていたのですが、ネットで調べてみると...あるんですね。一時ほどの勢いはないものの、しっかり生き残っていました。そこで、今一度マイナスイオンにアタックです。


「マイナスイオン」という言葉は日本の造語ですが、そのベースは100年ほど前にドイツで発表された電離作用のひとつでした。それが健康にいいとなったのは、「これが身体に悪いのだから、その逆をすればいい。だからこれでいいのだ」という赤塚不二夫的二元論の仮説に企業が飛びつき、マーケティングに都合いいように利用したことにあります。今なお化学にマイナスイオンという言葉はありません。


海外でもマイナスイオンによる健康ビジネスが問題になりましたが、日本では10年ほど前にテレビが火付け役となり、ほとんどのメディアが追従しました。それに便乗したのが、大手家電メーカーであり、次いでアパレルや各種雑貨、自動車や化粧品まで、大企業といわれる日本のあらゆるメーカーがマイナスイオン製品を世に送り出しました。どれも日本を代表する企業です。


家電メーカーのマイナスイオン発生原理は、高電圧のコロナ放電によるものだそうです。しかし、この方法だと人体に有害なオゾンも発生するはずなのですが、そのことには一切触れませんねぇ。


現在はさすがに一時ほどの勢いはないものの、マイナスイオン商品は健在であり、その発展形といえるものまで登場しています。しかし、メーカーは当時と同じ、分かったような分からないような解説をHPに掲載しています。メーカーは「害があるとは証明されていないので問題はない」という、いかにも日本的な弁明をしているようですが、本音は「触れて欲しくない」というところですね。どちらかといえば、メーカーの開発・研究部門は否定的だったが、営業に押し切られた、というのが実情ではないでしょうか。昔からいわれる「学者の良識」が問われる問題です。


マイナスイオン製品はカルト教団の「開運の壺」同様、御利益があると思えばあるし、ないと思えばない。


科学で証明されていないものが全てインチキとは言えませんが、少なくとも科学的権威付けによって生み出されたものは、科学で立証する責任があります。風水も科学で立証されていませんが、経験則を積み重ねた知恵とは根本的に違います。もっとも風水にも、迷信や詐欺商法が山ほどあるので似たようなものかもしれません。
次に備長炭ですが、これはスポンジのような多孔質の炭素の塊であり、基本は普通の炭も同じです。吸着能力が高いので燃料用以外にも利用され、水の浄化や匂い、ガスなどの吸着、あるいは微生物の定着に使われますが、通常は普通の炭で十分です。住宅への利用は、床下に炭を敷きつめると素晴らしい調湿効果を発揮します。最近は建材として、炭を練り込んだ下地ボードなどもあります。備長炭は生産量が少ないので、燃料用以外にはインテリア雑貨や炊飯器に入れて使うような、一本二本の単位で販売することが多いようです。


備長炭に限ると高伝導体という特性があります。もとは木ですから絶縁体ですが、炭化するにつれ電気抵抗が少なくなります。普通の木炭は600〜700度くらいで焼きますが、この温度だと半導体です。ところが1000度に達する高温で焼き上げる備長炭は、金属並みの電気伝導体になります。電池の実験に備長炭を使うのはそのためです。また、金属は電磁波を遮断しますので、金属並みの電気伝導率を誇る備長炭にも電磁波遮断効果があります。


そこで備長炭の電磁波関連グッズが登場します。「パソコンの横に置けば、有害電磁波を吸収する」というスーパーグッズです。確かに備長炭にぶつかった電磁波は吸収されますが、電磁波は四方八方に飛びだして備長炭だけに集中するわけではありません。パソコンの電磁波を遮断しようとするなら、備長炭でパソコンを完全に覆わなければなりません。


竹炭でも備長炭でも普通の炭でも、使い方によっては大変有効な環境改善能力を持っています。しかし、都合のいい拡大解釈は危険です。冷蔵庫の脱臭に「キムコ」という脱臭剤がありますが、キムコに使われる高吸着力の活性炭量と冷蔵庫の庫内容積との比率を考えれば、家一軒に必要な炭の量は想像できます。もし、家の電磁波防御に備長炭を使うとすれば、パソコン同様家をすっぽり備長炭で覆う必要があります。いずれにしてもかなり大変ですね。


しかし、備長炭の物理的効果は期待できなくても、備長炭グッズの心療内科的な癒し効果は、その年の恵方に干支の置物を置くよりは、ずっと効果的でしょう。
良識よりも経済が優先される時代になり、怪しいもの、怪しい情報、怪しい権威が氾濫し、疑問や不安は増える一方です。少し前に「浴室に置くだけで、カビを防いで浴室ぴかぴか」という、銅イオンとか銀イオンとかの洗面器がありました。これもマイナスイオンと同列のものですが、こういった商品に共通する宣伝文句を考えてみました。


1.立派な肩書きのついた××博士の推薦
2.いかにも権威のありそうな名称の研究所による分析結果
3.著名人やタレントなどの「私も使って驚きました」の体験談
4.専門用語と科学用語満載の意味不明な説明文


これくらい揃うとかなり怪しいのではないでしょうか。おっ!風水と同じじゃん ...てね
月刊風水トップページ 風水の話目次