・・



陰陽道 関連する天皇年表 【第1回】
陰陽道 陰陽道誕生 【第2回】
陰陽道 陰陽道誕生(補足) 【第3回】
陰陽道 陰陽師が除霊・・? 【第4回】
陰陽道 民間陰陽師 【第5回】
陰陽道  その後の陰陽道 【第6回】
**
■第一回 関連する天皇年表
陰陽道については、「厄年と鬼門の話/ちょっと風水の話を」の中でも少し触れたのですが、最近は以前にもまして『風水+陰陽道+さまざまな占術=人気=うらやましい』という状態になっています。そこでそれを整理し、陰陽道と風水は別物であるということを考証できればと考えています。しかし、この陰陽道なるものは日本文化と深く融合し、あらゆるものに浸透しているため、一旦、取り組んだが最後、底なし沼状態になる危険性もあります。さて、どこまで迫ることができますやら・・・。


第一回は基礎データーとして歴代天皇の在位一覧です。初代神武天皇から現在の今上天皇までと思ったのですが、あまりにも多いのでとりあえず陰陽道に関係のありそうなところから、室町時代直前までとしました。そうです、このあと南朝・北朝に分かれるのです。また面倒になるなので・・・
今回のテーマに関係の深い天皇には簡単な解説をつけました。赤で示した箇所をクリックするとジャンプします。なお古代日本史については、今なお解明されていない部分が多く、今後の連載も含めて、年号などについては現時点において通説となっているものを採用します。

26代 継体天皇
27代 安閑天皇
28代 宜化天皇
29代 欽明天皇
30代 敏達天皇
31代 用明天皇
32代 崇峻天皇
在位507年
在位531年
在位535年
在位539年
在位572年
在位585年
在位587年






531年
535年
539年
571年
585年
587年
592年
飛鳥時代  593年〜710年
33代 推古天皇
34代 舒明天皇
35代 皇極天皇
36代 孝徳天皇
37代 斉明天皇
38代 天智天皇
39代 弘文天皇
40代 天武天皇
41代 持統天皇
42代 文武天皇
43代 元明天皇
在位592年
在位629年
在位642年
在位645年
在位655年
在位661年
在位671年
在位673年
在位686年
在位697年
在位707年










628年
641年
645年
654年
661年
671年
672年
686年
697年
707年
715年
奈良時代  710年〜794年
44代 元正天皇
45代 聖武天皇
46代 孝謙天皇
47代 淳仁天皇
48代 称徳天皇
49代 光仁天皇
50代 桓武天皇
在位715年
在位724年
在位749年
在位758年
在位764年
在位770年
在位781年






724年
749年
758年
764年
770年
781年
806年
平安時代  794年〜1192年
51代 平城天皇
52代 嵯峨天皇
53代 淳和天皇
54代 仁明天皇
55代 文徳天皇
56代 清和天皇
57代 陽成天皇
58代 光孝天皇
在位806年
在位809年
在位823年
在位833年
在位850年
在位858年
在位876年
在位884年







809年
823年
833年
850年
858年
876年
884年
887年
59代 宇多天皇 
60代 醍醐天皇 
61代 朱雀天皇 
62代 村上天皇 
63代 冷泉天皇 
64代 円融天皇 
65代 花山天皇 
66代 一条天皇 
67代 三条天皇 
68代 後一条天皇
69代 後朱雀天皇
70代 後冷泉天皇
71代 後三条天皇
72代 白河天皇 
73代 堀河天皇 
74代 鳥羽天皇 
75代 崇徳天皇 
76代 近衛天皇 
77代 後白河天皇
78代 二条天皇 
79代 六条天皇 
80代 高倉天皇 
81代 安徳天皇 
82代 後鳥羽天皇
在位887年
在位897年
在位930年
在位946年
在位967年
在位969年
在位984年
在位986年
在位1011年
在位1016年
在位1036年
在位1045年
在位1068年
在位1072年
在位1086年
在位1107年
在位1123年
在位1141年
在位1155年
在位1158年
在位1165年
在位1168年
在位1180年
在位1183年























897年
930年
946年
967年
969年
984年
986年
1011年
1016年
1036年
1045年
1068年
1072年
1086年
1107年
1123年
1141年
1155年
1158年
1165年
1168年
1180年
1185年
1198年
鎌倉時代  1192年〜1333年
83代 土御門天皇
84代 順徳天皇 
85代 仲恭天皇 
86代 後堀河天皇
87代 四条天皇 
88代 後嵯峨天皇
89代 後深草天皇
90代 亀山天皇 
91代 後宇多天皇
92代 伏見天皇 
93代 後伏見天皇
94代 後二条天皇
95代 花園天皇 
96代 後醍醐天皇
在位1198年
在位1210年
在位1221年
在位1221年
在位1232年
在位1242年
在位1246年
在位1259年
在位1274年
在位1287年
在位1298年
在位1301年
在位1308年
在位1318年













1210年
1221年
1221年
1232年
1242年
1246年
1259年
1274年
1287年
1298年
1301年
1308年
1318年
1336年
室町時代  1336年〜1573年
26代 継体天皇(けいたいてんのう)            在位507年〜531年
応神天皇の五世孫。先皇の武烈天皇(ぶれつてんのう)は残虐非道の暴君として有名で、天皇家の一族も次から次へと殺害していくという人物であった。その後、武烈天皇は暗殺され(確証はないがたぶん暗殺されたと考えられる)、時の権力者であった大伴金村大連(おおとものかねむらのおおむらじ)らによって、当時、越前(福井県)を中心に勢力を保持していた男大迹(おとど)王を、紆余曲折はあったものの、次期天皇として迎えたのである。しかし、この時代については未だ解明されていないことが多く、先皇の武烈天皇は実在しなかったという説まである。現在なお新しい発見が相継いでおり、今後の研究を待たなければならない。
【大連/おおむらじ】 大和朝廷における最高執政官の呼び名。連(むらじ)の姓(かばね)の最有力者。姓とは古代豪族が氏(うじ)の下につけた称号で、政治的・社会的な序列を示し世襲された(氏姓制度)。
〔天皇在位一覧にもどる〕
29代 欽明天皇(きんめいてんのう)            在位539年〜571年
継体天皇の皇子。日本書紀によると539年即位となっているが、現在では531年に即位したという説が有力。そのため、同時期の安閑・宣化天皇と並立していたと考えられている。この時代に仏教が朝鮮半島を経由して伝えられ、それをめぐって蘇我氏と物部氏(仏教排斥派)との対立が決定的になる。当時の日本は朝鮮半島南部に任那(みまな)という植民地を持ち、百済とは同盟関係にあった。しかし、朝鮮半島は高句麗・新羅・百済の三国が対立する戦国時代であり、大和朝廷は百済に援軍を送っていた。最終的には663年に百済は滅亡し、朝鮮半島における大和朝廷の権益も消滅する。なお、この時代の朝鮮半島における大和朝廷の関わりは、現代においても研究者の立場・考え方によって異なるため、詳細は避ける。
〔天皇在位一覧にもどる〕
33代 推古天皇(すいこてんのう)             在位592年〜628年
欽明天皇の第三皇女。蘇我馬子の姪にあたる。歴代天皇の中で最初の女帝。聖徳太子(厩戸皇子/うまやどのおうじ)を摂政とし、冠位十二階、十七条の憲法など体制の強化につとめた。外交においても遣隋使の派遣や、朝鮮半島などとの通商を活発におこなった。推古天皇は人民の崇敬を集めるシンボリックな存在でもあり、聖徳太子は行政を、蘇我馬子は軍事を統制するという、トロイカ体制ができていた。
〔天皇在位一覧にもどる〕
40代 天武天皇(てんのう)                在位673年〜686年
舒明天皇の皇子で、母は斉明天皇。天智天皇の弟にあたる。天武天皇は古代日本の一大スペクタクルである、壬申の乱(じんしんのらん)に勝利して即位した天皇である。仏教・神道・道教に精通し、実践的陰陽術を駆使して壬申の乱を制したともいわれている。即位後は律令体制(律は刑法、令は行政法・訴訟法などに相当)の確立や史書の編纂、身分制度の再編などによって、中央集権国家の体制を固めていった。“天皇”という称号を初めて使う。
〔天皇在位一覧にもどる〕
4
50代 桓武天皇(かんむてんのう)             在位781年〜806年
光仁天皇の皇子。母は百済系渡来人の高野新笠(たかののにいがさ)。784年(延暦3)に都を長岡京に移すが、794年(延暦13)には再び遷都し平安京を都とする。渡来系であった母親の影響を強く受け、古代日本史上もっとも天意に沿って治世を進めた人物である。
〔天皇在位一覧にもどる〕
**
■第二回 陰陽道誕生
最初に陰陽道というもののおさらいをしておこう。
読み方は『おんようどう』あるいは『おんみょうどう』であり、中国を起源とする陰陽五行説をベースに日本で生み出されたものである。メディアなどではつい最近まで「中国で誕生した陰陽道」などと言っていたが、安倍晴明ブームと相まって、陰陽道関係の出版物や資料も出回るようになり、今では「日本で生まれた陰陽道」とちゃんと伝えられているようである。


では、古い記録から陰陽道の誕生を探ってみることにしょう。
日本書紀によれば継体七年に五経博士(ごきょう)が百済(くだら)から派遣されたと記載されている。継体七年は西暦513年であり、五経とは儒教の重要経典である易経(えききょう)・書経(しょきょう)・詩経(しきょう)・春秋(しゅんじゅう)・礼記(らいき)を指す。特に易経は陰陽の組み合わせによる六四卦によって、宇宙の法則や人の運命を解き明かす占いの書であり、それを教授する五経博士が来日したということは、この時、正式に陰陽(いんよう)の概念がもたらされたと考えていいだろう。仏教が伝えられたのもこの頃である。6世紀から7世紀の日本は、大陸発祥の文化・科学技術を精力的に吸収し、日本人の精神文化に深く浸透していったのである。




陰陽寮という言葉が最初に登場するのは、天武天皇即位4年目の西暦676年である。これ以前の記録には「陰陽の術」という言葉は出てきても、「陰陽寮」に関する記載は見あたらない。新たな木簡でも発見されれば別だが、現在のところはこの時点で陰陽寮なる官僚組織が誕生したと考えていいだろう。


陰陽寮は中務省(なかつかさしょう)被管であり、そのシステムは天体の運行から天地自然の異変を予知する「天文(てんもん)」、暦作成の「暦(れき)」、時間を管理する「漏刻(ろうこく)」、相地を含む占術を司る「陰陽」の四つの機関に分けられ、同時に陰陽師を養成するための教育機関も兼ねていた。中務省とは律令官制における八省のひとつであり、天皇の事務方とでも言えばいいだろうか。他に式部・治部・民部・兵部・刑部・大蔵・宮内があり、中務を入れて八省となる。


さて、一般には陰陽寮のトップは陰陽頭(おんようのかみ)とされているが、当時は陰陽頭イコール陰陽師ではなかった。貴族が出世していく過程で陰陽頭を努めることが多く、今でいえば財務官僚が地方の税務署長を経験してから本省に戻っていくようなものである。陰陽師のトップが陰陽頭に任じられるようになったのは9世紀に入ってからのことである。この時代になると陰陽寮は朝廷内部において無視することのできない勢力となっていた。そこに宗家としての管理システムを持ち込んだのが賀茂家である。時あたかも賀茂保憲(かものやすのり)から、その弟子である安倍晴明(あべのせいめい)へとつながる、陰陽道史上もっとも華やかな平安時代であった。しかし、この宗家システムの導入は、本来、文部科学省的な性質を持ち、教育機関としての機能も備えた陰陽寮を、迷信製造機関にしてしまったのである。


また、陰陽道という「道」をつけた呼び名が登場したのもこの頃である。当時の「道」は学問分野や技術官僚だけではなく、一般に広く用いられており、賀茂家が宗家として天文・暦・陰陽をひとまとめに陰陽道として、独占・管理をやりやすくしたのである。
**
■第三回 陰陽道誕生(補足)
国家が安定するにつれ行政システムの整備も進んでいく。そうなると戦争やクーデターに絶大な威力を発揮し、かつては天皇自らが操った“陰陽の術”は、いつ爆発するかわからない時限爆弾となった。天皇に敵対する勢力が陰陽の術をもって、要人暗殺や国家転覆を謀ればどうなるか・・・。剣を抜いて向かってくれば防ぎようもあるが、目に見えないものは防ぎようがない。天皇が安心して政治を行うためには“陰陽の術”を封印しなければならないのだ。しかし、もともと大陸から輸入されたテクノロジーである。鎖国でもしない限り封じ込めることは不可能といっていいだろう。秘密はいずれ漏洩する。ならば白日の下にさらし、法の網を掛けて国家管理すればいい。なかなかいいアイデアである。


かくして陰陽寮という役所を新設した朝廷は、陰陽テクノロジーの一括管理・運用システムをつくりあげ、陰陽寮の職務内容も明確に規定されたのである。ここにおいて“陰陽の術”は“陰陽道”と名を変え、一部の陰陽寮職員以外の者が陰陽道を学ぶことはもちろん、陰陽道関係の書物や道具の私有も禁じられ、違反者には労役刑が科せられるという厳しい罰則規定がもうけられた。


しかし、その後の歴史を見れば、陰陽道は神道・仏教と融合しながら日本全国に広まり、日本人の精神文化に深く影響を及ぼすことになる。現代の日本人が今なおその影響下にあることを考えれば、陰陽道が日本人のアニミズムとごく自然に一体化していったことがうかがえる。
**
■第四回 陰陽道誕生(補足〜陰陽師が除霊?)
歴史の闇に隠され、その存在さえも一部の関係者しか知らず、関連する文献など皆無といっていいほど一般には知られていなかった陰陽道。それが今ではドラエモンと肩を並べる知名度と人気である。火を付けたのは小説とコミック。その火に油を注いだのが映画とテレビといったところか。


TVには現代の陰陽師なる人物が登場し、除霊・浄霊をしている ・・・除霊??


現代の陰陽道ブームは陰陽師・安倍晴明ブームと言っていいだろう。メディアや読み物に登場する陰陽師像は、あきらかに安倍晴明をイメージしている。しかし、陰陽師の職務に現代でいうところの除霊というものはない。今回はこのあたりから見てみよう。




陰陽寮設立の目的を端的にいえば国家の安寧である。陰陽道が行う卜占や勧申、さまざまな祭祀はすべて天変地異から国を守るためであり、その付随業務として、天皇や貴族、上級武家などへの攘災が行われた。


陰陽道が隆盛を極めたのが、桓武天皇が京都に都を移した延暦十三年(794年)から、源頼朝が征夷大将軍となる建久三年(1192年)までの約400年間である。もともと怨霊に追われてたどり着いた平安京である。都の闇は魑魅魍魎が支配し、呪術は無視することのできない現実であった。当時のオカルトマスターは陰陽師と密教僧である。その密教勢力を資力で牛耳ったのが藤原氏である。やがて天皇親政が崩壊し、藤原氏が覇権を握った時、もう一方のオカルトマスターである陰陽寮が、藤原一門に従ったのは当然の成り行きであった。官僚である以上、権力者に付き従うのはいつの時代も同じである。


この頃になると藤原氏は意図的に“物の怪”の恐怖を演出した。有能なオカルトマスターがすべて藤原氏に支配されているということは、藤原氏に敵対する者は物の怪から身を守ることができないだけではなく、呪殺されるという危険もあった。朝廷内で藤原氏に逆らう者は破滅を意味するのである。また、この時期、陰陽師の職務も変化し、本来の職務規定にはなかった呪術や祭祀が要求されるようになった。天皇だけではなく貴族個人にも延命のための泰山府君祭を行い、五穀豊穣を祈願し、怨霊や物の怪を鎮めるための呪術なども行うようになったのだ。




当時の『怨霊を鎮める』ということは、現在、テレビなどでよく目にする除霊や浄霊などとはずいぶん違うものです。


現代につながる除霊や浄霊という考え方は鎌倉時代以降、農村から広まったと考えられる。広めたのは修験道や闇の陰陽師(民間陰陽師)たちである。鎌倉時代初期に密教教団から誕生した修験道は、密教呪術だけではなく、陰陽道や神道などの呪術を積極的に吸収し、全国の霊場を巡りながら地方の武士や農民に接触し、加持祈祷を行った。それら病気平癒、害虫駆除とともに先祖供養や憑き物の除霊も盛んに行われた。また、陰陽道が民間に伝わったのは、当時、国司に随行して地方に下ったり、戦国時代に戦乱を逃れて各地の大名に身を寄せた陰陽師の影響である。ただ、これら民間陰陽師については神道や仏教と複雑に絡みあい、非常に広範囲でひとことで語り尽くすことはできない。




今回のまとめとして、陰陽寮に属する宮廷陰陽師の安倍晴明が、現在ブームになっている除霊や浄霊という行為をすることはなかったし、除霊・浄霊という概念自体が彼らにはなかった。これら憑き物信仰は農村から発祥した文化である。
**
■第五回 民間陰陽師
国家公務員として朝廷の独占管理のもと、国家安寧のために働いたのが陰陽師である。個人を相手に除霊や浄霊などという行為をすることはない。これらは主に民間陰陽師が全国に広めたものであった・・・というところまで前回は話が進んだ。では、国家管理のもとにあった正規の陰陽師とは別に、全国にさまざまな禁忌をばらまいた民間陰陽師とは何者なのだろう。このあたりから、話は複雑になってくる。


陰陽寮が史料に登場するのが天武(てんむ)四年(675年)のことである。この初期の陰陽道は心霊や神仏などとは無縁の、陰陽五行説にもとづいたテクノロジーである。陰陽師という呼び名もこの時に誕生した言葉なので、それ以前については“陰陽の術”というのが正しい。陰陽の術の原点は史料で見る限り、陰陽寮誕生から160年ほど遡った継体(けいたい)七年(513年)のことであったと考えられる。しかし、問題はそれ以前から日本に流入していた、さまざまなチャイニーズマジックだ。それらは科学的なものから意味不明のものまで、かなり道教色の強いものであったと想像される。


道教(どうきょう)は儒教などとともに中国の思想・文化を形成した民俗宗教である。開祖もいなければ指導者もいない、この自然発生的民間信仰は民衆の心を強く捉え、やがて老荘思想をベースに宗教としての体裁を整えていく。現在ではこの初期段階の道教を民衆道教と呼び、二世紀末頃に宗教として整備されたものを成立道教と呼んでいる。


道教はあらゆるものを飲み込んで肥大していった。科学や医学、生理学はもとより、他宗教から呪術・占術に至るまでジャンルを超えて吸収し、そこから新たな道教マジックが誕生し、アジアに浸透していったのである。蛇足ながら風水についてはあまりにも多くの呪術的要素が付加されてしまい、それが今日の混乱を招く結果になってしまった。この道教系風水は、本来の風水とは随分かけ離れたものであり、人気の護符や魔除けのペンダント、七星剣などはそのいい例である。そんな道教マジックを日本に持ち込んだのは渡来人であり、“陰陽の術”よりずっと以前のことであった。つまり、陰陽道が誕生するずっと以前に道教的陰陽オカルティズムは日本に存在し、日本古来のアニミズムと融合しながら定着していったのである。


やがて陰陽の術は六世紀から七世紀にかけて、正規ルートで日本に輸入されるようになる。しかし、すでに道教に端を発する祭祀や禁忌が根付いていた日本は、基礎科学としての陰陽五行理論より道教マジックへの傾斜を深めていくのである。そういった道教オカルティズムと陰陽五行テクノロジーが交錯した中で陰陽道は誕生する。日本的アニミズムの影響も受けながら誕生した陰陽道は、その後も神道や密教呪術・修験道などとオーバーラップしながら、本来の科学的要素をどんどん失い、ついには日本の一大迷信製造機関とまでいわれるようになるのである。


アニミズム 〜 宗教の原初的形態で、精霊信仰・霊魂崇拝をいう。すべての事物には霊魂や精霊が宿るとする考え。


さて、時代が落ち着きを取り戻し、政治も安定してくると、国内の交通網も整備され、地方に下る国司に随行する陰陽師も多くなる。テクノクラートである彼らは、期せずして最新の科学技術を地方に伝える役割を担うことになったのだ。しかし、都の文化・技術が一気に地方に広まったのは、応仁の乱から戦国時代にかけてである。戦渦を避け都を脱出した学者や文化人を、地方の大名たちが保護したのだ。これによって、科学技術のみならず学問・芸術・宗教・風俗など、都の華やかな文化が地方で開花することになったのである。


在野においては、陰陽道やさまざまな呪術は芸能として諸国を漂泊する。日本伝統の祝福芸と呼ばれるものであり、正月に各家庭の門口で、一家の繁栄を願って祝言を述べる門付け芸などがその代表的なものである。現代ではお笑いの代表になっている“漫才”は吉本興業の造語であり、本来は“万歳”と書く門付けの祝福芸であった。基本形は太夫と才蔵の2人組で、太夫が祝言を述べ、才蔵が小鼓を打ち合の手を入れる掛け合いである。現在ではその伝承者も絶え、わずかに正月のTV番組で三河万歳が見られるくらいだ。このような人を祝福し、幸福を祈願するという行為は呪術行為そのものであり、陰陽師や山伏を兼ねる芸能者も多く、その実体は非常に複雑である。




本来、芸能は神事であり、その原点は天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩戸(あめのいわと)に隠れた時、その前で踊り騒ぐことによって岩戸を開かせたことにある。諸国を巡る芸能者は、農村部では病気平癒や五穀豊穣・害虫除けなどを行い、都市部においては邪気を祓い、福を招くというものが中心であった。また、現代の歌舞伎や能・狂言も元を辿れば同じ処に行き着くのである。
**
■第六回 その後の陰陽道
安倍晴明人気で古代陰陽道は多くのメディアに取り上げられ、『陰陽道=陰陽師=安倍晴明=スーパー・ゴーストバスター』という図式が出来上がっているようである。しかし、陰陽道/陰陽寮が存在したのは平安時代だけではない。その後も陰陽道は権力者の陰となり、日本の闇を支配し続けてきたのである。今回はそんな陰陽道のその後をみてみよう。


とはいうものの、信頼できる資料に乏しい陰陽道である。晴明人気で平安期の陰陽道については随分資料も整えられたが、それ以降はまだまだ闇の世界だ。そんな世界にどこまで踏み込むことができるのか。

・・・うーん、尻切れトンボになりそう


では、ぼちぼち・・・
天武天皇が陰陽寮を設置したのが七世紀。陰陽道や陰陽師という言葉が誕生したのもこの時である。その後、陰陽寮は治世に影響を及ぼすほどの力をもつまでになり、平安時代に全盛をきわめるのである。やがて武家社会が訪れると、かつての貴族社会を支配した勢いは影を潜めるものの、その社会的な影響力は続いた。


では、テクノクラートとしての陰陽師はいつまで存在したのか。一般的には明治新政府が明治3年に布告した陰陽道禁止令まで、ということになる。しかし、陰陽道禁止令といっても、『陰陽道を禁止、あるいは廃止する』と書かれているわけではなく、『従来、陰陽道宗家が持っていた特権はすべて無効である』という意味のことが書かれているのである。これだけを見ると、まるで陰陽道を狙い撃ちにしたかのように見えるが、決してそういうことではない。


当時、欧米の圧倒的な軍事力を目の当たりにした明治新政府にとって、国内の近代化・西洋化は急務であった。それには国民の意識改革が必要であり、迷信や淫祠邪教のたぐいは早急に根絶せねばならないものとされたのである。この陰陽道廃止令ともいえる明治3年の太政官布告以降、修験道や一部の仏教行為、祈祷なども次々と規制されることになる。


こういったところが公的陰陽道消滅の通説なのだが、ここで疑問が湧いてくる。民間組織の仏教や修験道などは、政府の考え方ひとつでいかようにも処理することは可能である。また、民間陰陽師の規制排除に政府が強権発動することも可能であろう。しかし、陰陽道宗家は民間陰陽師ではない。陰陽道を司る陰陽寮は中務省(なかつかさしょう)管下の正式な役所である。中務省は天皇に近侍し、補佐する朝廷の正式な官庁のひとつだ。当然の事ながらそこに属する陰陽師は国家公務員である。そんな陰陽道を明治政府が迷信と断定できるのだろうか。


王政復古の大号令のもと、江戸幕府を廃して政権を朝廷に戻した明治新政府である。薩摩・長州・土佐・肥前など、旧藩閥によって構成された天皇親政であり、当然の事ながらその頂点には天皇が存在する。その最高権威である天皇のテクノロジーを、淫祠邪教と断罪することはできないだろう。ましてや陰陽道が廃仏毀釈のターゲットになるとは考えられない。実は陰陽道はそれら世俗のことより、もっと重大な問題を内包していたのである。
それが、暦の問題である。