**
月刊風水トップページ 風水の話目次
月刊風水
さて、陰陽道界のアイドル「安倍晴明」の一席です。既にご存知だとは思いますが、読み方は「あべのせいめい」です。なお、晴明ファンの方はお読みにならないほうがいいかもわかりません。人気の晴明サマとは随分イメージが違うかも・・・
さて、現在人気の安倍晴明は、スラリとした長身・色白で、何事にも動じることなく常に沈着冷静、ユーモアセンスのあるスポーツ万能のインテリ ・・・ う〜む、完璧すぎるぞ。しかし、本当のところはどうなのだろう?


安倍晴明は大膳大夫(だいぜんのだいぶ)・安倍益材の子として延喜二十一年(えんぎ 西暦921年)に、現在の香川県・讃岐国に生まれる。しかし、生誕地については他にも大阪の阿倍野区安倍野など諸説あって、どれも確証はない。なお、大膳大夫とは宮中の食膳を司る役所の長官のことである。晴明も父の後を継いで大膳大夫を努めるようになるのだが、その後、賀茂氏に弟子入りし陰陽の道に進む。享年八十五歳。寛弘二年九月(かんこう 西暦1005年)に死没となっている。以上が安倍晴明に関するプライベート・データーだ。あとはわずかに「陰陽師として何々を占った」などの記録が残されているだけであり、それも晴明が五十歳を過ぎてからの記録である。


ということで安倍晴明の話、終わり・・・ではあまりにも寂しすぎるので、彼がなぜスーパースターになっちゃったのか?ということを見てみよう。しかし、生まれた年ですら死んだ年から逆算したものであり、陰陽道自体も日本の闇の部分に属するため、信頼できる資料に乏しいのが実情である。ましてや一人の陰陽師のこととなると、正式な記録などなくて当然なのだ。そこで事実はともかく、まずは幼少期の晴明を伝える有名なエピソードを見てみよう。なお、登場人物は晴明を始めとして、全員関西人だということをご承知おき願いたい。




まだ幼少の晴明がある夜、師匠である賀茂忠行(かものただゆき)の共をして下京付近を通りかかった時、前方から鬼が集団で歩いてくる。忠行は牛車の中で眠り込んでしまっており、鬼に気付いたのは晴明だけである。


晴明 師匠、師匠!」
忠行 なんじゃい。人が気持ちよう寝とんのに・・・」
晴明 前から鬼の団体が来まっせ」
忠行 どりゃ・・あ〜っ、ホンマや。ぎょうさん来よったな」
晴明 どないしまひょ」
忠行 よっしゃ。みんなこっちに固まれ。今からワシが術かけて、鬼どもからみんなを見えへんようにしたるさかい。ええかぁ・・・いくでぇ〜」
ちょちょいのちょい〜ということで、無事、鬼の団体をやり過ごした忠行一行であった。この時、晴明はまだ童子である。忠行は、「こいつ、鬼が見えるんか。どうやら素質はありそうやな、いっちょ仕込んだろか」ということで、この出来事以降、忠行は陰陽の道のすべてを晴明に教え込んだのであった。


これは「今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)」にみることができる話である。しかし、晴明の師匠は忠行の子である賀茂保憲とするのが通説であり、賀茂忠行を晴明の師匠とするには無理がある。忠行・保憲父子ともに晴明の師匠であったとする説もあるが、出典が今昔物語なので、よくできたお話しと考えるべきだろう。


[今昔物語集] 全31巻・集録数1000話以上にのぼる膨大な説話集。話は日本のみならずインド、中国にまで及ぶ。撰者・成立年などは未詳。現在のところ保安元年(1120年)頃の成立と推定されているので、平安時代の終わり頃になる。ホラーというかファンタジーというか、非常に魅力的な物語で多くの現代語訳が出版されている。なお、説話(せつわ)とは民間に伝わる話などで、昔話や言い伝え、伝説などに分けることができ、広くは神話も含める。


次が大鏡に出てくる花山院(かざん)の話である。大鏡は文徳天皇(827年〜858年)から後一条天皇(1008年〜1036年)までの、一四代176年間の藤原一族の栄華を、藤原道長(966年〜1027年)を中心に紀伝体で記したものである。やはり作者は未詳で、平安後期に成立したと考えられている。紀伝体とは特定の人物を中心に歴史記述をしたものだ。話は変わるが、以前テレビで安倍晴明の特番を見ていたら、女性アナウンサーが何回も『はなやまてんのう』と言うとった・・・どうでもいい話ではあるが。




さて、この話は986年に花山天皇が藤原兼家(かねいえ)・道兼(みちかね)父子の策謀により出家してしまった話である。道兼に誘い出された花山天皇が、東山法花寺(ほっけじ)を目指して土御門大路を進み、晴明の邸前を牛車で通過した時のことである。中から晴明の声が聞こえてきた。


晴明 あれれ?  天に政変のしるしが出てるがな。しかも天皇が退位するちゅうしるしや。しやけどもう終わってるみたいやなぁ。明日、役所に行ったら報告せなあかんから、ちょっと調べとくか」
オーイ、式神。ちょっとおいなはれ」
式神 ヘーイ〜 なんでっか?」
晴明 すぐ内裏へ行って、なんか変わったことがあったかどうか様子見といで。急いでな」
式神 がってんでぃ!」
 ---- 今まさに、花山天皇の牛車が邸の前を通り過ぎていく...
式神 ダンナ!」
晴明 なんや、えらい早いやんか」
式神 今、帝が御門前を通り過ぎて行きはりました」
 ---- 安倍晴明66歳の時の話であった
いくら関西とはいえ、それが当時、都の公務員が使っていた言葉なのか、とお叱りを受けそうですがまあ話しはおもしろい方が・・・ということで、以上のふたつは安倍晴明を語る時、よく引き合いに出される話である。しかし、忠行・晴明と鬼との遭遇話は作り話で、花山院退位の話は晴明66歳の時である、とまではあまり書かれていない。




日本のゴーストバスター代表は密教僧(含む修験)と陰陽師であり、物の怪や妖怪がブームになるたびに、彼らにもスポットが当たった。とくに平安時代と江戸時代の妖怪ブームは、社会に大きな影響を与えるものであった。晴明が活躍した平安京は、怨霊に追われてたどり着いた都である。最初から闇に支配される下地が充分にできていた。それを利用したのが藤原一族である。平安の都になってしばらくすると、藤原氏による摂関政治が始まる。天皇親政が崩壊したのだ。


藤原氏は権力の維持・拡大に、巧みに怨霊を利用した。事前に密教教団や陰陽師を掌握したうえで、怨霊の恐怖を煽り立てるという、計画的かつ悪質なものであった。怨霊は藤原氏のプロデュースによって、ますますパワーアップしていく。


当時、新興宗教であった密教教団は、藤原プランに加担することによって勢力拡大を目論み、官僚・陰陽師は時の権力者にへつらう。晴明のスポンサーももちろん藤原氏である。もっとも、公務員である陰陽師が時の権力者に媚びへつらうのは当然であり、彼らが責められるものではない(じゃ、外務省も・・・)。


藤原一族はあらゆる手を使って、「怨霊から逃れるには密教僧か陰陽師の呪力にたよるしかない」と喧伝した。しかし、有力な密教僧や陰陽師はすべて藤原氏の手中にある。貴族達は藤原氏に逆らえば、怨霊から逃れる術がなくなり、ヘタをすれば呪殺されかねないという恐怖に支配されていったのだ。この妖怪(怨霊)ブームは現代よりはるかに深刻である。




つづく第二の妖怪ブームが室町時代後期である。時代が貴族社会から武家社会に代わったように、闇の住人も怨霊から妖怪に変わっていた。世の中の乱れとともに息を吹き返した妖怪は、またたくまに社会を席巻し、当時の絵巻にその姿をとどめている。


長い戦国乱世を経て江戸時代になり、町人文化が発達してくると、妖怪達はまたしても姿を変えて登場する。現代に伝わる晴明のエピソードは、そのほとんどが江戸時代の浄瑠璃や仮名草子(かなぞうし)によってつくり出されたものだが、それらは江戸後期の妖怪ブーム以前に完成されていた。つまり、この時代、安倍晴明は語り物の題材になるほどのヒーローとして確立されており、すでに実像はどうでもよかったのである。




さて、時代は下って現代に甦った晴明は、端正な青年貴族として小説やテレビに登場する。その姿はとても五十過ぎの男には見えない。もっとも、晴明が五十歳だろうが二十歳だろうが、今となってはどうでもいいことである。しかし、1200年の時空を遡って分かったことは、妖怪が人間界に現れて害をなすのではなく、人間が自分たちの利害や都合によって、妖怪を引っ張り出し利用するということである。


第一期妖怪(怨霊)ブームの平安時代。貴族たちは怨霊に怯え、自らをがんじがらめにして自滅の道を歩み、第二期妖怪ブームの室町末期は、社会の荒廃とともに戦国乱世に突入していく時であった。当時、権勢を誇った密教教団も、やがて登場する織田信長によって壊滅状態に陥ることになる。そして訪れた第三期妖怪ブームの大都市江戸。時は文化・文政期。続発する百姓一揆と打ちこわし、そして日本周辺に出没する外国船と、まさに内憂外患であった。政治改革は庶民の暮らしを圧迫し、破滅の道を転がり始めた幕府は大政奉還へ向かって加速していく。そんな閉塞状態の中で妖怪は庶民の声を代弁した。


まてよ・・・これはまさに現在の社会情勢と同じではないか。歴史年表に妖怪ブームを重ねていくと、大きな時代の転換期に妖怪ブームが起こっている。となると、現在の妖怪ブームも時代の転換を暗示しているのか。後世の歴史家が現代をどのように判断するのか、非常に興味深いものである。しかし、現代に勝海舟や坂本龍馬は登場するのだろうか。う〜む。安倍晴明がまたしても横道にそれてしまった。それにしても、今の政府と幕末期の徳川幕府を比べたら、どちらがまともなのだろう・・・
月刊風水トップページ 風水の話目次