**
月刊風水トップページ 風水の話目次
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 第四・五章 (最終回) 第四・五章 (其の壱) 十二回目
(其の弐) 最 終 回
家康年譜 & 社会情勢 付   録
第三章 天海は徳川幕府の黒幕だったのか? へ戻る
第一章 家康はなぜ江戸を拠点にしたのか? へ戻る
半蔵門
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【十二回目】
第四・五章 (其の壱)
家康と天海
織田信長・豊臣秀吉と、時の権力者の傍らで天下支配のノウハウを余すところなく見てきた家康にとって、宗教勢力の掌握は避けては通れない問題であった。信長による一向宗との石山戦争、そして比叡山焼き討ちに端を発する天台、真言両密教勢力の殲滅作戦。しかし、信長は志し半ばで本能寺に倒れ、後を継いだ秀吉は信長路線を基本的に継承したが、宗教勢力に対しては矛先が鈍った。


かつては朝廷の庇護のもと、栄華を誇った天台密教も今では見る影もなく、ただただ教団内の勢力争いに終始していた。天海が登場したのはまさにそんな時であり、天台宗にとって久々のスーパースターであった。その天海と家康が手を結ぶ。家康が目指す宗教支配と天海が目論む天台宗の復興。両雄は互いを必要とした。と、同時に神仏の加護による国家の鎮護も天海に任されることになった。現代では当たり前の政教分離だが、当時は祭政一致が当たり前。神も仏も妖怪も、すべてが現実世界に存在していた時代である。かくして、天海プロデュースの霊的防衛ラインが江戸に敷かれることになったのである。


さて、天海の人情味豊かな逸話は枚挙に遑がないが、ここでは鎮護国家、徳川家安泰のために天海がプロデュースした、一般にいうところの「江戸の風水」を見ていこう。


江戸に出現した比叡山
水浸しの茅原から都市に変貌していく江戸。その江戸の霊的防衛システムを担ったのが天海であることは既に述べた。天海の脳裏には、理想的な風水都市「京都」があった。そのキーポイントは比叡山だ。天台宗の総本山である比叡山は、平安の時代から京の都を守護してきた要であり、江戸防衛システムにおいても、欠くべからざるものである。


ところが、比叡山の代わりになる山など、新造成地の江戸にあるわけがない。並の人間なら早くもギブアップだ。しかし、天海はいとも簡単にクリアする。自ら住持を努める星野山無量寿寺喜多院、つまり現・川越大師を東叡山喜多院と改名し、関東天台宗の本山にしてしまったのだ。もちろん、東叡山とは東の比叡山という意味である。江戸城の鬼門ラインからは外れるが、とりあえず比叡山はできた。


その後しばらく、喜多院は東叡山として江戸の守りを固めるが、やがて、天海は江戸の鬼門封じと宗教界の総支配確立のため、1625年(寛永二年)、上野に寛永寺を開山し、東叡山を喜多院から寛永寺に移すのである。時すでに家康は亡く、三代将軍家光の時代になっていた。延暦寺同様、元号を寺号にもつ寛永寺の開山は、宗教界における天海の権威を揺るぎないものにしたのである。




月刊風水トップページ
風水の話目次
上野公園


かくして上野に誕生した東叡山寛永寺は、119万平方メートルという現在の上野公園の倍以上に及ぶ敷地に、多くの伽藍を配した大寺院となった。天海のプロデュースはそれだけに終わらない。不忍池は琵琶湖となり、奈良・吉野山から移植された桜は上野に聖地吉野山を現出させることになったのである。もっとも、一般には三代将軍家光が吉野山を模して、桜を移植したことになっているが、それを献策した者がいるのは当然である。単に花見をするためであれば、吉野山からわざわざ桜を担いでくる必要もないだろう。


そして、最後のつめが天海悲願の宮門跡だ。宮門跡とは天皇の血縁を住職として迎えることである。しかし、こればかりは天海の思惑どおりにはいかず、1655年(明暦元年)になって、ようやく後水尾天皇の第三皇子・守澄法親王が初代宮門跡として江戸に下ることになる。天海没後実に十年以上の歳月を経てのことであった。




不忍池 弁天堂

そして裏鬼門は
さて、江戸城の鬼門は東叡山寛永寺によって完全に封じた。では裏鬼門は・・・。そう、裏鬼門を抑えたのが日枝神社(ひえじんじゃ)である。もともと太田道灌が江戸城築城にさいして、1478年(文明10年)に川越山王社を勧請したものである。家康が江戸入国を果たした1590年(天正十八年)に江戸城内紅葉山(もみじやま)に祀ったものである。その後何度か場所を移し、現在の赤坂に落ち着いたのは、1657年の明暦の大火による、社殿焼失後のことである。しかし、場所を変えても、日枝神社が江戸城の裏鬼門をはずすことはなかった。


日枝神社(山王社)御祭神は大山咋神(おおやまくひのかみ)という神様で、古事記に登場する有名な須佐之男神(すさのおのかみ)のお孫さんである。表鬼門が密教で、裏鬼門が神道?なんとなく「なぜ?」とお思いなのではないだろうか。実はこの神様と天台宗とは深い関係があるのだ。日枝神社(山王社)祭神・大山咋神とは、その名の通り大山の主であり、山王とは山の王を意味するのである。つまり日枝山を支配する神であり、日枝山とは比叡山のことなのだ。天台宗が比叡山に入ったとき、大山咋神を守護神として祀ったのが、天台宗をベースに成立した山王神道であり、そこから天海がでっち上げた(失礼)のが、山王一実神道であり、これによって家康は神になったのである。


仏教と神道、まったく別物のように思えるが、日本には古来から神仏習合という便利な思想があった。簡単にいえば外来宗教の仏教が、日本で比較的スムーズに受け入れられたのは、日本本来の神様を否定することなく、親戚筋としたところにある。奈良時代から寺院に神様がいたり、神社に神宮寺などというよくわからない寺があったりして、日本の宗教は素人にとってなかなか複雑である。特に天台宗は本来、簡単に「密教」と分類できるものではなく、仏教他宗派の教義も含んだ、複合的な宗派なのだ。


さて、話を戻そう。天海プロデュースによる、江戸の鬼門封じはほぼ完璧といえるだろう。しかし、この鬼門封じを風水とするのは無理がある。となるとあとは日光東照宮か、はたまた五色不動か・・・?
両  国
月刊風水トップページ
風水の話目次
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【最終回】
第四・五章 (其の弐)
1999年12月に世界文化遺産となった日光。誰もが思い浮かべるのが眠り猫と三猿、そして陽明門の三点セットである。しかし、なぜ家康の廟が日光にあるのか、天海と日光の関係は等々、改めて考えると意外に知らないことが多いのではないだろうか。しかし、それが分かれば江戸の秘密も見えてきそうだ。




日光の歴史は766年に勝道上人(しょうどうしょうにん)なる人物が開山したのが始まりである。彼は735年に下野国、つまり栃木県に生まれている。時は天平文化華やかりし頃の奈良時代。当時、仏教は国家を鎮護するために不可欠なものとされ、国費により手厚く保護されていた。今で言うところの特殊法人のようなものである。となれば、僧侶は有力者に取り入るために腐心し、派閥争いで一喜一憂を繰り返すことになる。もっとも、貴族をはじめとして、他の公務員や学者も同様であり、僧侶だけを非難するわけにはいかないのだが。
(千年以上も昔のことを現代もやっているわけで、人間の進歩などこの程度のもの。屋久杉の方が人間より立派かもね・・・)


そんな奈良仏教の堕落の象徴が弓削道鏡(ゆげのどうきょう)である。しかし、これとて戦国時代の仏教教団や、古都税や景観問題などで拝観停止という暴挙に出た、京都仏教会などと比べればまだマシといえる。しかし、いつの時代にも高い志を持った人はいる。堕落の極みに達し、形骸化した仏教に見切りを付けた一部の僧達が、そんな寺院を飛び出し、山林に身を投じたのである。密教の開祖、最澄と空海もそんな山林修行者のひとりであった。




話を日光に戻そう。勝道上人が日光山を開いたのが766年。その後、堂塔伽藍が整備され、多くの僧や修験者が入山するようになると、日光は関東全域から信仰を集めるようになるのである。ちなみに最澄が生まれたのが767年、空海は774年だから彼らが生まれる以前の事である。


勝道上人は817年に没するが、820年には弘法大師空海が、848年には慈覚大師円仁が来山し、日光山は真言・天台両密教が認める正統な霊場となったのである。やがて源頼朝が鎌倉に幕府を開くと、日光山は関東を守護する聖地として源氏の信仰を集め、続く室町時代に関東の一大霊場として、その名を全国に知られるまでになるのである。


ところが良いことばかりは続かない。まさに“吉凶禍福は糾える縄の如し”である。発端は天正十八年(1590年)の豊臣・徳川連合軍による小田原攻めである。この時、日光山僧徒は北条氏に加勢する。これまでの歴史を見れば、彼らが北条氏に加勢するのは当然といっていいだろう。しかし、戦いは北条氏の滅亡という最悪の結果で幕を降ろしてしまったのだ。日光山も秀吉に敵対した以上ただで済むはずはなかった。寺領は没収され、僧徒は四散という、ほとんど壊滅状態に陥ってしまったのである。この後、日光が再び歴史の表舞台に登場するには、天海が日光山貫主となる1613年まで待たなければならなかった。




風水関係の本を読むと、まるで天海が家康を神として祀るために、いきなり日光を聖地に仕立て上げたかのような印象を受ける。しかし、日光は南都六宗の時代から広く信仰をあつめ、鎌倉に幕府が置かれてからは、源氏ともつながりの深い地となった。徳川家も新田氏(にった)の系統に属し、源氏の血をひいている・・・と家康は言っている。 “言っている”というのは、戦国大名の氏素性は、はなはだ怪しいのが多いのだ。海音寺潮五郎氏は「徳川の先祖は徳阿弥という乞食坊主である」と言っている。真偽のほどはともかく、源頼朝以来、源氏の信仰を集めた聖地・日光に、源氏の血を引く(・・という)家康を神として祀る。しかも、日光は江戸城と北極星を結ぶ軸線上にある。すなわち天帝の鎮座する場所なのだ。これは家康が徳川幕府のみならず、日本国の守り神になるということである。なるほど、とつい納得しそうになってしまうほどよくできた話だ。しかし、物事には裏と表がある。


もともと密教勢力は権力とともに存在した。仏教自体が国家鎮護という目的のために輸入されたシステムであったため、その中から早い段階で分派していった密教教団が、同じ目的・価値観を持っていたのは仕方のないことである。織田信長の比叡山焼き討ち後、凋落の一途をたどり、権力から遠ざかっていた天台宗にとって、家康は久し振りの理解者であった。念願の権力者側に返り咲いた天台宗だが、家康&天海がいつまでも存命というわけにはいかない。両雄亡き後のことも考えておかなければならない。それが日光を舞台にした、天海の神君家康占有計画だったのだ。


しかし、家康の遺骸を天台宗が独占するためには大きな障害があった。天海とともに家康の信任厚き禅僧、以心崇伝(いしんすうでん)の存在である。徳川政権を語る時、この男も最重要人物の一人である。


以心崇伝、金地院(こんちいん)崇伝といったほうが分かりやすいかも知れない。金地院とは崇伝が再建した寺である。崇伝は室町幕府十三代将軍・足利義輝の臣下であった一色秀勝(いっしきひでかつ)の子である。永禄八年(1565年)、三好善継・松永久秀らの御所襲撃により、義輝自刃という事件後、南禅寺に入る。南禅寺は京・鎌倉両五山の上に位する別格の寺であり、すべての禅僧が憧れる寺である。崇伝はその南禅寺の住持に、三十七歳で就任するという秀才であった。五山の僧は朝廷とのつながりも深く、外交にも通じていたため、外交文書は五山派の僧が書く習わしがあった。その頂点にいた崇伝が、家康に召し出されたのが四十歳の時。またたくまに家康の信任を受け、幕府にとってなくてはならない人物になるのである。


天海が主に宗教面で活動したのに対して、崇伝は政治において手腕を発揮した。当時、家康がもちいた公文書は、林羅山(らざん)の手を経たものといわれることが多いが、むしろ崇伝の手を経たものといったほうが正しいだろう。歴史に残る有名なものとしては、仏教各派に対する法度、鎖国やキリシタン禁令(弾圧)に際して作成した外交文書、禁中並公家諸法度や武家諸法度などは崇伝の起草によるものである。また、有名な豊臣家滅亡のきっかけをつくった「方広寺鐘銘事件」の首謀者も崇伝である。あまりにも有名な話なので内容は省略するが、それにしてもこんな難癖をよくもまあ考えつくものである。


朝廷を抑えつけ、徳川政権の基礎を固めた崇伝。幕府は崇伝の功績を重んじ、明治維新まで金地院の保護・保存に努めたのである。崇伝がいかに幕府に貢献したかを示すエピソードが、明治新政府の廃仏毀釈に見ることができる。この中国の文化大革命のような蛮行に際して、西本願寺などは比較的擁護されたのだが、南禅寺にたいしては非常に厳しかったのだ。南禅寺の方丈は癲狂院(てんきょういん〜つまり精神病院である)にされ、琵琶湖疎水が境内を二分するという、ほとんど新政府の意趣返しのようなものであった。あの家康を祀った日光東照宮でさえ神仏分離や修験の廃止、神領没収などはあったものの、存在自体を踏みにじられるようなことはなかったのに・・・である。




さて、いかに天海といえども、そんな崇伝を言いくるめるのは容易ではない。家康が病床についたのが元和二年(1616年)一月二二日である。死期を悟った家康は同年四月一日、病床に本多正純・崇伝・天海を呼び、自身の葬儀について、「遺骸は駿河国久能山に納め、葬儀は増上寺において行い、位牌は故郷の三河大樹寺(だいじゅじ)に立てよ」と、細かく指示をしている。問題は“遺骸は久能山に納め”という箇所である。正確に言えば「躰は久能山に納めて神に祝ひ・・・」となる。つまり、「久能山に我を神として祀れ」と言っているのだ。どこにも日光山という言葉はない。同年四月一七日、家康は不帰の客となる。葬儀は遺言どおり執り行われ、家康の遺骸は久能山に葬られた。直後に崇伝と天海が真っ向から対立することになる。


古来、非業の死により怨霊となった故人を鎮めるため、神として祀った例はある。菅原道真などはその代表である。しかし、自らを神として祀るという思想は織田信長が最初であった。その後、豊臣秀吉に継承され、秀吉は吉田神道、すなわち唯一神道により大明神として祀られたのである。家康も当然、唯一神道によって祀られる・・・はずであった。崇伝はもちろん、息子である二代将軍秀忠もそう思っていた。ところがそれでは困る人間がいるのである。天海だ。天海は家康の遺言と称して、山王一実神道(さんのういちじつしんとう)により権現として祀らなければならないと主張したのである。さすがの崇伝もこれには反論せざるを得ない。唯一神道の正当性を理路整然と述べる。天海の主張には理論的に無理がある。だいいちその遺言とやらを聞いた者は、天海以外に誰一人いないのである。


そもそも“山王一実神道”なる神道の存在自体が怪しいのだ。しかし、天海は一歩も引かない。一般にこの論争は、天海の「豊国大明神をご覧ぜよ」の一言で決着し、家康は権現として祀られた、として知られている。話としては面白いが、天海の勝利は彼の人脈と政治力、そして崇伝が権力欲や山師的いかがわしさとは無縁の男であり、それ以上の反論をしなかったことにあるのだ。(崇伝という人物に興味が湧くでしょう。でも、それはまた別の機会に)なにわともあれ、これにより家康は東照大権現として山王一実神道、つまり天台宗によって祀られることになったのである。家康の霊柩が日光山に遷座されたのは、翌年四月のことであった。一周忌に合わせて天海が差配したのである。これによって天台宗は、幕府にとって特別の宗教となったのである。


目的のためには手段を選ばない。密教のみならず、風水・陰陽道・神道・道教、はては土着信仰まで、使えるものは何でも使うという天海の凄さ、というより知識の深さ。それに加えて、宗教家というよりもエコノミストかプロデューサーのような、天海の実利主義が天台宗を完全に復興させたのである。




風水が良いから聖地になったのか、それとも風水の良い場所を探して聖地にしたのかは分からないが、聖地といわれる場所は概ね風水の良い土地である。日光山もその例に漏れず風水に恵まれた地である。天海の偉業は、徳川幕府、しいては国家鎮護のために天台密教のすべてを結集した霊的防衛システムと、凋落した天台宗の復興である。しかし・・・天海は秀吉に取り入ることもできたはずである。にもかかわらず家康を選んだ。当時の状況で、家康が将来の天下人になることを予測できた人間が、本人以外にいたということなのだろうか。天海は偉大な預言者なのか、あるいはすべてが偶然の連鎖だったのか? それを知っているのは天海だけである。


江戸に幕府が開かれたこと、江戸城の建築と都市計画、家康と天海の出会い、そして家康が神として日光山に祀られたことなど、あまりにも多くの要素が絡みあっている江戸を、風水都市と断定するには、やはり無理がありそうである。




さて、最後は江戸五色不動についてだが、これはスペースがなくなってしまったので、簡単にまとめておきたい。


江戸五色不動とは、ご存知のとおり目白・目赤・目黒・目青・目黄の各不動尊のことである。天海の具申により、三代将軍家光が江戸府内の不動尊を指定したのだ。密教のいう五大元素は地・水・火・風・空であり、それを白・赤・黄・緑・黒の五色で表し、平安時代から不動明王の目を五色に塗り分けることもよくあった。


一説によると、江戸五色不動は江戸城鎮護のため、四神相応の地にならって青を東、白を西、赤を南、黒を北、黄を中央として東西南北中央の五方を色で表したとある。なるほど、青は青龍、白は白虎、赤は朱雀、黒は玄武というわけか・・・ちょっと待てよ、もし天海が四神相応を現出するために、五色不動を指定したのだとすると、あまりにも位置関係がおかしいのではないだろうか? かりにも天海は天台密教の最高指導者である。いくらなんでも五色揃えば位置関係は無視しても構わない、とは言わないだろう。やはりこれは密教の宇宙観と考えた方が理にかなうのではないだろうか。


五色についてのこんなエピソードを。
かつて栄華を誇った藤原道長は、極楽浄土に行けるようにと、多額の財を投じて法成寺(ほっしょうじ)という寺をつくった。道長はこの御堂で万寿四年(1027年)に世を去るのだが、死に直面した道長は阿弥陀仏の前に床を延べ、多くの僧に読経をさせながら死んでいった。その時、阿弥陀仏の指と道長の指は五色の糸でつながれていたのである。この糸が極楽浄土へ導いてくれると信じてのことである。








「東京は風水都市・・・かな?」は今回で最終回になります。お付き合いいただき有り難うございました。自分自身としても満足できる内容とは言えませんので、今後も機会を見つけて補足していきたいと思います。
皇 居
月刊風水トップページ
風水の話目次
**
付  録
徳川家康年譜&社会情勢 日本観気研【月刊風水】 

12月/徳川家康、三河岡崎城主・松平広忠の長男に生まれる幼名・竹千代

種子島にポルトガル人が漂着、鉄砲を伝える
ポーランドのコペルニクス、地動説提唱

9月/水野信元(お大の兄)が今川に背き、織田信秀に随身のため広忠、お大を離別

8月/竹千代、今川氏の人質として駿府へ送られる途中、田原城主・戸田康光に拉致され、尾張の織田信秀のもとに送られる

3月/広忠、家臣の岩松八弥に暗殺される
11月/竹千代と今川方の捕虜・織田信広との人質交換により、竹千代は岡崎に戻る
12月/再び人質として駿府・今川家に向かう
7月/イエズス会宣教師フランシスコ・ザビエル、鹿児島に上陸して布教(キリスト教伝来)

3月/竹千代、元服して松平次郎三郎元信となる

1月/家康が元信から元康に改名。今川義元の命で関口義広の娘、築山殿と結婚

イギリスでエリザベス女王(1世)が即位する

5月/信長、今川義元を田楽狭間で討ち取る。桶狭間の戦い             

1月/尾張清洲で信長と同盟を結ぶ

7月/家康と改名
9月/三河一向一揆が起こる

2月/家康、三河一向一揆を平定

12月/朝廷より徳川姓を許され、同時に従五位下三河守に叙任される
狩野永徳、京都聚光院のふすま絵を描く

10月/足利義昭、室町幕府15代将軍に就任

6月/織田・徳川連合軍、浅井・朝倉軍を破る(姉川の合戦)
顕如、織田信長陣営を攻撃。石山戦争始まる
中国、「西遊記」ができる

織田信長、長島一揆の攻撃を開始する
織田信長、比叡山焼打ち
スペインがフィリピンを征服、マニラ市を建設

12月/家康、遠江三方ヶ原で信玄軍に惨敗し浜松城へ逃げ帰る(三方ヶ原の戦い)

織田信長、義昭を追放。室町幕府滅亡
4月/武田信玄、急死
7月/本多忠勝らに命じて武田軍の三河侵略の拠点・長篠城を攻めさせる
8月/奥平父子、武田に背き家康に内応する
9月/長篠城を陥す
織田信長、長島一向一揆と交戦

越前一向一揆決起
顕如、信長の属城を攻撃
伊勢長島一向一揆、信長に降伏申し入れるも、信長これを拒否、皆殺しにする

4月/信長、石山本願寺を攻撃
5月/織田・徳川連合軍、三河長篠において武田勝頼を破る(長篠の戦い)
8月/信長、越前一向一揆を鎮圧

2月/織田信長、安土城築城。狩野永徳、安土城の襖絵を描く
織田信長、内大臣となる

織田信長、右大臣となる

4月/秀忠誕生
7月/織田信長、信康・築山殿の処断を命ずる
8月/築山殿を遠江富塚で殺害

9月/信康、二股城で切腹
顕如、信長と和睦。大坂から紀伊雑賀に移る

オランダがスペインから独立を宣言する
ロシアがシベリアに進出をはじめる

3月/武田勝頼、織田・徳川軍に攻められ、甲斐国田野で自害。信長より駿河を与えられ、駿河・遠江・三河の大名となる
6月/明智光秀、本能寺に信長を攻め自害させる。信長49歳(本能寺の変)
ローマ教皇グレゴリウス13世が、グレゴリウス暦を制定する

秀吉、大坂築城に着手

秀吉、大坂城に移る
2月/家康、従3位、参議に叙任される
3月/織田信雄が家康と組んで秀吉に対抗し、小牧・長久手の戦いがはじまる
11月/秀吉と信雄が家康抜きで単独に和睦し、小牧・長久手の戦いが終わる
12月/家康、秀吉と和睦し、次男秀康を秀吉の養子とし大坂に入る

7月/秀吉、関白となる
11月/家康の重臣・石川数正が秀吉のもとに出奔する

秀吉、太政大臣になり、豊臣姓を賜る
5月/家康、秀吉の異父妹旭姫を娶る
9月/秀吉、大政所を人質に送ることを約し、家康の上洛を促す
11月/正親町天皇が譲位し、後陽成天皇が即位する
12月/家康、駿府に拠城を移す

6月/秀吉、キリスト教宣教師に20日以内の国外退去を告げる(バテレン追放令)
12月/秀吉、太政大臣となり、豊臣の姓を受ける

4月/後陽成天皇、聚楽第に行幸。翌日、家康、諸大名とともに秀吉に絶対服従の誓紙を提出す
イギリスがスペインの無敵艦隊を破る。ヨーロツパ諸国が東洋に進出

2月/家康、真田昌幸(信州上田城主)と講和。昌幸の長子信之が家康の人質となる
12月/家康、秀吉から小田原征伐の相談を受ける

4月/家康、秀吉の小田原(北条氏)攻めの先鋒として多古に陣取る。また、秀吉より伊豆国を与えられる
7月/北条氏、秀吉に降伏。小田原城開城。家康、秀吉から関八州を与えられる
8月/家康、江戸城に移る(江戸御打ち入り)

秀吉、関白職を秀次に譲る
7月/家康、奥州の九戸政実の乱を鎮圧するため江戸をたつ
10月/奥州を平定し江戸に戻る

5月/家康、秀吉の朝鮮渡海を利家らと諫める。第一次朝鮮出兵(文禄の役)

5月/家康、明の使者の接待を秀吉に命ぜられる
12月/家康、儒学者藤原惺窩を招いて「貞観政要」を講じさせる

5月/家康、柳生但馬守宗厳から新陰流兵法の奥義を伝授される

7月/家康、毛利輝元・小早川隆景と連署して秀吉親子に忠誠を誓う5か条の起請文をさしだす

5月/家康、正2位内大臣に進む

第二次朝鮮出兵(慶長の役)
イギリス、シェークスピア「ベニスの商人」初演

8月/秀吉、家康・利家に遺言状を託す
8月/秀吉死す(63歳)。家康と利家、秀吉の死を秘し朝鮮在陣の諸将の撤退を命ず 

1月/家康、秀吉の遺命に背いて婚姻をすすめたとして利家らにとがめられる
閏3月/前田利家の死去で、家康と三成間の対立が先鋭化する
4月/加藤清正らが三成の殺害を図るが、三成は伏見の家康邸に逃げ込む
9月/家康、大坂城西の丸に移る

3月/家康、豊後に漂着したオランダ船籍リーフデ号のウイリアム・アダムス、ヤン・ヨーステンらを大坂城で 引見する
5月/家康、会津討伐のため諸大名に出兵を命ずる
6月/大坂城から奥州に出陣(7/2日江戸城入る、7/21日江戸出発)
8月/石田三成ら西軍が挙兵。伏見城を落とす(家康、江戸城に戻る)
9月/家康、関ヶ原の戦いに勝利。西軍敗走
10月/石田三成・小西行長・安国寺恵瓊らを六条河原で処刑
イギリス、東インド会社を設立す

5月/家康、諸大名に二条城築城を命ず
オランダ、東インド会社を設立す

2月/家康、征夷大将軍に任じられ、江戸幕府を開く
江戸建設の天下普請はじまる
出雲の阿国(おくに)が京都でかぶき踊りを演ずる
シェークスピアの「ハムレット」が初演される

2月/東海・中山・北陸の3道に1里塚をつくり、榎を植える
フランス、東インド会社を設立す

4月/征夷大将軍を秀忠に譲る。秀忠、内大臣を兼ね、正2位に叙せられる

天下普請により江戸城天守完成
7月/家康、駿府に移る
幕府の儒者に林羅山を起用

1月/角倉了以らに渡海朱印状を与える
2月/名古屋城築城の助役を、前田・毛利・黒田らの諸大名に命じる

3月/家康、豊臣秀頼と二条城で会見する

3月/岡本大八事件起こる。大八を火刑に処し、有馬晴信(肥前藩主)甲斐に流刑。同日、キリスト教を禁止し、京都におけるキリスト教寺院の破却を命ず

10月/大坂冬の陣
12月/豊臣氏と講和成立

4月/大坂夏の陣
5月/豊臣氏滅亡・大坂城焼け落ちる

3月/家康、太政大臣に任ぜられる
4月/家康没(75歳)
月刊風水トップページ 風水の話目次