**
月刊風水トップページ 風水の話目次
東京(江戸)は風水都市 ・・・ かな? 第三章 天海は徳川幕府の黒幕だったのか? (其の壱) 十  回目
(其の弐) 十一回目
第二章       家康の考えた江戸の都市計画&江戸城 へ戻る
第四・五章・最終回  東京(江戸)は風水都市・・・かな? へ行く
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【十回目】
第三章 天海は徳川幕府の黒幕だったのか?(其の壱)
さて、このシリーズもようやく後半です。いよいよミスター天海の活躍が始まります。日本人の書いた風水の本にはたいてい登場する有名人です。この章では天海を中心に話を進めます。


南光坊天海。朝廷より慈眼大師の諡を下賜される天台宗の高僧。史上、大師号を下賜された僧は仏教全宗派を合わせて24人。そのうち天台宗では天海を含めて5人だけである。生年は1536年(天文5年)、没年は1643年(寛永二十年)、享年百八歳。会津・葦名氏一族(※)に生まれ、11歳で仏門に入る。諸国を遍歴し学僧の教えを受け、足利学校で儒教、仏教、神道を極める。1571年、信長の比叡山焼き討ち後は武田信玄に仕える。天海36歳の時である。その後1588年(天正十六年)に埼玉県川越市の喜多院(川越大師)、正式には「星野山無量寿寺喜多院」に来住する。


天海が歴史の表舞台に躍り出るきっかけは、比叡山の権力抗争であった。当時の比叡山は、焼き討ちを逃れた僧侶が朝廷に働きかけ、秀吉から再興の許可を得ていた。しかし、僧侶間の派閥抗争は絶えることなく、その調停が家康に持ち込まれたのである。1608年(慶長十三年)のことだった。


家康はこの機会を利用して、比叡山を幕府の統制下におこうと考えた。その役目を担ったのが天海である。家康は天海を探題(お目付役)として比叡山に送り込んだのだ。もっとも、この争いがすんなり解決できるとは誰も思っていなかった。当の家康でさえそう思っていたのだ。今の比叡山にかつての権勢は見る影もないが、学僧のプライドだけは今も変わることはない。いかに家康のお墨付きがあるとはいえ、天台の正統学問を積んでいない天海に、彼らが従うとは到底考えられなかったのだ。


ところが・・・である。天海はまたたくまに内紛を鎮めて、比叡山をまとめてしまったのだ。少々宗教者らしからぬ方法ではあったが、僧たちに徳川幕府に従えば豊かな生活が保証されると説いたのである。この時代、朝廷が比叡山に多額の寄進をする余裕はすでになく、権力から遠ざかっていた比叡山にとって天海の話には説得力があった。


方法はともかく、見事に比叡山をまとめ上げた天海は、家康から全幅の信頼をうけ、幕府内での地位を揺るぎないものにした。天海が縦横無尽の活躍をし、家康、秀忠、家光と徳川三代の将軍に仕え、歴史に名を残す最初の一歩を踏み出した瞬間であった。


と、ここまでが数多い天海伝説の中で、もっとも信頼できるとされている経歴である。




天海マジック
天海の今に伝わる偉業、功績は多いが、風水の本からピックアップできる主なものは、次のようなものであろう。


天海は京都平安京を手本に、江戸の町づくりを進めた。しかし、京都のような地形など望むべくもない江戸である。そこで天海は呪によって江戸を京都に変えようとした。密教でいう真言である。仏や菩薩の教えや功徳を唱える言葉であり、言葉自体に力があるとされる。サンスクリット語を音写したもので呪文と考えていいだろう。つまり、天海は呪文によって本来ないものをあるようにしたのである。


その代表が比叡山である。しかし、一面の茅原である江戸に山などない。そこで天海は川越の関東天台宗総本山、星野山喜多院を東叡山喜多院と改名し、家康が死去するまでここを東の比叡山、つまり東叡山とした。後に東叡山は上野へ移し、東叡山寛永寺となって江戸の鬼門を封じ、裏鬼門には山王神社(日枝神社/ひえじんじゃ)をおいたのである。これによって江戸の鬼門と裏鬼門は完全に封じられたのだ。また、江戸の活性化と庶民のお守りとして江戸市中に不動尊を配した。ご存知、江戸五色不動である。しかし、歴史に残る天海最大の仕事は、家康を東照大権現として日光に祀りあげたことである。ついに家康は江戸の守り神になったのだ


また、本によっては江戸のどこに城を築くかが議論された時、現在地にするように進言したのが天海であり、お堀を渦巻きにしたのも天海のアイデアと書いてあるのもある。しかし、これについてはこのシリーズを我慢してお読みいただいている方にはお分かりのように、ありえないことなのだ。


さて、天海が徳川幕府創世記において、重要な役割を演じたことは間違いのないことである。天海が江戸の町に描いたマンダラが風水なのか陰陽道なのか、あるいは密教呪術による国家鎮護法なのかはなかなか見えてこない。ひょっとすると天海オリジナルの呪術ということも考えられる。さて、この天海マンダラ、どこまで迫ることができるのか・・・とっても不安。


※ワンポイント歴史−葦名(あしな)氏
「天海は会津・葦名氏一族(※)に生まれ・・・」とは天海についての紹介文である。では「アシナシ」ってなに?と思ったことはないだろうか。なかなかそこまで解説してくれている本はないので、ごく簡単にご説明しておく。


葦名氏は桓武平氏の流れをくむ相模国の豪族三浦義明の子佐原義連がその祖とされる。室町時代に「会津守護」を自称し約四百年にわたって会津を支配した。武略にすぐれ、戦国時代は戦いに明け暮れ、武田、上杉、北条とは同盟関係にあり、葦名氏全盛となる。しかし、1589年(天正十七年)、奥州統一を目指す伊達政宗との磐梯山麓摺上原(すりあげはら)の合戦に敗れ滅亡する。葦名軍一万六千、伊達軍二万三千の決戦であった。

月刊風水トップページ
風水の話目次
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【十一回目】
第三章 天海は徳川幕府の黒幕だったのか?(其の弐)
天海始動
天海が徳川将軍三代に仕えることになったきっかけは、慶長十三年(1608年)に起きた比叡山の派閥抗争であった。この争いの仲裁に家康が送り込んだのが天海である。比叡山に乗り込んだ天海は、またたくまに争いを収拾する。特別な手を使ったわけではない。徳川幕府に付けば豊かになれると僧たちに説いたのである。人間の本質に訴える説得は効果的だ。難航すると思われていた比叡山を沈静化し、白紙委任状を出させることに成功した天海は、家康から全幅の信頼を受けるようになる。その後、天海が家康のブレーンとして幕府の中枢へと食い込んでいくのに時間はかからなかった。


当時の僧侶は宗教者であるとともに、学者であり行政官でもあった。家康が徳川三百年の基盤を作ることができたのも、民政分野における専門家集団の貢献によるところが大きい。家康のシンクタンクとしては儒学者の林羅山(はやしらざん)が有名だが、当時二十二歳の羅山は家康にとって「博学な若者」でしかなかった。羅山は四代将軍家綱まで仕えるが、重用されるようになったのは家光の代になってからのことである。


この時代、天海とともに忘れてはならない人物がもう一人いる。天海最大のライバルである以心崇伝(いしんすうでん)である。崇伝は徳川幕府初期において、非常に重要な役割を担った臨済宗の僧であり、三十七歳の若さで南禅寺の住持になり、四十歳で家康の側近になるという秀才であった。ちなみに南禅寺は京・鎌倉五山の上に位置する寺であり、五山とは足利義満が制定した、最高の寺格をもつ臨済宗寺院のことである。


崇伝は天海のような派手さはないが、実務官僚として辣腕を発揮した人物である。徳川幕府の発布した各種法度をはじめとして、鎖国やキリシタン禁令などの公文書や外交文書などに関与しただけではなく、豊臣家を滅亡に追い込んだ「方広寺鐘銘事件」の首謀者でもあるのだ。そのため、崇伝には常に冷酷無慈悲な黒幕というイメージがついてまわる。崇伝の徳川政権に対する貢献度は、明治新政府による廃仏毀釈が、南禅寺に特別厳しかったことをみても、その大きさに比例する恨みの深さがわかる。


家康の信任が特に厚かった天海と崇伝だが、その果たした役割はまったく違っていた。崇伝が政治の舞台で家康を補佐したのに比べ、天海は宗教政策においてのみ力を発揮した。天海は各宗派を幕府の統制下におき、神仏による国家鎮護システムの構築を目指したのだ。神仏による国家鎮護が為政者にとって無視できない時代に、寺社の再編は重要問題である。慶長十三年(1608年)以降、その寺社行政を一手に担ったのが天海であった。天海の目的は最初から二点に絞られている。そのひとつめが『京の都を江戸に現出すること』であり、ふたつめが『家康の神格化』である。




ここで問題になるのが、江戸の京都化が風水によるものかどうかということである。もともとそれがテーマなのだが、なかなか前に進まない。いいかげんに完結しないと、このページで他の話題に入れないので、次号あたりから最終章に向かうことにしよう。


さて、天海の思惑は成功したのか? はたして風水が出てくるのか?  う〜ん・・・
第二章            家康の考えた江戸の都市計画 & 江戸城  へ戻る
第四・五章・最終回  東京(江戸)は風水都市 ・・・ かな?   へ行く
月刊風水トップページ 風水の話目次