月刊風水トップページ 風水の話目次
東京(江戸)は風水都市・・・かな?
第二章 家康の考えた江戸の都市計画&江戸城 (其の壱) 五回目
第二章 家康の考えた江戸の都市計画&江戸城 (其の弐) 六回目
第二章 家康の考えた江戸の都市計画&江戸城 (其の参) 七回目
第二章 家康の考えた江戸の都市計画&江戸城 (其の四) 八回目
第二章 家康の考えた江戸の都市計画&江戸城 (其の五) 九回目
[第一章 家康はなぜ江戸を拠点にしたのか?] へ戻る
[第三章 天海は徳川幕府の黒幕だったのか?] へ行く
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【五回目】
第二章 家康の考えた江戸の都市計画&江戸城 (其の壱) 月刊風水
さて、第二章ではいよいよ家康が江戸に足を踏み入れます。  では、参ろうか・・・




小田原攻めが終わった天正十八年(1590年)、家康は家臣約8000名を引き連れて江戸に入った。小田原城開城が天正十八年七月五日、家康はその約一ヵ月後に江戸に入っている。


第一章にあるように、家康が入国した頃の江戸は見渡す限りの茅原である。家康の居城である江戸城もそれは見事な粗末さであった。とても二百五十万石余の大大名の居城といえるようなものではない。石垣があるわけでもなく、玄関には舟板が敷かれ、ひとたび雨になればあちらこちらから雨漏りがするという、城と呼ぶのもはばかるほどである。もっとも家康にとって、これは小田原にいたときから分かっていたことであり、別に驚くほどのことではなかった。


今はどうでもいい。大切なのは将来である。家康の頭の中には、すでに江戸建設のマスタープランが完成している。利根川・荒川水系による物資の大量輸送ルートや大穀倉地帯となる関東平野など、江戸城をコントロールセンターとした近代都市だ。まさに前代未聞の巨大プロジェクトといっていいだろう。将来、大坂と肩を並べる江戸の町、いずれは江戸を日本の首都に・・・。もっとも、江戸が大坂をはるかにしのぐ巨大都市になるとは、さすがの家康もそこまでは想像していなかったのだが・・・。


家康が描いた江戸の青写真は、風水都市でも商業都市でもない、武士を中心とした軍事都市である。北条氏を滅ぼしたとはいえ、関東は未だ騒擾の地。家康をつけ狙う北条の残党もいるだろうし、奥州の大名にも剣呑なものがある。それに、まだ戦国時代が終わったわけではない。もっとも、この時点で秀吉が完全に全国を平定していたとしても、家康は江戸に軍事優先の都市を造りあげたはずである。家康は自分が最後に戦わねばならない敵が、豊臣一門であることを知っていたからだ。


とりあえず、今は民政よりも軍政が最優先である。もちろん、戦国大名がいかに実利主義だといっても、宗教をはじめとして陰陽道や風水を無視することはできない。それでも江戸の建設では、敵の攻撃に耐える防衛ラインの構築と、飲料水や塩などのライフラインの確保が最優先である。とにかく今日を生き抜かなければならない。まったなしの大土木工事がいよいよ始まった。
月刊風水トップページ
風水の話目次
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【六回目】
第二章 家康の考えた江戸の都市計画&江戸城 (其の弐) 月刊風水
  家康でぇーす       あーた本当に叱られるよ 〜 by平さん


さて、ついに江戸入城を果たした徳川軍団。真っ先に手を付けなければならないのは、ライフライン(訳のわからん和製英語ですね)の確保である。


江戸城も家康入城当時は、前回『五回目二章の壱』で述べたとおり、荒れ放題であった。その惨状は「玄関まわりだけでもリフォームしては・・・」と家臣が見かねて進言するほどの荒れようだった。しかし、家康は江戸城については使用上問題のある箇所以外は手を付けなかった。その理由はふたつ。ひとつは一刻も早く都市整備を進め、領国経営を軌道に乗せなければならなかったこと。ふたつめは秀吉に対する政治的駆け引きである。秀吉が常に自分を監視していることを、家康は百も承知している。その秀吉に対して家康はメッセージを送り続けた。「我々は夜明け前から日没後まで、まさに不眠不休ともいえる突貫工事で都市整備を続けている。いや、これはもう都市整備なんて生やさしいものじゃない、開発行為である。おかげで居城である江戸城の修復もままならない。あんたの言うとおり江戸に入ったが、見ての通り大変なことになっている」・・・と。この家康のアピールが功を奏したのか、秀吉の朝鮮出兵に際し、家康は国内待機組となり、渡海を免れたのである。


朝鮮出兵は豊臣軍団をあらゆる面で消耗させた。朝鮮派遣部隊の主力は、加藤清正や小西行長など、豊臣恩顧の大名が中心である。結果的にこれが豊臣家滅亡のきっかけになったといっていいだろう。豊臣精強部隊の消耗に引きかえ、国内待機となった家康は、兵力も軍資金も温存することができた。このことが、秀吉没(1598年・慶長3)後の天下取りレースに家康が飛び出し、関ヶ原の戦い(1600年・慶長5)、江戸幕府の成立(1603年・慶長8)、そして大坂夏の陣(1615年・元和1)における豊臣氏の滅亡まで、ドミノ倒しのように時代が動いていったのである。




秀吉の朝鮮出兵
秀吉が領土拡張のため明の征服を画策し、その先導を朝鮮に要求するが拒否されたため、文禄元年(1592年)と慶長二年(1597年)の二度に渡って朝鮮に出兵した。日本では『文禄・慶長の役』といわれ、二度とも秀吉軍十五万人が渡海した。この秀吉の侵略行為は朝鮮人民と明の援軍の激しい抵抗にあい、結果的には慶長三年、秀吉の死によって在朝鮮軍は召還され、前後七年にわたる朝鮮出兵は終わる。


さて、ここで視点を変えてみよう。家康と秀吉はライバル関係にある。今は秀吉がトップに立っているが、能力的には両者互角であり、秀吉も家康も共に相手の実力を正確に把握していた。だからこそ家康は、石橋を叩いてなお渡らない、という慎重さで物事を進めていったのである。


文禄・慶長の役における朝鮮出兵では、家康は渡海こそ免れたものの、秀吉に待機を命じられたため江戸で穴掘りをしているわけにもいかず、江戸の都市整備は遅れるばかりである。また、奥州一揆の鎮圧を命じられたり、伏見城の手伝い普請に駆り出されたりと、秀吉は何かと家康を引っ張り出す。もっとも朝鮮に出兵した大名と比べれば大したことではない。それほど秀吉の朝鮮出兵は大名の体力を消耗させていたのである。


「自分は今とても大変なんだ。他のことに手を出す余裕なんかはない」と、秀吉にアピールを続け、江戸城にほとんど手を付けなかった家康だが、それでも秀吉は何かと注文を付けてくる。このうえ、秀吉に目を付けられれば、何を言ってくるか分かったものではない。ポロボロの江戸城に住んで、治水工事や道路・水路整備などをしている分には問題はない。しかし、家康が“首都”としての江戸鎮護のため神社仏閣の整備をし、莫大な金を使って山を切り崩し、河川の流れを変えようとしている、となれば秀吉としても心中穏やかではいられないだろう。都市の設計図を専門家がみれば、その町の性格は一目瞭然である。


当時、城作りや城下町の計画に、陰陽道や風水理論などの選地原理は、欠かすことのできないテクノロジーである。家康といえども同じである。しかし、秀吉の目が光っている以上、まだ“首都”江戸をつくり出すわけにはいかないのだ。


この時期、家康は政治・兵法・道徳関係の書を漢籍、和書を問わず広く全国から集めるとともに、学者や僧侶による講義を受け、将来の為政者としての素地を造りあげていった。時代はすでに文治主義に変わりつつあるのだ。自分がトップに立ったとき、インモラルの時代を生き抜いてきた大名たちを、再教育をしなければならないことを知っていたのである。


やがて秀吉が没し、翌年、残る唯一の足かせであった前田利家が亡くなると、家康はいよいよ本領を発揮する。
月刊風水トップページ
風水の話目次
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【七回目】
第二章 家康の考えた江戸の都市計画&江戸城 (其の参) 月刊風水
話が風水からどんどん離れるので、状況確認のために秀吉没後の家康とその周辺を見ておきましょう。


慶長三年(1598年)に秀吉没。その翌年に豊臣ファミリーの実力者、前田利家が秀吉の跡を追うかのように亡くなると、ついに家康は行動に出た。家康にとって全国制覇の障害が立て続けに消滅したのである。あとは石田三成さえ叩きつぶせば目的は達成できる。その三成は政権内部で武断派大名との対立を深めている。今、家康と三成が対峙すれば、福島正則や加藤清正といった武断派有力大名が、三成に加勢するとは100パーセント考えられない。つまり現在の状況は、ネギをしょった鴨が、鍋までかついで家康の目前に現れたに等しいのである。時代はいよいよ「関ヶ原」へと突き進んでいく。




 〜ちょっと横道
そんな風雲急を告げる慶長五年(1600年)三月に、オランダ東洋艦隊のリーフデ号が嵐のため豊後沿岸に漂着するという事件が起きた。この難破船に後の江戸幕府外交顧問となる三浦按針(みうらあんじん)ことイギリス人航海士ウィリアム・アダムスと、オランダ人貿易商ヤン・ヨーステンがいた。大坂で家康に謁見したアダムスとヨーステンは、その後家康に請われて外交顧問になり、幕府の対外政策で大いに功績をあげることになる。家康がいかに柔軟な思考の持ち主であったかを示すエピソードである。




!「関ヶ原の戦い」の発端は、家康が上杉討伐の会津遠征途中に起こった。




家康のもとに上杉景勝(かげかつ)に不穏な動き有りとの一報がもたらされたのが、慶長五年(1600年)二月。そして家康が総大将となって、会津遠征に大坂城を出発したのが慶長五年六月十六日である。もっともこの家康の会津遠征は三成に決起させるための誘い水というのが事実であろう。


この時、留守役として京都伏見城にいたのが、徳川家臣団の重鎮ともいえる鳥居元忠(とりいもとただ)だった。元忠が家康から留守役を命ぜられた時に、死を覚悟したことはよく知られている。予想通り七月十九日、西軍(石田三成軍)は四万の軍勢で伏見城を包囲した。守る元忠軍はわずか千八百、結果は誰の目にも明らかである。元忠は即座に家康に一報を入れる。家康が元忠からの報告を受け取ったのは七月二十四日の夜。小山(栃木県)に到着していた家康は、会津遠征を中止し翌日には三成討伐のための行動を開始している。そして運命の関ヶ原に向かって東軍・西軍ともに敵方の城を攻略しながら距離を詰めていくのである。


会津遠征を中止し、三成討伐のために反転した家康はいったん江戸に入り、40日間も動かなかった。長期戦になれば家康が不利になるのは明らかである。なぜ、家康は江戸を動かなかったのか。実は動けなかったのだ。三成挙兵は予定どおりだが、それがまさか八万五千もの大軍団になっているとは、家康にとってまったくの予想外だったのだ。


家康が江戸に留まった理由はふたつ。ひとつは徳川軍団の主力三万を率いて北陸方面に進軍していた秀忠軍と合流するための時間調整。いまひとつは諸将にたいして、自分に味方をするように、あるいは三成を裏切るようにと大量の書簡を送っていたのである。この時、大名の多くは東軍(家康軍)と西軍(三成軍)の二股を掛けていた。西軍があまりにも大軍団になっていたため、勝敗の行方は誰もわからない。当の家康でさえわからなかったのだから無理もない話である。東軍に加担している大名もいつ寝返るかわからない。


家康も当初は予定通りに進行していた作戦が、今やのるかそるかの大バクチになってしまったのだ。江戸で家康は一生懸命手紙を書いた。当時、家康が書いた書簡は実に百通以上が現在も残されている。九月一日、西に向けて江戸城を出陣するまでの間、家康はいったい何通の手紙を書き送ったことか。しかし、このダイレクトメール作戦が、関ヶ原で見事に結実するのである。


家康にとって最大のミスは、秀忠軍が関ヶ原の戦いに間に合わなかったことだ。原因は真田昌幸・幸村親子が、中仙道を進軍する秀忠軍を一週間も信州上田城にくぎ付けにしたためである。この時秀忠軍三万八千、対する真田勢は五千に満たない兵力であった。もののふ(武士)として真田幸村、非常に魅力的な男なのだが、この話しについてはいずれまたの機会に譲るとして今は関ヶ原である。


その家康のダイレクトメール大作戦は見事成功し、関ヶ原で三万の大軍を擁する毛利秀元軍を押しとどめ、あの歴史に残る大裏切りを小早川秀秋(こばやかわひであき)に演じさせたのである。


一か八かの関ヶ原でかろうじて家康は勝利することができた。もしこの時、三成が豊臣秀頼を西軍総大将と担ぎ出すことに成功していたら、いや、その可能性はじゅうぶんにあった。そうなれば、この戦いは三成と家康との私闘ではなく、豊臣対徳川の戦い、つまり本当の天下分け目の戦いになっていたのである。そうなれば当然、豊臣恩顧の諸将は確実に家康の敵にまわったであろうし、西軍から寝返る大名もいなかったはずである。それは東軍の敗走を意味する。家康が運良く落ちのびたとしても周りは敵だらけだ。運良く江戸に逃げ込めたとしても、江戸城はまだ未完成である。とても籠城戦に耐えられる城ではない。それがわかっている家康にとって、小早川秀秋の東軍寝返りが確定するまでは、生きた心地がしなかったのは当然である。


東西両軍合わせて十五万人、鉄砲二万五千丁、戦死者数不明(数千人とも三万人ともいわれる)の関ヶ原の戦いは、わずか八時間で決着した。歴史上この戦いは徳川家康と石田三成の私闘であり、これによって豊臣家の権威が消滅したわけではない。しかし、東軍の勝利は家康を天下人に押し上げたのである。


家康の天下取りは「関ヶ原の戦い」によって事実上完結する。秀吉の死から関ヶ原の戦いまでの2年間は、家康と三成そして加藤清正らによる謀略戦が繰り広げられ、そのクライマックスが「関ヶ原」であった。家康ファンには申し訳ないが、加藤清正をはじめ豊臣恩顧の大名達はあまりにも純粋だった。彼らが謀略戦において権謀術策に長けた家康に太刀打ちできるはずもなく、気が付けば時すでに遅く、家康を倒すことは不可能になっていた。


慶長八年(1603年)、関ヶ原の戦後処理も終えた家康は征夷大将軍となり、ついに江戸に幕府が開かれた。これにより遅々として進まなかった江戸建設も、全国の大名を動員することができる。いよいよ首都江戸の大都市建設が始まったのである。続く慶長十一年(1606年)には江戸城の修築も始まる。これら天下普請といわれる徳川大プロジェクトは、そのほとんどを全国の大名に負担させての工事であった。その中心は反徳川勢力である豊臣恩顧の西国外様大名であった。


大名たちに工事の負担を強いることによる、彼らの経済的負担と精神的圧迫。豊臣勢力に対する家康の締め付けはますます強くなっていく ・・・のだが、このまま続けるとますます風水から遠ざかってしまうので、話しを江戸の町にもどそう。
月刊風水トップページ
風水の話目次
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【八回目】
第二章 家康の考えた江戸の都市計画&江戸城 (其の四) 月刊風水
え〜、いつの間にか風水のお話しはどこへやら。本当は関ヶ原の戦いが終わって、豊臣家滅亡に至る『大坂冬・夏の陣』までいこうと思っていたのですが、予定を変更して江戸に戻ることにしましょう。
さて、多くの人が指摘する江戸の特徴として、螺旋形になった江戸城のお掘りがある。確かに江戸城のお掘りは渦を巻いて本丸に向かっている。風水テキストに従えば、江戸に入ってくる「気」をいったん渦巻きの中心に集め、パワーアップしてから江戸市中に放出するエネルギーシステム、となる。考案したのは天海で、これによって市中に送り出された風水エネルギーは、江戸を大都市に成長させたばかりか、現代の東京にまでその影響を及ぼし続けている…となる。




う〜む、おもしろい! 立場的にはぜひそうであってほしい ・・・のだが
den02.gif 90x66 2.79KB  うずまきうずまき  グ〜ルグル
渦巻きお堀の謎解きをする前に、家康が江戸建設にあたって特に力を入れた運河をみてみよう。すでに完成している都市であればともかく、穴掘りから始まる都市建設である。膨大な量の建設資材や食料を必要とするのは誰の目にも明らかである。鉄道やトラックがあるわけではない。牛馬人力で物を移動していた時代である。唯一の大量輸送手段は船だ。しかも新たに誕生する江戸は武家を中心とした消費都市であり生産地ではない。江戸城の雨漏りも気になるが、物資の補給ラインを確保しなければ、握り飯ひとつにさえ不自由することになる。


消費都市にとって補給はまさに生命線だ。戦争においても食料や弾薬の補給ラインが切られると部隊は全滅する。アメリカの得意な経済制裁も補給ラインの遮断である。第二次大戦で太平洋の島々に展開していた日本軍が、米軍による補給線の寸断によって玉砕に追い込まれたのは周知の事実である。最近、米国のアフガン侵攻の際、日本の海上自衛隊が行った補給活動とは、それほど重要な意味をもつ作戦行動だったのだ。物資の輸送と補給はまったく違う。補給は純然たる戦闘行為であり、後方支援ではない。軍事マニアなら海上自衛隊が作戦行動中の艦艇へ補給活動をすると決まったとき、良いとか悪いとかの問題以前に事の重大性に気付いたはずである。どうもこの政府はごまかしが多いような気がする。
おっと、話しがずれてきた。この話題はよそのホームページの領域だった。




さて、とりあえずお城の雨漏りだけは修理して、穴掘りに精出す徳川軍団。工事はかなりの強行軍で行われた。総監督の本多正信(まさのぶ)が、夜明け前に出勤して日没まで働くのである。他の者は彼より早く出勤して遅く帰らなければならない。現代のように上司がいても自分の勤務時間が終わればさっさと帰る、などということは許されないのである。


最初に手を付けた工事が、現在でも水路として利用されている江東区の小名木川だ。下総行徳にある塩田から塩を運ぶための長さ4.6kmの運河である。そして、江戸湊に入る物資を江戸城に最短距離で送るための、バイパスとしてつくられた道三堀。運河開削で出た土は荒川・利根川の氾濫地帯の埋め立てに使われ、飲用水は小石川沼、赤坂溜池からの引水を使った。




そうこうする内に関ヶ原の戦いが始まる。前にも書いたが、この時点ではまだ江戸に防衛機能はない。万に一つでも東軍が敗走するようなことになれば、家康には籠城するべき城がないのだ。家康にとって関ヶ原は、背水の陣というよりも、薄氷を踏む思いの戦いだったのである。
            セキガハラは大変だったさ‥
幸いにも関ヶ原の戦いに勝利した家康は、慶長8年(1603年)に征夷大将軍となり江戸に幕府を開く。これによって江戸建設が一気に加速する。加藤清正や福島正則ら西国筋の外様大名を中心にした『天下普請』の始まりである。


江戸は無数の水路により交通網を拡充していった。水路は大名屋敷から商家に至るまで、江戸市中の隅々に張り巡らされていった。時代劇で商家の蔵に船を横付けにして荷さばきをしたり、岸に積み上げられた木材などは大量消費地江戸の象徴的風景である。中でも銀座の三十間堀は江戸最大の運河だった。三十間掘とはその名の通り幅三十間の運河である。一間は約1.818mだから、実に55mの幅をもつ運河である。それは千石船が乗り入れることができる運河であった。


千石船
米一千石の積載能力をもつ大型帆船。北海道航路の北前船や江戸・大坂航路の菱垣廻船も含まれる。


また、江戸城防衛のために日比谷入江の埋め立ても進められた。江戸城を海からの攻撃から守るための日比谷陸地化である。これには神田山を切り崩した土が使われ、江戸城から海までの一帯は町人地に割り当てられた。


ちょっと待てよ。ここは海からの攻撃に対する江戸城の緩衝地帯のはず。そこを町人地にするということは、江戸城の防衛に町人を盾として使うということか。いやはや庶民とはいつの時代も・・・。


日比谷入江の埋め立て面積はおよそ230ヘクタール。2.300.000平方メートルの広さである(と言われてもよくわからない)。都市が拡大するにつれ新たな水源も必要になる。そこで武蔵野を横断する玉川上水を建設し、さらに三田・青山・千川上水を分水して神田上水と組み合わせることによって補った。これによって武蔵野開拓も進むことになる。


 アイアムてんかい
さて、では黒幕・天海は何をしているのか。天海が家康に重用されるのは慶長十三年(1608年)以降のこと。きっかけは比叡山内部のトラブルであった。この調停に家康が送り込んだのが天海だった。家康が宗教政策のキーマンとして天海に目を付けていたことは、比叡山に天海を探題(たんだい−目付け役)として送り込んだことを見てもあきらかである。しかし、慶長十三年といえば家康が江戸の建設に着手してすでに18年が経過している。江戸のマスタープランはすでに出来上がっているのだ。いくら天海がクレームを付けたとしても、いまさら右巻きを左巻きに変えられるはずもない。江戸城も慶長十二年には本丸や天守が完工し、まだ完全な渦巻きお堀ではないが「連郭(れんかく)+梯郭(ていかく)」式の城塞ができていたのである。


連郭式・梯郭式
城の本丸や二の丸・三の丸などの配置の種類をいう。連郭とは本丸から真っ直ぐ直線状に二の丸・三の丸を並べていく形式。梯郭は本丸から段々畑のように二の丸・三の丸を配置していく形式。




これは困った。話しが終わってしまうではないか。


そうだ、まだ利根川が残っている。利根川改修は徳川幕府最後の大プロジェクトである。風水テキストではこれによってあばれ龍“坂東太郎”を飼い慣らし、江戸の風水が完成したことになっている。時期を見ても、家康が銚子港の建設を東北大名に命じたとき、天海は家康のブレーンとして存在していた。その後幕府は利根川の流れを銚子に向けるのだが、利根川が銚子とつながったのは1654年のこと。この大プロジェクトこそ風水なのか、それともこれもインフラ整備か・・・。


おとなしくなったとはいえ、ひとたび氾濫すれば手の付けられない利根川である。改修工事は水害防止のみならず、農業や水運にとっても必要だった。特に深刻だったのは水運である。ディーゼルエンジンもなければ焼き玉エンジンもない時代。風力と人力だけで走っている船にとって、房総沖は最大の難所だった。東北から江戸に向かう船は房総沖で黒潮に逆行することになる。そのため船舶事故が絶えなかったのだ。そこで利根川を銚子にもっていくことによって、房総沖を通らずに江戸に入れるようにしたのだ。この安全ルートの確保は、東北から米を始めとする大量の食料を江戸にもたらした。これによって江戸のキャパシティは拡大し、ますます大消費地として江戸は成長していくのである。




どうも天海の出る幕はなさそうである。しかし、江戸に霊的バリヤーを張り巡らせたのが天海であることは間違いない。その霊的バリヤーが風水かどうかは別として・・・
月刊風水トップページ
風水の話目次
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【九回目】
第二章 家康の考えた江戸の都市計画&江戸城 (其の五) 月刊風水
さて、江戸の渦巻き後編です。前回では水運や人口増にともなう都市の拡大発展にともない、江戸城本丸を出発した渦巻きは、どんどん大きくなり大都市を形成していった、となりました。でも、渦巻きの理由は他にもあったのです。「やっぱり風水なんだ」となればいいのですが・・・。




東京は変則的な道路が多い。家康がつくり上げた渦巻き都市の名残である。明治以降、何度も都市の再建・整備が行われたが、この変則道路はいまなお交通渋滞の一因として残っている。しかし、この変則道路こそ家康の用心深さと軍事都市江戸を象徴するものであり、彼が生きた時代を今に伝える遺産ともいえるものである。


当時、戦争の主役は刀・槍から鉄砲になっていた。鉄砲の特徴は、その威力のわりには誰でも扱えることと、遠くから敵を倒すことができることである。織田のアマチュア軍団が、鉄砲によって武田のプロ軍団をうち破ったのがそのいい例である。その脅威の新兵器・鉄砲が城下町と城の構造まで変えてしまったのだ。




■まずは鉄砲(火縄銃)の基礎知識から               
鉄砲が初めて日本に登場したのは、天文12年(1543年)のことである。事の発端は暴風雨のため種子島の南端・門倉岬(かどくらみさき)に漂着した一隻の中国船であった。鉄砲はその中国船に乗船していた、ポルトガル商人によって日本に伝えられた。・・・というより、時の領主・種子島時尭(たねがしまときたか)が二千両もの大金を積んで、ポルトガル人から火縄銃二挺を買い取ったのだ(ぼったくり?)。その後、鉄砲はまたたく間に日本国中に伝播し、日本は世界でも類を見ない鉄砲大国になったのである。


鉄砲が歴史のターニングポイントとして一躍脚光を浴びたのは、天正三年(1575年)の長篠合戦である。無敵の武田騎馬軍団を、織田・徳川の連合軍が三千挺の鉄砲による三段撃ちで壊滅させたのは有名な話しだ。もっとも長篠合戦の三段撃ちについては、後世の作り話だとか、欧州ではすでに使われていた戦法だなどの説もある・・・。


当時、もっとも一般的に使われていた鉄砲は、6匁(もんめ)筒と10匁筒である。6匁筒は弾丸の直径が15.5mm、10匁筒は弾丸の直径が18.4mmである。それぞれの口径(銃身の内径)は弾丸の直径より0.3mmほど大きくなっている。性能は天候によって左右されるが、最大射程は1000メートルにも達した。もっとも有効射程は100メートルから200メートルぐらいであり、命中精度となると名人は別として、普通は50メートルぐらいだったそうである。しかし、弓矢などと違い少しの訓練で誰でも扱える新兵器・鉄砲の出現は、戦場の様相を一変させ、長い戦国の世に終止符を打つことになるのである。


鉄砲の登場によって、戦場の主役は騎馬武者から足軽鉄砲隊に代わった。装備も鉄砲仕様になり、従来弓矢を防いでいた盾も、鉄板を張ったり、竹を束ねたものが使われるようになる。城や城下町の防衛体制も見直さざるを得なくなり、次々と近代的城郭が姿を現すことになる。現在、我々がイメージする城は、この時代以降に築城されたものだ。


近代的城郭の特徴は、大規模な掘りと曲がりくねった道路。土塁に代わる石塁、弾が貫通しないように工夫された厚い壁や塀。そして壁や塀のいたる所に開けられた狭間である(壁などに○△□の小窓を開けて、侵入してくる敵兵を狙い撃ちにした)。すべては鉄砲の弾を防ぎ、遠くから狙い撃ちをされないための工夫であった。その理想型が江戸城であり、江戸の都市であった。


本丸を中心にした渦巻きは城内から市街地にまで至る。このため敵軍は一気に江戸城まで攻め込むことができない。また、市中のいたるところに潜む徳川軍の攻撃により、江戸市中に侵攻した敵軍が城にたどりつくまでには、かなりの消耗を覚悟しなければならない。ようやく城にたどり着いても、今度は城内の周到な迎撃システムが待ち構えている。当時の江戸の防衛システムはほぼ完璧といっていいだろう。


幕末、勝海舟が官軍の江戸城攻撃に際し、江戸市中を火の海にして対抗しようとしていたことは有名な話しだ。しかし、官軍の司令官・西郷隆盛も江戸市中を焼き払い、戦いやすくする段取りをしていたのである。それほど江戸は攻めにくい都市であった。家康が要塞都市・江戸を誕生させてから、じつに200年以上経た時代の話しである。空軍が登場するまで、江戸の防衛システムは完璧だったのだ。都市の成長と防衛を見事に両立させた、当時としてはまさにお手本のような都市計画である。


家康の時代、まだ政情は安定していなかった。関ヶ原で勝利したとはいえ、豊臣一門はいまだに家康最大の脅威として存在している。関ヶ原で東軍についた豊臣恩顧の有力大名も、本来は三成憎しで家康に加担したにすぎない。その三成が消えた今、彼らが家康に臣従する理由はない。現に領地に戻った大名は戦時体制を解いてはいないのである。家康とて気を抜くわけにはいかないのだ。戦時体制の維持と防衛力の整備。江戸の都市計画・第一段階はこれがすべてであった。




う〜ん、風水と天海和尚の登場はこの後だな。しかし、天海和尚は密教のお坊さんである。密教による国家鎮護と風水は基本的には異なる。・・・でも、中国で仏教も道教と出会っているからねぇ・・道教的風水。
[第一章 家康はなぜ江戸を拠点にしたのか?] へ戻る
月刊風水トップページ
風水の話目次
[第三章 天海は徳川幕府の黒幕だったのか?] へ行く