**
月刊風水トップページ 風水の話目次
東京(江戸)は風水都市・・かな? 東京は風水都市? 一回目
家康はなぜ江戸を拠点にしたのか(第一章/壱) 二回目
家康はなぜ江戸を拠点にしたのか(第一章/弐) 三回目
家康はなぜ江戸を拠点にしたのか(第一章/参) 四回目
第二章 [家康の考えた江戸の都市計画 & 江戸城] へ行く
皇居
**
東京は風水都市? 【一回目】 月刊風水
江戸と京都は日本の風水代表例としてさまざまなところで取り上げられているので、みなさんもよくご存知のことと思います。でも、本当に江戸は風水でつくられたのでしょうか。平安京はともかく、江戸については疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。そこで、今一度日本観気研が「風水都市・江戸」を検証してみたいと思います。長い話しになりそうです。


第一回目はメディアや風水本などで取り上げられている風水都市・江戸のおさらいです。細部はともかく、世間で言うところの大筋は間違っていないと思います。もちろん、日本観気研としての見解ではありません。


■では はじまり 始まり〜■
徳川家康が初めて江戸に入ったのは天正十八年(1590年)。その家康が拠点としたのが江戸城、現在の皇居です。江戸城はもともと太田道灌(1432〜86年)の城でしたが、家康が入城した時は荒れ放題で、とても城といえるような状態ではありませんでした。そんなところを家康が拠点としたのは、天台宗の僧侶、天海(1536?〜1643年)の献策があったからです。


この、天海僧正こそが、江戸城下に霊的バリヤーを張り巡らし、関東に一大風水都市を出現させた張本人なのです。天海は家康、秀忠、家光三代の将軍に仕え、百八歳、一説には百三十五歳の長寿であったといわれ、密教、神道、陰陽道から風水、占いにまで精通していたという、天台宗の高僧です。その反面、素性のはっきりしない謎につつまれた人物でもあるのですが、家康の信任は厚く、豊臣家抹殺の口実になった、京都方広寺の鐘銘事件も天海の画策によるものでした。(鐘銘事件についての詳しい話しは後にします)さて、家康入国当時の江戸城は荒れ果て、江戸の町自体も未開の荒れ地といっていい状態でした。川はすぐに氾濫するし、まともな水源は無いしで、とても人が住めるようなところではありませんでした。そのため、江戸の都市建設は治水と飲用水の確保から始めなければならなかったのです。江戸がテレビの時代劇で見るような都市になるには、家康の入国から実に60年以上の歳月が必要だったのです。


しかし、将来、江戸が首都として機能し、発展していくためにはどうしても江戸城を中心とした、強力なエネルギーシステムを構築しなければなりません。そのためには土木工事と平行して江戸城の改築も進めなければならないのですが、京都のように地理的条件が整っていない江戸では、人工的に風水環境を造り出さなければなりません。天海の計画は、エネルギーをいったん江戸城に集中させ、そのエネルギーを城下の隅々に行き渡らせるという方法でした。そのために、江戸城は従来あまり例を見ない、右回りの渦巻きになった堀をもつ城になったのです。また、天海は江戸城内のパワーポイントとして、坤(南西)の方角に黄金の玉を埋め、江戸市中には放出されたエネルギーの受信装置として、多くの神社仏閣を配置したのです。一部の人には有名な江戸五色不動などはその代表といえます。これによって江戸に入ってきた風水エネルギーは、江戸城に集められ、パワーアップされた後、あらためて江戸市中に放射されるシステムが完成したのです。
Coffee Time 〜♪
このエネルギー供給システムは、現代の電力供給システムに驚くほどよく似ています。発電所でつくられた電気は高圧送電線によって、まず第一次変電所に送られます。これは普通人里離れた山中につくられることが多く、ここから市内各所にある配電変電所といわれる施設に送られるのですが、みなさんも街の中に金網で囲まれた電力施設を見たことがあるでしょう。あれが配電変電所です。この配電変電所から電柱のトランスを経由して各家庭に配電されるのですが、天海のつくり上げたエネルギーシステムでは、江戸城が配電変電所であり、江戸市中に配置した多くの社寺が電柱のトランスになるわけです。


江戸風水の概要から離れますが、みなさんは変電所や送電線など、電力施設からの漏洩電磁波について考えたことがありますか。電磁波は電力施設だけではなく、テレビや冷蔵庫などの電気製品からも発生しています。しかし、現在のところそういった電磁波の漏洩防止処置は何もされていません。もちろん、それが違法ということではないし、電磁波が人体に害を及ぼすと証明されたわけでもありません。しかし、これらの電磁波が人体に無害だということも証明されたわけではありません。こういったことは、有害だという証明がないからいいというのではなく、無害だと証明できない限り何らかの対処をする、という姿勢が必要なのではないでしょうか。「えっ、電磁波が風水と何の関係があるのかですって? 風水が室内の電気製品の位置までチェックするのは、そこから発生する電磁波の影響も考慮しているからです。以外と科学的でしょ」


「私の家の近くに電力施設はないから大丈夫」と思っているあなた。油断はできませんよ。配電変電所は街の中につくられるのですが、都市部ではビルの地下などに設置されることも多いので、知らない間にすぐ隣に変電所ができていた、ということもあります。この、私たちに身近な配電変電所は、電柱のトランスに数千ボルトの電気を送り、大きな工場や大電力を消費する施設には数万ボルトの電気を送り出しています。巨大な鉄塔に張られた高圧線も脅威ですが、住宅街に張り巡らされた電線は、私たちに近接しているだけに問題も大きいといえます。また「携帯電話から出る電磁波は微量なので、人には無害である」という話しも、本当に信じて大丈夫なのでしょうか・・・。いずれ、電磁波についてもこのコーナーで考えてみたいと思います。
さて、家康は元和2年(1616年)にこの世を去りますが、その埋葬はすべて天海によって執り行われました。また、家康を東照大権現(とうしょうだいごんげん)という神に祀りあげたのも天海であり、これによって家康は徳川幕府と江戸の守護神となったのです。江戸の都市建設は家康の死後も秀忠・家光と続けられたのですが、天海は徳川将軍三代にわたる陰の指南役として、幕府に影響を与え続けることになります。天海の風水システムは、家康が神になったことによって完成したのですが、これは徳川二百余年の礎を盤石なものにしただけではなく、その後の日本にまで影響を及ぼすことになりました。もちろん、私たちは現在でもその影響下にいるのです。




さて、いかがでしょうか。一般にいわれている江戸の風水は、こういったところだと思います。そのポイントは次の五つに絞ることができます。
(1)家康はなぜ江戸を拠点にしたのか?
(2)家康の考えた江戸の都市計画&江戸城
(3)天海は徳川幕府の黒幕だったのか?
(4)江戸五色不動は天海が配置した?
(5)家康はなぜ神になったのか?
次回はこの五つのポイントを、第一章から第五章として順番に検証していきます。

皇 居
月刊風水トップページ
風水の話目次
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【二回目】 月刊風水
第一章 家康はなぜ江戸を拠点にしたのか (其の壱)
前回は風水関係の出版物などに紹介されている「風水都市・江戸」のおさらいでした。今回から検証シリーズです。最初は「家康はなぜ江戸を拠点にしたのか?」ということを考えてみます。
 はじまり〜
徳川家康が江戸にはいったのが1590年(天正十八年)。風水の本には天下統一を目指す家康は、風水的に最高の場所であった江戸を自ら選んだ。あるいは、南光坊天海(なんこうぼうてんかい)の献策によって江戸を選んだ、と書かれていることが多い。では、この南光坊天海とはいったい何者なのか。実はこの男、徳川幕府創業期において無視することのできない重要な人物なのだ。そこで、まず最初に紹介しておくことにする。


南光坊天海。密教・神道・陰陽道などに精通し、織田信長によって壊滅状態にあった比叡山を復興させた天台宗の高僧。その一方で豊臣家壊滅作戦の火蓋を切り、家康の宗教政策を一手に担って江戸の霊的防衛網を完成させた男でもある。また、家康の葬儀を取り仕切り、家康を大権現として祭祀し、秀忠、家光と徳川三代に渡って仕えた歴史に名を残す名僧。しかし・・・である、それほどの傑物でありながら、その前半生は謎に包まれたままであり、そのため珍説、奇説も数多い謎の人物なのである。


その珍説・奇説の代表が「天海=明智光秀」説だ。山崎の合戦で秀吉に大敗し、近江に落ちる途中、落ち武者狩りの手によって深傷を受け、自刃したことになっている光秀だが、実は落ちのび、天海に名を変えて家康の前に現れた、という説である。源義経=ジンギスカン説とともに、歴史ロマンをかき立てる話しではあるのだが、あなたは信じることができるだろうか? 私は信じられない・・・。天海について、現在もっとも有力とされている説では、1536年(天文五年)に会津で生まれ、百八歳で没したとされている。人生五十年の時代にこの長寿。まさに驚異といっていいだろう。幼くして仏門に入り比叡山で修行、信長の比叡山焼き討ち後は武田家に仕え、その後1588年(天正十六年)川越(埼玉県)喜多院の住職になる。もっとも天海が歴史の表舞台に登場するのは、家康の知遇を得てからのことである。ところが、その家康と天海の出会いがこれまたはっきりしない。ある研究者は家康が秀吉に協力した小田原攻めのときといい、別の研究者は関ヶ原の戦い直前としている。


秀吉が家康に江戸転封を命じたのが1590年の小田原攻めのときである。天海が川越に現れたのは1588年だから、思案の家康に天海が江戸行きを勧めたという話しも、つじつまが合わないわけではない。しかし、この時家康は駿府(静岡)にいた。そして家康が小田原城(神奈川)を包囲したのが同年4月。小田原は駿府より江戸に近いとはいえ、秀吉はもちろん、家康にさえまだ一面識もない天海が、戦争中の小田原城まで出掛けていったとは考えにくい。現在では家康と天海の出会いは、家康が駿府に移った1608年(慶長十三年)以降とする説が有力であり、これに従えば二人が出会ったのは、家康が江戸に入って実に18年後ということになる。少し遅すぎるような気もするが、いずれにせよ天海が家康の知遇を得たのは、家康の江戸入国後であることは間違いないだろう。となると、家康は天海の献策により江戸居城を決めたとする天海説は消滅する。


では、家康は江戸が最高の風水の地であることを知っていて、自ら選んだのだろうか? これについては、家康が秀吉と連れだって、北条氏の小田原城を攻めていた1590年(天正18年)まで遡らなければならない。
月刊風水トップページ
風水の話目次
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【三回目】 月刊風水
第一章 家康はなぜ江戸を拠点にしたのか (其の弐)
前回では、徳川家康が江戸を本拠地としたのは南光坊天海の献策によるものではない、ということになりました。では、なぜ家康は江戸に引っ越したのでしょうか。彼は本当に風水師だったのでしょうか? 風水関連書に出てくる家康の江戸選地論には、前回の『天海説』とともに“家康は優秀な風水師であり、風水的に最高の土地であった江戸を自ら選んだ”という『家康風水師説』も出てきます。しかし、公家ならともかく、武家の風水師というのはどうも納得しにくいものがあります。そこで今回は、家康の運命を決めた天正十八年の小田原攻めまで歴史を遡ってみることにしましょう。


□ 小田原決戦と関東転封
天正十八年(1590年)、家康は秀吉に協力して、関東の支配者である北条氏の小田原城を三ヶ月にわたって攻撃する。家康の運命を決めた戦いである。家康の関東への領地替えは、この小田原攻めの最中にきまった。織田信長亡き後、織田家家中でトップに躍り出たのは豊臣秀吉である。だが、家康はもともと信長の同盟者であり家臣ではない。つまり、秀吉にとって家康は少々厄介な相手なのだ。


既に天下統一を確実なものにしている秀吉ではあるが、豊臣政権を磐石なものにするためには、この苦手な家康を何とかして封じ込まねばならない。だが、家康は知恵も力もある大大名だ。武力で屈服させるにはかなりの犠牲を覚悟しなければならない。かといって放っておけばこの男、何をしでかすか分かったものではない。そこで考え出したのが、家康をどこか適当なところに国替えし、力を削いで臣従させようという“真綿で首絞め作戦(?)”である。ここ関東はその計略にぴたりと当てはまる。そして家康の居城は江戸城でなければならないのだ。


まもなく、関東を支配している北条氏は滅びる、しかし、北条の残党はまだ残っている。そんなところに家康が乗り込むのである。彼らにとって家康は憎き怨敵であり、恰好のターゲットである。当分の間、家康はその処理に追われることになるだろう。しかも現在の江戸は未開の地に等しく、その都市整備は家康にとって大きな負担になる。秀吉に敵対する力を蓄えるのは事実上不可能だ。(と、秀吉は考えた) それに、家康が江戸を拠点にすれば奥州大名の押さえになる。これを一石二鳥といわずして何といおう。秀吉にとってこのシナリオは完璧であり、理想的であった。(と、思った)


家康の関東転封は秀吉には最善策に思えた。あとは家康に納得して関東に入ってもらい、江戸に住んでもらえれば万事オーケーである。そこで秀吉は江戸の将来性と、百万石の加増というプレミアを付けて、家康が江戸を本拠地にすることをやんわりと強制したのである。


かたや家康はどうだったのか。相手は天下人秀吉である。話し合いとはいっても、拒否することは事実上不可能だ。たとえ何を言われても、最後は秀吉に従わなければならない。しかし、同じ従うにしてもここは秀吉に貸しを作っておきたい。それが後々自分の立場を有利にする。いつまでも豊臣の下風に甘んじるつもりはないが、今はまだ秀吉に敵対する時ではない。それに秀吉が勧める江戸も今は未開の地に等しいが、百万石の加増があれば何とかなる。これだけの経済力があれば、秀吉に反発を強める家臣団を納得させることもできるだろう。


実はこの時、家康にとって関東転封はともかく、本拠地を江戸以外とする選択肢もなくはなかった。それが小田原であり鎌倉であった。小田原も鎌倉も都市としてすでに完成している。しかし、小田原は関東を治めるには地理的に不便であり、鎌倉は堅固な要塞都市であることが逆に今以上の発展を不可能にしている。家康は小田原で秀吉と話し合いを続けながら、さかんに関東の情報を収集した。たしかに秀吉の言うとおり、江戸は栄える可能性がある。かつて太田道灌が江戸を治めていた頃は港町として栄えていた。もっとも百年も昔の話しだが・・・。しかし、家康は将来、江戸が首都として栄えることを確信した。いや、信じたのである。兎にも角にも、ここに秀吉と家康の利害は一致した。


最終的に家康は家臣の反発を押さえ、江戸居城を決める。表向きは家康が秀吉の命令に従ってということだが、これによって秀吉は家康に借りを作ったかっこうになってしまった。そのためかどうか“文禄・慶長の役”では、有力大名が軒なみ力を消耗していく中で、家康は朝鮮出兵を免れ、軍備を温存することができたのである。このことが後の“天下分け目の関ヶ原”での大勝利につながるのである。


さて、小田原合戦は同年(1590年)7月5日、北条氏直の投降で終わった。同7月13日に秀吉は家康の関東転封を小田原城内で発表し、家康は家臣とともに江戸に向かう。家康が江戸城に入ったのは同年8月1日であった。


家康の関東転封・江戸居城は秀吉の計略であり、事実上家康に拒否権はなかった。本拠地を小田原や鎌倉とする選択肢もあるにはあったが、それを選択することは許されなかったのだ。もしこのとき家康が江戸を頑強に拒否していたら、その後の日本を想像することは困難である。しかしこの時点で家康は、今は秀吉に敵対する時期ではないと判断した。それに秀吉のいう江戸の将来性は嘘ではないし、百万石の加増が家康に十分な経済力をもたらすことは容易に想像できた。秀吉と家康の思惑は違ったが、その後の江戸を見れば二人の先見性は間違っていなかったことがわかる。しかし、秀吉が家康の能力を過小に評価するという、取り返しのつかないミスを犯したことも事実である。


江戸は秀吉や家康の想像をはるかに越えて大発展した。家康が江戸を本拠地としたのは、秀吉の拒否することのできない政略のためであり、家康は江戸の将来性を信じて時期が来るのを待つしかなかったのだ。




「しかし、そうはいっても家康は江戸の風水を知っていた。そこで、関東を新たな領国とし江戸城を居城にするのは秀吉の命令、という状況を家康が演出したのではないのか。やはり、家康は優秀な風水師であり、江戸は家康自身が望んだのだ」


ウーン、家康ならそれぐらいのことはやるだろう。また、その方が面白いのだが・・・。しかし、『公家ならともかく、武家の風水師というのはどうも納得しにくいものがある』という冒頭の一節はどういう意味なのか・・・。ということで今回はここまで。次号はその意味も含めた第一章の総括です。
月刊風水トップページ
風水の話目次
**
東京(江戸)は風水都市・・・かな? 【四回目】 月刊風水
第一章 家康はなぜ江戸を拠点にしたのか (其の参)
今回は「公家ならともかく、武家の風水師というのはどうも納得しにくいものがある」という話しと、第一章の総括です。最初は「家康は風水師だったのか?」ということを検証しましょう。このお話しは古代の日本から始まります。え?面倒くさい。でも、この辺から話しを始めないと訳わかんなくなっちゃうのです。それに古代日本の話しといっても要点だけですから簡単です。
日本に風水が正式に伝えられたのは6世紀の大和朝廷の頃である。それは百済から仏教とともに伝えられた。歴史では仏教公伝となっている。(残念ながら風水公伝というのはない)当時、百済からは最新の科学や医学などがもたらされており、それにともない学者や技術者も来日していたことが記録に残っている。もちろん、大陸で生まれた最新の文化や技術は、それ以前から渡来人によって日本に伝えられていた。稲作の伝播とともにもたらされたものである。しかし、それらは科学として成立するほど系統だてて伝えられたものではなく、まだ断片的なものだった。


7世紀になると日本から大陸に使節団が送られるようになる。それに随行して多くの留学生や留学僧が海を渡り、最新の科学技術や文化を日本に持ち帰るようになった。日本はそれらの理論基礎である“陰陽五行説”を積極的に吸収し、やがて独自に陰陽道を生み出すのである。日本で陰陽道が誕生したとき、国家は正式な官僚組織として陰陽寮を発足させ、陰陽師と呼ばれるテクノクラートを配置した。日本は最新の科学技術を陰陽道の中にまとめてしまったのである。このことが、本来“文部科学省”としてスタートした陰陽寮を迷信製造機関に変えてしまうのだ。時代とともにテクノクラートであるべき陰陽師たちは、貴族の求める祭祀や祈祷を執り行う呪術師になってしまい、天文・地理(風水)などの科学的要素は無視されていったのである。


ただし、これらのことは庶民には無縁の貴族社会での出来事である。当時、文化は貴族のものであり、庶民は貴族社会を支える労働力でしかなかった。庶民が牛馬と同じ扱いをされていた時代である。基本的人権なんて言葉すら存在しない時代なのだ。 ・・・しかし・・・現代社会に暮らす我々に本当の人権があるのだろうか? ひょっとしたら、さも人権があるかのように誰かに思い込まされているだけなのでは? いや、こういうことは考えない方がいい、考えると不幸になりそうだ。


〜 さて、気を取り直して 〜


陰陽道が爛熟期を迎えた平安時代になると武士が登場する。平安前期、治安維持のために地方豪族が武装化し、その一族の長が武士団を結成し、有力者と関係を深めていったのである。各地に誕生した武士団は、棟梁(とうりょう)と呼ばれるリーダーのもとに集結し、やがてふたつの大きな武士団が誕生した。これが源氏と平氏だ。乱暴な言い方ではあるが、源氏と平氏はもともと皇室の口減らし先であった。ここでは武士について詳細を記すことはできないので、興味のある方は日本史の本などをご覧いただきたい。ちなみに家康は源氏の嫡流を自称した。しかし、それを証明することはできない。


また密教教団もこの時代に誕生する。物の怪や怨霊などが日常に存在し、いつのまにか陰陽師がゴーストバスターになっていた時代である。貴族たちは初めて見る密教の修法(呪術)に目を見張り、先を争って密教僧のスポンサーになった。貴族の後援を得た密教教団が、巨大組織となるのに時間はかからなかった。しかし、密教教団には陰陽道のような官僚組織とは違い、スポンサーの経済状態に大きく左右されるという危うさが常についてまわった。そのため武士が台頭し貴族社会の弱体化が進むと、密教勢力も貴族の方ばかりを向いている訳にはいかなくなってきた。


続く鎌倉時代に世の中は一変する。世の中が武家を中心に動き出したのだ。しかし武家社会全体は、まだ文化や教養には程遠かった。この時代、ちゃんとした教育を受けたのは貴族と僧侶と学者、そして上級武士ぐらいである。多くの下級武士は読み書きさえ満足にできない状態だったのだ。すべての武士がインテリになったのは江戸時代以降、家康が幕府開設後、武士の教育改革に熱心に取り組んだおかげである。家康の教育改革は庶民の識字率も驚異的にアップさせることになった。日本人の識字率の高さは家康のおかげなのである。


さて、話しを戻して鎌倉時代、貴族に代わって主役の座についた武家は、陰陽師や密教僧にさまざまな祭祀や祈祷を行わせた。オリジナルの文化を持たない武家は、権威の象徴である貴族文化を模倣したのだ。時代は武士を成長させ、貴族を凋落させていく。貴族の経済力が決定的に崩壊したとき、仏教教団は生き残るために新たな道を模索する。密教勢力は武家に接近し、武家も密教とのパイプを太くしていった。武家には官僚組織として朝廷のもとに隔離されていた陰陽道よりも、密教の呪力と武力(僧兵)が現実的な脅威だったのだ。この頃になると“浄土宗・浄土真宗・日蓮宗・時宗・臨済宗・曹洞宗”の新仏教が誕生し、庶民層を中心に信者を増やしていった。しかし、それらの新仏教も時間とともに武家社会にじわりと浸透していくのである。


やがて時代は鎌倉幕府に代わって室町幕府を誕生させる。しかし、1467年に勃発した応仁の乱は日本を戦国乱世の時代にしたのである。都が焦土と化したとき、多くの学者や僧侶、文人たちは地方へ脱出した。各地の有力大名は都を逃れた彼らを庇護した。それは都の文化や最新の科学・技術・医療などを地方にもたらすことになった。皮肉なことに、乱世は地方の知識レベルを一気に向上させたのだ。戦国時代の文武両道に秀でた大名といえば、今川氏や朝倉氏の名前が出てくるが、有名な戦国大名は押しなべて勉強熱心であった。であれば徳川家康が陰陽道ではない、天文・地理を熱心に学び、風水に長けていても不思議ではないだろうと思われそうだが・・・。


では、そろそろ家康に登場していただこう。


家康が生まれたのは1542年(天文十一)、戦国時代の真っ直中である。家康は1547年(天文十六)には、早くも今川氏の人質として駿府へ送られている。家康六歳の時だ。途中で織田方にさらわれたりもしているが、家康の人質生活は1560年(永禄三)に、桶狭間で信長が今川義元を討つまで続く。その間、人質とはいえ家康も一通りの教育は受けたであろう。しかし、天文・地理を究めるほどの勉強は、人質の身である家康には望むべくもない。戦いが日常の戦国時代において、人質の身である家康が勉学に専念できるはずもなかった。家康とその家臣団は戦いのたびに今川軍の弾よけにされ、敵陣に突撃しなければならなかったのである。家康が生きて三河に戻れたのは奇跡といっていいだろう。

 痛ぁ〜

ようやく人質生活から解放された家康は、すでに十九歳になっていた。当時の十九歳は立派な成人である。しかも時代は未だ戦国乱世。三河にもどった家康が学問に専念する余裕はない。これからは徳川家当主としての戦いが始まるのである。三河という土地は好むと好まざるとにかかわらず、戦いに巻き込まれる位置にあるのだ。


戦国時代は現代の我々が考える以上に厳しい時代であった。武士は寸暇を惜しんで武芸に励む。人より腕を磨かなければ戦場で生き残ることができない時代である。幼少の頃から文武に研鑽を積むことができた有力大名の子弟にくらべて、人質生活をよぎなくされた家康の生い立ちはあまりにも過酷であった。家康が戦国時代の終わりが近づいたとき、戦乱で散逸した書物の収集に奔走したのも、身にしみて教育の重要性を知っていたからである。


家康の年譜はさながら戦いの記録である。宿敵、豊臣家を大坂夏の陣で滅ぼし、すべての戦いに終止符を打った家康はその翌年に死を迎える。学問の重要性を痛感しつつ、死の直前まで戦場に身を置き続けなければならなかった家康は、多くの学者・技術者・文化人、そして外国人までもがブレーンとして強力なシンクタンクを作り上げた。自分が専門家になる時間はない。各分野の専門家を活用すればいいのだ。家康は適材適所と徹底した能力主義により、現代にも通じる政治システムを完成させた。いや、現代の日本政府よりも優秀かも知れない。


「日本の政治家や企業経営者は大河ドラマや戦国武将が大好きなのに、なぜ彼らの教訓を現実に生かすことができないのでしょうね。松下幸之助は今のパナソニックをどう思うだろう。本田宗一郎は・・・」byろっきー




ではここで、前回までの内容と今回の内容を総合してまとめてみよう。


1.家康が江戸を拠点としたのは秀吉の「家康封じ込め作戦」によるものである。
2.江戸城を本拠地にすることを提案したのは秀吉であり、家康自らが望んだのではない。また、この時点
  で家康が秀吉の提案を拒否することは不可能だった。
3.秀吉から関東転封の話が持ちかけられたとき、家康はその本拠地として当初、小田原を考えていた事実
  がある
4.家康自身が天文・地理学を修得し、有能な風水マスターになることは、彼の生い立ちと時代背景をみれ
  ば非常に困難である。


以上のことは家康の風水師説を否定する。家康の入国した江戸は風水的に理想の地でもなければ、大都市としての機能を備えている地でもなかった。どちらかといえばどうしようもないところで、町づくりのためにどこから手を付ければいいのか、途方にくれるような地であった。そのため家康は江戸の都市整備に何十年も費やしたのだ。江戸は平安京のような自然環境に恵まれた地ではなく、家康によってつくり出された人工の大都市である。だからこそ執拗なまでの呪術的、心霊的そして科学的なバリヤーが江戸城を中心に張り巡らされたのであった。ただし、そのプランニングは家康自身によるものではない。江戸のバリヤー計画を一手に引き受けたのは天台宗の高僧、南光坊天海であった。


それにしても・・・である。人材活用の妙といい、最後の最後で勝ちをつかみ取るしたたかさといい、それを可能にしたのは人質時代に培われた家康のしぶとさであった。さすがの秀吉もこれにはかなわなかったのである。
・・・そういうこと
ということで次回は『第二章 ・ 家康の考えた江戸の都市計画&江戸城』の話しです。
第二章[家康の考えた江戸の都市計画&江戸城]へ行く
月刊風水トップページ 風水の話目次