月刊風水トップページ 風水の話目次
お正月特別編 年の始めの観気研
**
お正月特別編 月刊風水/ちょっと風水の話しを
お正月の話しをしてみたいと思います。


元日が国民の休日だということは、日本国民はみんな知っている・・・と思います。正式に国民の休日となったのは昭和23年。戦後の新しい日本国憲法のもとに制定されました。もちろん、戦前も祝日だったのですが、戦後の新憲法のもとに『国民の祝日』として制定しなおしたのです。その趣旨は『国民みんなで一年のはじまりをお祝いしましょう』ということだそうです。何だか漠然としていて、マークが付いてしまいますね。もっとも最近は『みどりの日』とか『海の日』なんてのもあるので、まあ、いいかな、なんて思ったりして・・・


ところで皆様はお正月をどのようにお過ごしでしょうか。最近は『元旦から営業』の店が増えて「仕事!」「バイト!」という方もいらっしゃるでしょう。でも多くの人は初詣に出掛けたり、故郷に帰って年に一度の親孝行をしたり、あるいは彼氏とゲレンデ、彼氏とコタツでみかん、コタツでお酒、一人でテレビ、コタツでふて寝・・・いや〜だんだん暗くなってきましたね。まあ、どっちにしてもお正月はゆっくりしている方のほうが多いと思います。しかし、この時期とても忙しい人達がいます。コンビニのお兄さんではありません。皇室とその関係者です。私たちがお餅食べてお酒飲んでる時、皇居のみなさんは何をしているのでしょう。ベランダで手振っているだけ...それは二日の一般参賀でしょ。


日本で行われる祭祀儀礼の多くは、昔々に大陸(中国)から伝えられたものが多く、それは皇室、民間の別なく受け入れられました。わざわざ「大陸」と書いたのは、かつて皇帝が支配した中華と現代の中国を同一視できないから・・であります。


それはともかく、当時、日本にもたらされた中国の思想、文化、科学は仏教や道教などと同化してやってきました。それらは例外なく陰陽五行説を含み、風水理論から神仙思想まで、あらゆるものを無秩序に取り込んで日本に流れ込んできました。その頃の日本は大陸発の先進文化を無条件で吸収し、それを独自に発展させ、見事に日本オリジナルと融合させていったのです。


日本全国に定着した祭祀や儀礼は時代とともに目的や形が変化し、今ではその出自すら分からなくなってしまったものも多くあります。皇室行事もその例外ではないのですが、一般と比較するとまだまだ日本古来の姿をよく残しています。そんな皇室がお正月に何をしているのか。意外と知らない元日の宮中をちょっと覗いてみることにしましょう。





まず、元日最初に行われる祭祀が四方拝(しほうはい)です。これは年災をはらい、五穀豊穣と国家・国民の幸福と皇室の隆盛を祈願する年頭の大切な儀式です。まだ、夜も明けない真っ暗なうちから準備が進められ、午前4時になると儀式が始まります。これは天皇陛下自らが行う遙拝の儀式なので、天皇陛下が病気などの時は中止になります。代拝が認められない儀式だけにおちおち風邪もひけません。


四方拝は平安時代から続く大変重要な宮中祭祀なのですが、この国家国民の幸福を祈願する、年頭の一番最初に行われる祭祀が中国を起源としているのです。平安時代に宮中行事として取り入れられた頃は、貴族や一般庶民も元日の朝に四方を拝して五穀豊穣と無事息災を祈ったのですが、時代が降るにつれ宮中だけの祭祀になりました。


四方拝が終わると、続いて歳旦祭(さいたんさい)です。天皇陛下が皇祖に国家の隆盛と国民の幸福を祈願する祭儀で、これは四方拝と違い相手が天皇家のご先祖様なので、天皇陛下に続いて皇太子殿下も拝礼します。我々、民間レベルでいえば四方拝が初詣で、歳旦祭はご先祖様のお墓や仏壇に手を合わせるようなものです。この歳旦祭が終わる頃、ようやく東の空が白みはじめます。


夜も明けてこれで朝食かな、と思ったらその前にもうひとつありました。宮殿鳳凰の間で行われる晴御膳(はれのごぜん)です。卓と椅子が用意され卓には料理が並べられます。かつては実際に天皇がお召し上がりになっていたのですが、平安時代以降は完全に形式化されちょっと箸を立てるだけです。次いで侍従が冷酒を卓上の杯に注ぐのですが、これも形式だけで実際に天皇が口をつけることはありません。これが終わってようやく本当の朝食です。朝食は天皇・皇后お二人でお召し上がりになります。ほっと一息ですね。


さて、午前9時を過ぎると新年祝賀が始まります。これも正式な国事行為なのです。天皇、皇后両陛下が皇太子殿下をはじめ皇族、内閣総理大臣、国務大臣、衆・参両院議長、副議長、議員、最高裁判所長官、判事、認証官、各省庁の事務次官、都道府県知事、議会議長などの公務員や代議士たちから新年の祝賀を受けます。両陛下は皇族方とともに宮殿内を移動して祝賀を受けるのですが、これがまた分刻みのスケジュールで、昼食は午後1時頃に宮殿の食堂で簡単にすますことになります。


昼食の後も祝賀が続きます。午後の祝賀は各国の日本駐在大使です。大使夫妻がそれぞれのお国の正装で両陛下にご挨拶をします。それが終わるとようやく元日の公務が終了します。いやはや長い一日です。その後、両陛下は吹上御所で夕食を済ませて、あわただしい一日が終わります。陛下の就寝時間は午後10時過ぎで、これは普段と変わらないそうですから、天皇も体力勝負だな〜なんて思ってしまいます。でも、これが天皇の本当の公務なのです。外国元首の訪問を受けること以上に大切なことなのであります。





翌二日は一般参賀があるので、これまたコタツでミカンというわけにはいきません。ついでと言っては何ですが、一般参賀についても簡単にお話ししましょう。


一般参賀が始まったのは昭和二十三年の元旦からです。当時は一月一日から行われていました。最初の頃は天皇や皇族のお出ましというのはなく、参賀者が正門から入って記帳所で記帳し、坂下門から退場するという通り抜けみたいな感じだったんですね。まだ戦争の傷跡が色濃く残っている頃で、皇居に参内するほうも「皇居の中に入れるんだって。行ってみようか」「そうしよう、そうしよう」なんて感じで、天皇陛下がお出ましになるなんてことは、最初から考えもしていなかったのです。


そんな具合だったので、参内する人もたいした数ではありませんでした。しかし、せっかく参内しているのだからと、侍従のひとりが陛下に申し上げたら、「ほほ〜ぅ。では、その様子を見ることはできまいか」とおっしゃったとか。いろいろと検討した結果、距離的に遠かったのですが、宮内庁の屋上からご覧いただくことになりました。あまりにも遠いので小さくしか見えないのですが、他にいい場所もなかったのでそこからご覧になっていました。まあ、当時は天皇陛下も今ほど忙しくはなかった、ということだったんでしょうね。


そのうち参内する人も、庁舎の屋上に陛下がお立ちになっているらしい、ということに気づき、手を振ったり立ち止まって眺めたりするようになってきました。特に騒いだり近づいたりする人はいなかったようで、陛下もそれに手を振って応えていたそうです。それが何年か続くと皇居に参内する人も増え、どうせなら相手に分かるようにお出ましになった方がいいのではということになり、「それでは」ということで宮内庁二階のベランダを改造してお出まし願うことになったのです。それが昭和二十六年のこと。


やがて国内が戦後の復興から落ち着いてくると、今度は天皇陛下が忙しくなり、昭和二十八年からは一般参賀を一月二日にすることになったのです。当時はまだ現在のように、天皇陛下のお出ましは何時などと決まっていたわけではなく、人が詰まってくるとお出になっていました。参賀に訪れる人が多くなり、みんな両陛下がお出になるまでその場を動こうとしないため人が詰まってしまい、陛下が顔を見せないわけには行かなくなってしまったのです。まあ、陛下もああいうお人柄なので、「だいぶ詰まって参りました」と聞くと、「よし、それじゃ」とお出になったそうです。天皇陛下の人柄をしのばせるエピソードですね。こういう人だったからこそ、日本人は今でも皇室が好きだし敬意をはらうのでしょう。エリザベス女王はきっと日本の皇室をうらやましく思っているんだろうな・・・。その後新しい宮殿ができたり、お立ちになる場所を整えたりして、昭和四十四年以降現在のようなかたちになったのです。


ちなみにお出ましになる時間は、次のようになっています。


 第1回 10:10頃
 第2回 11:00頃
 第3回 11:50頃
 第4回 12:40頃
 第5回 13:30頃
 第6回 14:20頃
 第7回 15:20頃


ということなので、みなさん!日本人なら一生に一度は皇居に参賀しましょう...なんてね。




ついでながら、女性天皇と女系天皇のことが論じられています。女性天皇はいいのですが、女系天皇はそうはいきません。それを認めることは天皇制の崩壊につながる大問題です。政府はこの問題について「有識者」とか「知識人」とかいう人達から意見を聞いているようですが、どういう基準で人選したのでしょうか。小泉内閣の時も同様の問題を、同様の人達を集めて論議して、「有識者とか賢人てのは、バカ者って意味かい?」と言いたくなるような最終報告書を上げています。帳尻合わせで済む問題ではないんだけど・・・ねぇ
今こそ、本物の右翼よ出てこい・・なんてのはダメかい?
月刊風水トップページ 風水の話目次
**
年の始めの観気研 月刊風水/ちょっと風水の話しを
お正月なのに観気研非常勤スタッフの平さんがいます。名前が平治なので平さんと呼んでいます。私より年上です。まぁ、みかんでも食べながら、お酒でも飲みながら、今年もどうぞよろしくお付き合い下さい。


世間では『風水=占い』という図式が一般的なようで、最近では「風水占いですね」といわれると「まあ、そうですね」と、何ともあやふやな返事をしていることがよくあります。このあやふやな返事の裏には「それでいいのかぁ〜?」という天の声が頭の中で響き渡っているからです。占いといえば、星占い、四柱推命、九星気学、手相、他にもカラー占いや動物占い、おみくじなどたくさんの種類があります。占いの定義は「来るべき将来の出来事を、一定の法則にもとづいて予測し、吉凶や運命を判断すること」ということですね。吉凶は誰でも知っている、よいことと悪いことであり、運命とは人知の及ばない運・不運、つまり、吉凶の巡り合わせですね。となると、風水はどうでしょう。風水で人の運命はみないし、何歳の時に良縁に巡り逢うとか、人生の転機が訪れるなんてこともいいません。なのに風水を占いといっていいのでしょうか。どうでもいいことかも知れませんが、やってる方は結構真剣に悩んでいたりして。




所 長 
「おめでとうございます。観気研も今年はもう少しかっこよくやっていこうと思うのですが」
平さん
「なに考えてるんです」
所 長
「えー、もっと世間様に喜んでいただけるような・・・」
平さん
「テレビでよくやっている風水料理とか、今年の風水カラーなんてのをやろうなんて考えているんじゃないでしょうね。それだったら○×△といっしょじゃないですか」
所 長
「そうだよね。やっぱりだめだよね」
平さん 
「あたりまえでしょう。そんな器用なまねはできないんだから、今のペースで地道に真面目にコツコツとやっていけばいいんです。まあ、派手にやりたいという気持ちもわからんではないが・・・」
所 長 
「ごもっともです。では、話を変えて、風水はやっぱり占いだと思いますか」
平さん
「そうですねぇ。風水じゃロト6の当たり番号も分からないし、いつ頃彼女ができるなんてのも分かりませんしね。やっぱり、占いとはいえないでしょうねぇ」
(平さんは独身主義者なのです)
所 長 
「いろんな人が風水の本を書いてるけど、それを見ると伝承科学とか経験科学、あるいはテクノロジーなんて言葉を使っているのが多い。たぶん、みんな同じ苦労してるんだろうなぁ」
平さん
「そうでしょうね。日本に昔からある家相や地相とも違うし・・・。まあ、今まで日本では風水というものをあまり意識していなかったから、風水に対する認識そのものが混乱していますよね」
所 長 
「そうですね。だからこうしてホームページを作っているんだけど、なにぶん力不足だし・・・文章もまだまだ稚拙だし・・・もっとがんばらないといけないですね」
平さん 
「そうそう。稚拙稚拙」
所 長 
「あんたに言われとうないけどね」


どうでしょう。風水は占いなのでしょうか。
月刊風水トップページ 風水の話目次