月刊風水トップページ 風水の話目次
   
Bar
幽霊の話 〜 風水日記
黄色は金運? 〜 風水四方山話
04
幽霊の話し 〜タウン誌記者のインタビューから 月刊風水/ちょっと風水の話しを
記者
「ところで、幽霊とか霊魂というものは存在するのでしょうか」

「難しい質問ですね。幽霊や霊魂などというものは多分に宗教的なもので、基本的にはどちらも存在しないと思います。もちろん死後の世界やあの世などもないでしょう。でも、得体の知れないモノを見ることはありますね」
記者
「エッ?『得体の知れないモノ』って何ですか」

「流行の言葉で言えば『異形のもの』といったところですか」
記者
「『異形のもの』というと尋常ではない、怪しいモノということですか?でも、今幽霊や霊魂なんていないと・・・」

「はい。ですから私としては幽霊とか霊魂などというものではないと思っています。かといってそれが何なのかは自分でも分からないのですが」
記者
「あのー、それはどういう姿形をしているんですか」

「百鬼夜行図なんかにでてくるような、一目で妖怪とわかるものならいいんですが(何がいいんだ?)、実際は普通の人と変わりません。もちろん幽霊画に描かれているような、ウラメシヤーなんてこともないですね」
記者
「それがなぜ『異形のもの』、つまりこの世のものじゃないとわかるんですか?」

「これはもう感覚ですね。見た時に『これは普通じゃない』という感覚です。最初の頃は、友人などが一緒にいれば、彼らにもそれが見えているのかどうかを確かめていました。結局、見えているのは自分だけ、ということなので・・・信じられないでしょ。信じなくてもいいですよ」
記者
「いえ、そんなことないです・・・」

「自分でも目で見ているのではなく、感じているだけかも知れません。本当に視覚で見ているのであれば、そこには光を反射する何らかの物体があるはずだし、そうであれば、同じ構造の目をもつ、誰にでも見えるわけですから。それともひょっとしたら未知の生物かも知れませんね。光の屈折率をコントロールできる生物。もしそうなら楽しいですね。体内に磁石をもつ“磁性細菌”なんてのも現実に発見されているわけですから、光をコントロールする生き物がいても不思議ではないですよね。この地球上で人間が発見したものや、解明できたものなんて、ほんの一握りにしかすぎないのですから」
記者
「そうですね。まだまだわからないことだらけですね。ところで、それが出てくるというか、見えるというのはやっぱり夜なんですか」

「いや、夜も昼も関係ないですね。出会う場所もテレビでよくやっている、心霊スポットなんていう、いかにもそれらしいところではなく普通の場所です。にぎやかな繁華街なんかが多いですね。人もいないような寂しい場所で見ることはほとんどないです」
記者
「あのー、それで出会ったときはどうするんですか」

「どうもしません。ただ、あまり見ないようにしていますね」
記者
「見たらいけないんですか」

「いや、どうなんでしょう。なぜか見てはいけないような気がして・・・。どうしてでしょうね、本能的なものでしょうか。正面から向き合ってはいけないような・・・。誰かに教えられたり、明確な理由がある訳ではないのですが、自分では何となくそう思っています。前を歩いている人が『あっ、この人は違うぞ』て思うこともありますよ。しばらくするといなくなっている。すうーと溶けるように消えちゃうなんてこともありますね」
記者
「それって、やっぱり幽霊っていうんじゃないんですか」

「どうでしょうね。彼らが本当に存在しているのか、ひょっとしたら脳がある種の幻覚を見せているのかもしれない。でもね、冷静に考えてみると幽霊とか霊魂などというものは存在しないし、そのほうが絶対に合理的なんです。まあ、妖怪のたぐいは別にしますけど。気持ちとしては幽霊はいたほうがいいかなって思ったりするんですよ。でも、もし幽霊とか霊魂とかが存在するとしたら、もとは普通の人間なんだから、もしかしたら自分が死んで、幽霊になって街をさまようことになるかも知れない。幽霊になった自分を想像してみてください。嫌でしょ。とてもみじめだと思いませんか」
記者
「うーん・・・そうですね。さまよっている私を家族が見たら悲しむでしょうね」
「ここにはいませんか」

「ええ、ここにはいないですよ。あなたが、普通の人じゃないのであれば別ですけど」
記者
「・・・・・・」

「・・・・・・」
        


【ドラキュラと幽霊を同一視するわけにはいかないのだが・・・】
それが吸血鬼ドラキュラの映画だったことは記憶しているのだが、タイトルもいつ観たのかも覚えていない。ただ、その映画のワンシーンだけが、今も脳裏に焼き付いている。少年(青年だったかもしれない)が、向かってくるドラキュラに十字架を突きつけるという、ドラキュラ映画ではお馴染みのシーンである。本来ならこれでドラキュラは恐れおののいて降参するのだが、このドラキュラは降参するどころか、高らかに笑ってこう言い放ったのだ。「そんなものが私に通じると思っているのか。十字架も聖水も、すべては信仰心があって初めて神の加護が得られるのだ。信仰心のないおまえが十字架をかざしても何ともないわ! 」と。正確ではないが、ドラキュラが言った台詞はこのような内容だった。まさに神の偉大さを見せつける見事な台詞である。
また、以前、日本でも大ヒットした香港のキョンシー映画。キョンシーや妖怪達に立ち向かう、正義の味方は道士(どうし)と呼ばれる道教のお坊さんである。彼らは七星剣(北斗七星を描いた剣。邪気を駆逐する力があるとされる)を振るい、霊符をはじめとするさまざまな術を駆使して“物の怪”に立ち向かうのだ。彼のくり出す方術がキョンシーや妖怪達を封じ込めることができるのも、やはりその背後に道教の神々がいるからである。


【そして日本の幽霊は】
さて、我らが日本の幽霊は“世直し”のために登場する。その背景はもちろん仏教である。平穏な生涯を送り、縁者に見守られて往生していく人はいいのだが、そうでない人、つまり他人に裏切られ、騙され、失意の中で臨終を迎える人や、自分で、あるいは他人によって、不本意ながらも人生半ばで終焉を迎えてしまったという人が、幽霊となって登場するのである。人が死ぬということは、現世のあらゆる“しがらみ”から解放されるということである。あの世に行くことによって、ようやく義理や人情、お金や男女の愛憎などから解放され、社会の不条理に泣くこともなくなるのだ。そんな“冥土・イン・ユートピア”行きのチケットがようやく手に入ったのである。何もいいことの無かった浮世なんぞにおさらばして、さっさと飛んで行きたいのが普通である。しかしちょっと待った。ここで考えねばならないのが、生きとし生けるものは何度も生き変わり死に変わるという、仏教の輪廻(りんね)思想である。またこの世に生まれ変わるのであれば、今度生まれ変わったときは、今よりいい世の中になっていてほしいと願うのが人情だ。そこでユートピア行きをちょっと延期して、人間社会の掃除をしてから出発しようというのが、我らが日本の正しい幽霊のすがたである。だから日々公明正大に暮らしている人は、幽霊を怖がることはないのだ。
ところで正しい幽霊がいるのであれば、正しくない幽霊もいるのだろうか。そう、どんな世界にも半端者はいるのだ。目的もなく、ただ何となく柳の下や暗がりにボーっと出てくるユーレイである。この手合いは幽霊としての理念も信念もないので、お坊さんの法力で強制的にあの世へ飛ばされることになる。だからあまり怖くない。しかし正しい幽霊はそうはいかない。確固たる信念を持って、正義の幽霊になったのだから目的を達成するまでは、何が何でも成仏するわけにはいかないのだ。その目的とはもちろん、自分を死ぬほどつらい目に遭わせてくれた相手、つまり悪党どもに反省を促すことにある。時としてその反省は、相手をあの世(地獄?)へ送り出すことによって完了することもある。では、正義の幽霊はどのようにして、相手の反省量を決定するのであろうか。決して適当に決めているのではない。まず、自分と相手の利益を相殺して、帳尻を合わさなければならない。つまり自分(現在は幽霊)が不幸になることによって、相手が得た不当な利益をキャンセルする。そして次にペナルティーとして、自分が死ななければならなかったほどの不幸の量を、相手方にも受け取っていただかなければならない。この受け取り量によって、相手が“この世”で再スタートできるのか、“あの世”へ出発することになるのかが決まるのだ。悪党が善人面して天下を闊歩することは絶対に許さない、筋はかならず通すというのが我らが日本の幽霊である。
そう考えると金も権力もない我々庶民が、怖い怖いと言いながらも幽霊を好き(?)なのは、彼らの中に純粋な正義を見るからではないだろうか。社会が裁けなかった悪を裁く。ということは、幽霊とは無償の『必殺仕事人』であり、反体制派の代表ともいえるのではないだろうか。やっぱり幽霊はいた方がいいなあ。


【テレビを見て思うこと】
夏の定番であるテレビの心霊番組。よく山中の廃屋とか廃校、無人の病院跡や寂しい国道のトンネルなど、いかにもそれらしい場所が心霊スポットとして紹介される。しかし幽霊と人間は表裏一体、光と陰のような関係である。だから本来、人のいないところに幽霊の存在意義はないのである。もちろん墓場に住んでいる幽霊もいない。しかしテレビに出てくる、お坊さんや霊能者という人達には霊が見えるという。もし、彼らの言うとおり、そこにユーレイがいるのであれば、それは存在意義のない幽霊、つまり何の目的もないフーテン幽霊ということになる。なるほど人間と同じでユーレイにも困った連中がいるんだなあ、と思うのは私ひとりであろうか・・・。


P.S
現在のところ、私はまだ幽霊を否定する立場を変えるつもりはない。気持ちとしては、幽霊の存在を期待するのだが、世の中思い通りにはいかないものである。
*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*
月刊風水トップページ 風水の話目次
06
黄色は金運? 月刊風水/ちょっと風水の話しを
最近の日本で風水という言葉は、色彩開運法か開運商品のキャッチコピーになってしまったようである。もちろん、お遊びで楽しんでいる分には何の問題もないし、他人がとやかくいうのは余計なお世話というものだが、なかには流行の風水?にのめり込むあまり、日常生活にまで支障をきたす人もいる。そんな笑い事では済まされない事例を紹介しよう。事の発端は友人からの「相談したいことがあるので会いたい」という一本の電話だった。古い友人の頼みを断る理由は何もない。次の日曜日に会う約束をして電話を切った。さて、ここで友人のプロフィールを簡単に紹介しておこう。その友人は女性である。ご主人はコンピューター関連企業に勤めるサラリーマンで、子供は大学生と高校生の二人。ごく普通の家庭だ。ご主人とは彼女の結婚式の時に初めてお会いして、その後は年賀状を出す程度のお付き合いである。その彼女が突然、相談があるといってきたのだ。
約束の日曜日、彼女はご主人とともに我が家を訪れた。相談のポイントはご主人だった。彼の話を要約すると次のようになる。
彼 「近々、自宅の外壁を塗り直すのですが、黄色い色にしようかと思っているんです。どうでしょう」
私 「いいんじゃないですか、人それぞれの好みですから」
彼 「いや先生、そうじゃないんです。風水で黄色は財運を呼ぶというじゃないですか。
   それならば家全体を黄色くしてしまえばこれ以上の財運はないでしょう」
私 「・・・・・・」
最近の住宅はサイディングという外壁材を使うことが多い。この外壁材は建物の立地環境にもよるが、施工して7年ぐらいをめどに再塗装をする。彼はその塗り替えにあたって家を黄色に塗ろうというのだ。しかし、家族の猛反対にあって、未だ塗り替えできずにいるのである。もちろん、当の本人は大まじめだ。そこで家を黄色に塗ることが本当にベストなのか、専門家に聞いてみようということになり、私に話が回ってきたという訳である。となるとこちらも責任重大だ。自分の家をどんな色に塗ろうとそれは本人の自由だが、それが好みなどではなく風水によるものであり、しかも家族全員の反対を押し切ってまでとなるとこれは問題であろう。なるほど話を聞けば、自宅を黄色に塗ろうとする彼の気持ちも分からぬ訳ではない。新聞や雑誌、広告などには風水+金運=黄色≠ニなっているし、テレビでも黄色黄色といっていた。金運に恵まれたいのは誰だって同じである。彼が「どうせ塗り替えるのなら黄色にしよう」と考えるのも無理からぬことだ。過日、ある建築業者から「最近は外壁を黄色にするお客さんが増えた」ということを聞いたばかりだが、まさか黄色い家に住んでいる人は、黄色い家が好きなのではなく風水的処置?で自宅を黄色にしたのだろうか。確かに風水には色の要素もあるが、それはあくまでも風水の一部分である。色だけをもって“風水良好”とは決して言えないのだが、現実に黄色に取り憑かれた人が今私の眼前にいる。今回、この家族が私に期待しているのは、彼を黄色の呪縛から解き放すことのようである。
一通り話を聞いたところで、彼が黄色い家に住むことがベストなのかどうかを風水チェックする。風水の調整方法は画一的なものではない。同じ家でも住む人が変わると風水も変わる。人にはそれぞれ個性、特性があるので、その環境を調整する方法も人によってさまざまに変化するのだ。ただ、今回は事前の調査を何もしていないので十分とはいえないが、少なくとも彼が黄色い家に住むことの是非ぐらいは、はっきりさせることができる。結果は「可もなく不可もなし」ということである。つまり、どっちでもいいということである。人生、色だけで願いが叶えられれば簡単でいいのだが、なかなかそうはいかない。彼には家族の反対を押し切ってまでやるほどのことではない、ということを話した。まあ、私にできることはここまでである。あとはもう一度、ご家族で話し合うことだ。
彼女から報告を兼ねたお礼の電話がきたのは、それから4〜5日してからだった。「家は薄いベージュ色に決めました。上品な色で私も子供たちも喜んでいます。あの時は子供たちも嫌がって、家の中が険悪なムードになっていたので、主人も何だかほっとしているみたい。どうもありがとうございました」との話に私の方もほっとしたものだ。
太古、風水は原始的ではあっても科学として誕生し、そこに霊的、超自然的な要素が入り込む余地はなかった。しかし風水はその誕生から現在に至る数千年の歴史のなかで、科学として発展する一方で、宗教やシャマニズム、ときには詐欺師にまで利用されていったのである。彼らの操る風水は甘美なオカルティズムに粉飾され、人々をうっとりとさせる魅力的なものであった。その結果として、風水は迷信とペテンの烙印を押され、いかがわしい過去の遺物とみなされたのは当然といっていいだろう。しかしそんな風水も現在、古代遺跡の調査、発掘や各学問分野の研究により、徐々にその実体が明らかにされつつある。古代の東アジアに誕生した風水理論が、不名誉な汚名をすすぐのもさほど遠い話ではないだろう。
*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+
月刊風水トップページ 風水の話目次