四天王寺(してんのうじ)は、聖徳太子によって推古天皇元年(593年)に建立された、日本最初の仏教寺院です。宗派は、聖徳太子の十七条憲法にある「和を似って貴しとなす」から、「和宗(わしゅう)」とよばれます。
【石の鳥居】
参道正面にたつ鳥居で、日本三鳥居のひとつ。鳥居に掲げられている額には『釈迦如来 転法輪処 当極楽土 東門中心』と書かれています。意味は「釈迦如来が説法を説くところで、ここが極楽東門の中心」、ということです。鳥居は元来、インドで聖地結界として建てられたもので、神社だけのものではありません。
鳥居奥には西大門が見えます。この門は極楽に通じる門ということで、極楽門とも呼ばれており、柱には転法輪が四基付いています。
四天王寺の伽藍配置は6〜7世紀の大陸の建築様式を取り入れた、『四天王寺様式』といわれるものです。しかし、長い歴史の中で度重なる戦災や天災によって焼失しました。現在のところ最後の焼失は、昭和20年のアメリカによる空襲によるものです。これにより重要な建物の大部分が焼失し、当時焼け残った建物は六時堂・元三大師堂・本坊西通用門・五智光院・方丈ぐらいでした。戦後、再建が始まりましたが、創建当時の姿がよみがえったのは昭和38年頃のことでした。
【西大門(極楽門)にある転法輪】
仏陀の教えを説くことを表す法輪(チャクラ)を小さくしたもので、手で回して「仏法をお教えください」と挨拶にしたのが起源です。柱に貼ってある説明書には次のようにありました。

転法輪(てんぽうりん)
法輪は、お釈迦様の教えが他に転じて伝わるのを輪にたとえたもので、仏教の象徴です。転法輪を回すとき、「あらゆる迷いの心が滅し、身心が清浄となりますように」と念じて合掌し、軽く右にお回し下さい。
【中門と五重塔】
中門は伽藍の守護神である仁王像を祀っていることから、仁王門と呼ばれています。東側が那羅延金剛力士、西側が密迹金剛力士で、仏師 松久朋琳・宗琳の作です。
【五重塔】
創建時は、塔の礎石心柱の中に仏舎利六粒と聖徳太子の髻髪(きっぱつ)六毛を納められたので、この塔を「六道利救の塔」といいます。
【亀の池】
六時堂の前にあって、かつては蓮池といわれていました。現在は亀が放生され、亀の池と呼ばれています。山盛りの亀はなかなか圧巻です。







【六時堂】
昼夜六回の諸礼讃をするところから「六時礼讃堂」の名があります。薬師如来・四天王等をお祀りしており、回向(供養)や納骨などを行う中心道場です。賓頭盧尊者像やおもかる地蔵も祀られており、修正会・聖霊会などの大法要はこのお堂で行われます。
堂正面には亀の池と、石橋に組まれた舞台があります。毎年4月22日の聖徳太子を偲ぶ聖霊会舞楽大法要では、この石舞台で舞楽が舞われます。側面に彫られている「舞台講」とは、この舞台再建に寄進の労をとった、大阪の材木問屋の集まりの名称です。「講」とは集まりのことです。