お名前は盧舎那仏(るしゃなぶつ)といって、宇宙そのものを象徴する、無限の仏様てせす。今から1600年ぐらい前の華厳経に登場されるのですが、日本にはずっと後になって、漢訳された教典が伝えられました。それに「盧舎那仏/るしゃなぶつ」、と「毘盧遮那仏/びるしゃなぶつ」という名前で登場されるのです。でも、本名は「ヴァイローチャナ」です。