【月刊風水】top page
嘘かまことか開運の風水グッズ。 巷に溢れる風水の道具を思いつくままに見ていきましょう
ご注意
ご紹介する風水の道具は使用を奨励しているのではありません。 勿論、効果も保証しません。
なので、『買ったけど効果がない』『役に立たない』といった苦情はお買いになったお店にどうぞ。 どういう姿形の道具なのかは、ネット上に画像が見つかると思います。
八卦牌 獅子 石敢當 獣牌
植物 水槽
画像は単なるイメージです。 くれぐれも惑わされないでくださいませ!
はっかはい
先天八卦を刻んだ木製の壁掛け。八角形でサイズはいろいろだが、中心に丸い鏡をはめ込んだものもあって、これは八卦鏡と呼んでいる。向かってくる邪気・殺気などから建物を守るもので、代表的な風水グッズだ。基本的には玄関の外側に掛けるが、窓やベランダにも使うことがある。
八卦鏡の中心にはめ込まれている鏡には、凸面鏡と凹面鏡の二種類がある。凸面鏡は周囲の建造物などが発する“凶気”に対して使い、凹面鏡は環境(河川など)がおよぼす“凶気”に対抗する。
 月刊風水トップページへ  頭に戻る
しし
獅子は建物の守り神として玄関に置くのが基本だ。建物に侵入しようとする邪鬼に対抗するためのもので、必ず頭を外に向けて雌雄一対で置かなければならない。もし、内に向けて置くと邪鬼の侵入を許すばかりか、家人に害を及ぼすことになる。また屋外に置くことが多いため、万が一どちらか一方が破損して取り替える場合は、必ず両方とも新しくすること。
【エピソード】
札幌のススキノという一大歓楽街で、ソシアルビルを手広く経営する韓国人オーナーの会社がある。その会社に酒や食品会社などの営業マンが訪問するのだが、商談には大抵オーナーの息子があたる。問題はその会社が所有するビルの正面玄関に置かれている一対の獅子である。結構目立つものだから、商談に訪れた営業マンはリップサービスのつもりでその獅子を褒めようとする。しかし、普通の日本人にとって、獅子がどういう意味を持っているのかなんて知る由もない。そこで営業マンが「玄関の立派な“コマイヌ”」なんて言おうものなら即刻退場である。本人はなぜ追い出されたのか意味が分からない。ライオンならまあ合格、獅子と言えば商談も進むといった具合だ。もちろん「同じ取引であれば気のいい付き合いができる担当者に」と言うことなのだが、かの営業マン氏にとってはまさにカルチャーショックである。
 月刊風水トップページへ  頭に戻る
かめ
亀の場合は獅子と違って、置物だけではなく生きた亀でも同様の効果が得られる。亀も獅子同様、邪気に対抗するものだが、その方法に決定的な違いがある。邪気に対して獅子は攻撃的であり、どこまでも戦うという姿勢だが、亀はあくまでも防御に徹する。そのため、高齢者の住まいや部屋、あるいは近隣との万が一のトラブルを懸念する場合は亀を用いた方が無難といえる。
 月刊風水トップページへ  頭に戻る
セキカントウまたはイシカントウと読む。石柱に『石敢當』あるいは『泰山石敢當』と彫ったもので、通常(何が通常なんだ?)道路の突き当たりや、建物に向かってくる殺気をはね返すために、屋外に立てるものである。石敢當のいわれはいくつかあるが、勇者の名前という説が一般的である。しかし、最初の『泰山』というのは人名ではなく、「これは天下無敵の泰山の石である」という意味である。
泰山(たいざん)とは五行説によって定められた、中国山東省にある『聖なる山』である。死者の霊が集まる聖地であり、現在でも強く信仰されている霊山である。
少々、以前の話しだが(たぶん今でも変わっていないと思う)、沖縄では現在でもT字路の突き当たりに、石敢當が設置されているのを見ることができる。都市中心部や観光地で見つけるのは難しいかもしれないが、自然石に「石敢當」と彫り込んだものや、住宅のブロック塀に直接書いてあるものまで、さまざまな形で存在している。中には「石敢當」と書かれたプラスチックのプレートを門口に張っている家もあって、訪問販売で売りに来るそうである。
 月刊風水トップページへ  頭に戻る
じゅうはい
尖角直射から玄関を守るもの。尖角とは建物の角や、尖ったものがこちらの玄関に向かっている状態のことである。この状態がどのような影響を及ぼすかというと、破産・夜逃げ・病気、最悪の場合は死となる。恐ろしい・・・。獣の顔が描いてある木板で、尖角に向けて玄関の上あたりに取り付ける。
しかし、「死」は極端な例としても、好ましくない状態であることには間違いはない。感性に合わない人もいるので、別の方法で改善したほうがいいだろう。
 月刊風水トップページへ  頭に戻る
しょくぶつ
風水に植物はなくてはならないものである。今では植物というと観葉植物というくらい、風水では観葉植物が多用される。ただし、風水で使用する植物には二種あるので注意が必要だ。気を旺盛にするのが観葉植物で、サボテン類は凶気を祓うために使われる。ただし、置けばいいというものではなく、置き場所、置き方が重要である。置き場所を間違えたり、むやみやたらと置きすぎるのは逆効果である。
 月刊風水トップページへ  頭に戻る
龍は吉(特に権威と富)を呼び凶を駆逐する、四霊のトップに位置する。龍は水の近くに置くことがポイントである。家のそばに海や川、湖があれば、それが見える場所に置く。ない場合は水槽のそばに、それもなければ海の方向に頭を向けて置くようにする。ただし、その方向に汚水や汚れた河川などがあれば、龍がけがされることになるので、その場合は北の方向に置くことになるが、建物内の北が吉方位であることが必要である。それもだめな時は置いてはいけない。龍は四霊ではあるが非常に荒々しくもあるため、室内にいくつも置いたり、寝室や高齢者、子供部屋には置いてはいけない。
 月刊風水トップページへ  頭に戻る
水槽は風水にとって非常に重要な道具である。風水にとって「水」は財を築くために必要不可欠なものであり、ホテルや宮殿の前面に噴水や池を造ったり、室内に大規模な水槽を設置する邸宅もある。しかし、誰にでもできることではない。そこで普通は水槽を使うことになる。本場ではオフィスや店舗に風水水槽(金魚付き)をリースする業者もいるほどだ。しかし、これも設置場所が難しく、どこでも良いというものではなく、中に入れる金魚の数も関係してくる。龍と同様でその作用が強力なだけに、素人判断は避けた方がいいだろう。
 月刊風水トップページへ  頭に戻る
ペットの犬ではなく、犬の置物を指す。建物の玄関は「獅子」が守るが、裏口などは犬が守ることになる。犬の置物は出入り口近くに、顔を外に向けて置くようにする。ただし出入り口が東南の方位であれば、犬を置いてはいけないとされている。もし、建物に勝手口や裏口がなければ、玄関の守りとして獅子の代わりに犬を置いてもいい。
ワンポイント風水 風水の話を 月刊風水トップページにもどる 頭にもどる