玄関に水槽と鏡/一戸建て住宅を購入して
lavani_s.gif 44x46 1.16KB
西南西に玄関のある、一戸建て住宅を購入しました。玄関を入って左側に備え付けの下駄箱があり、そこに長方形の大きな鏡を取り付けています。今回、玄関右手に90cmの熱帯魚用水槽を置きたいのですが、鏡に水槽が写ってしまうことで、何か問題はないかと心配です。鏡は何かで隠すなどした方がいいのでしょうか?
玄関と鏡と水槽ですが、この三点は風水にとって非常に重要なポイントです。まず、玄関は家の顔であり、口であり、鼻です。建物が必要とするエネルギー(気)は、原則として玄関から導入します。そのため玄関の位置や向きによって、建物の基本的な吉凶が決まるといっていいでしょう。そして、鏡と水槽は気の動きをコントロールする道具です。しかもこの二つは非常に強力です。そのため使い方には注意が必要です。もし、ドレッサーなどの配置に不安があれば、使わない時には鏡面にカバーを掛けて蓋をすればいいでしょう。適所に配置できているかどうかは、ケースバイケースなのでちゃんとチェックしなければ何とも言えませんが、鏡に関しては最初から必要なもの以外は置かない方が安全です。
次に水、つまり水槽ですが、風水チェックの結果いかんによっては水槽を使う場合があります。気が不足している場合などに使うのですが、問題はやはり置き場所です。吉・凶の別なく気を引き込み蓄積する水槽は、置き場所を間違えたり、管理が悪いとせっかく設置しても陰気の源になってしまいます。水槽や鏡は風水の化サツ道具、つまり凶を鎮め吉を呼ぶための奥の手ともいえる道具なので、間違った使い方はかえって害を生むことになります。
今回のケースでは風水の重要アイテムが揃ってしまいました。いずれもちゃんとしたチェックをしなければ判断できないものです。当然、間取り図を一目見て、アウト・セーフを決められる問題ではありません。そういった時の最後の手段として、風水を無視することも選択肢のひとつです。冗談で言っているのではありません。風水関係の本も情報も一切、見ない、読まない、聞かないことです。人間には危険を察知する能力があります。かなり優秀な能力であり、それに従うことはもっとも確実な開運法といっていいでしょう。インテリアのレイアウトや色で迷った時は、そういった配置や色に違和感を感じなければ良しと思っていいでしょう。逆に言えば、どんなに立派な風水先生に言われても、違和感があれば従わない方がいいということです。それが、本能が発する危険信号です。
ついでながら 〜 なぜ、「水槽は西、鏡は東」といったような、明確な回答ができないのでしょうか?
東西南北といった方位には、基本的な性格といえるものがあります。一般的にはこの“方位の性格”を基準に「吉・凶」を判断し、吉・凶はどのような場合においても固定しているものです。一般的というのは、私達が昔から慣れ親しんだ家相や地相、あるいは風水っぽいインテリア占いといったものを指します。つまり、本来の風水ではないということですね。実を言えば本当の風水屋さんを未だに悩ましているのが、「西に黄色、南はピンク」とか「恵方に今年の干支の置物を置く」といった、風水っぽい開運法です。ちゃんと「家相占い」とか「インテリア占い」と言ってくれればいいのですが、開運の財布から水晶玉、恋占いまで風水と言うからおかしくなります。そこで、風水の基本的な原則をごく簡単にまとめてみました。たぶん、「なるほど」とご納得いただけると思います。
(1) 方位に決まった吉凶は存在しない?
例えば、鬼門・裏鬼門というものをご存知だと思います。一般的には絶対凶とされる方位です。しかし、風水においては一般の占術のように凶は無条件でアウトといった判定はしません。凶もまた利用価値のある必要な性質なのです。また、方位の吉・凶はその場所を使う人によって変わります。その場所が持つ性質と、その場所を使う人が生まれつき持っている特性のマッチングによって、Aさんには大吉の住宅であっても、Bさんにとっては大凶の住宅ということも日常的に起こりうることです。しかし、この程度はまだまだ序の口です。「ご主人と長男には大吉だが、奥様と次男には大凶」などはよくあることで、「前面道路や隣接する他家との関係」「近所のビルやマンションとの関係」「近くに携帯基地局がある」「神社、仏閣、墓地などが見える」・・・もうどうしていいのか訳が分からなくなります。香港や台湾の企業や富豪が風水先生を顧問にする理由が理解できます。すべては風水のオーダーメイド性による結果ですが、考えてみれば違って当たり前ですね。
(2) 建物の色や形で良い風水を得られるのか?
風水で最も大切なことは、その場所に有効なエネルギーがあるのか、あるいはないのかということです。どんなに建物構造やインテリアが風水に準じて調整されていても、必要な気(エネルギー)がなければ何もなりません。どんなに素晴らしい車も燃料がなければただのスクラップです。それと同じで、エネルギーのない場所では、どんなに風水を整えても無意味ということですね。逆に言えば家を建てる場所に有効なエネルギーがあって、建物の構造や間取りが適合し、それが住む人の方位特性に背いていなければ、あとはインテリアも色も何も気にすることなく、好きなものを好きなように配置すればいいということです。もっとも、限りある面積に収めなければならない日本では、無条件でOKとはなかなかいかないものです。さて、巷にはさまざまな開運グッズがあって、なかには何百万円もする開運グッズもあります。しかし、どんな開運グッズも無から有を生み出すことはできません。例え直径1メートルの水晶玉を持ってきても、そこにエネルギーがなければ無意味なのです。なので、少なくとも観気研では、「干支の置物を置け」とか「開運の絵画を掛ける」とか「八卦鏡を掛ける」などということは言いません。そういった物が趣味の人なら心理的効果も望めるのでいいのですが、そうでなければ家に飾りたくはないでしょう。まだ神棚をお祀りした方が日本人らしいと思うのですがw
ごくまれに、エネルギーがゼロだったり、あってもどうしようもないほど問題のある場所があります。地形を変えることができれば話は別ですが、現実的にはそういった場所は避ける、逃げる、近寄らないことです。
(3) 風水調整は人それぞれ
風水でも共通の禁止事項があります。しかしそれは一部のことです。住宅の風水をチェックする場合は、土地建物の図面や家族構成、各自の生年月日以外にもいろいろな資料が必要です。つまり、前段階の準備が大切であり、それに多くの時間を費やすることになります。提供いただく資料と、鑑定制度は比例するので、依頼する方も結構めんどうなのです。
というような理由で、「西がこうで、東がどうだ」などと短絡的な回答はしないように心掛けています。なので、「ちょっと試しに風水で〜」とはいかないのであります。